« 幕電(雷鳴を伴わない雲と雲間の稲光) | トップページ | ミズオオバコ、ウリカワ(2015/8) »

2015年8月 7日 (金)

クロバネツリアブ

 7月下旬、クロバネツリアブの雌雄とおぼしき2匹が、農業用排水路沿いの堤防に繁茂したオシロイバナやヤブガラシの周辺をホバリングしながら絡み合うように行ったり来たり。
 1匹がヤブガラシの葉に止まって身繕いをはじめると、まとわりつくようにその回りを飛ぶもう一匹。Img_25712_20

 
 静止しているのが雌で、
 (画像はクリックで拡大します)Img_2571_5

 
 ホバリングしながらまとわりついているのが♂のようです。
 両者腹部の白いバンド模様は異なっています。Img_2571_2

Img_2571_9

Img_2571_14

Img_2571_16

 
 傍の葉にとまった♂を、アングルを変えて♂を撮ろうとしたら、すぐに2匹とも飛び去ってしまいました。Img_25713_23

※クロバネツリアブ(ツリアブ科):
 体長14~18mm。黒い翅と黒い体に白いバンド模様が特徴的なツリアブの仲間。
 花の蜜や花粉に集まります。とくにヤブカラシの花に多いそうです。
 出現時期は7~9月、分布は本州、四国、九州。

|

« 幕電(雷鳴を伴わない雲と雲間の稲光) | トップページ | ミズオオバコ、ウリカワ(2015/8) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。