« きまぐれな天気つづき | トップページ | 8月も終わり、名残のセミ »

2015年8月30日 (日)

クサギ、ヤマノイモ、水田雑草ウリカワ、ミズワラビ、コナギ(2015/8)

 8月のフィールドで。

●クサギ:
 農道脇の空き地に自生したクサギが一度は伐採されましたが、丈夫なもので再び生えて来て花を開き、特異なにおいを漂わせていました。Photo

 
●ヤマノイモ(雌雄異種):
 別の空き地も、一度はきれいに整備された後にヤマノイモ(雄株)が自生し、白い雄花をつけていました。Photo_2

 
●水田雑草:
 イネの栄養を横取りして生えてくるおなじみの水田雑草仲間も、近年はずっとおとなしく目立った繁殖が少なくなりましたが、刈り入れがはじまるこの時期には、遠慮がちながらも何種類かは健在振りを見せています。

※コナギ:
 少ないながらポツポツ姿が見えます。まだ花を付けたものは見ていません。Img_0367_2

 
※ミズワラビ:
 目立つようになってくるのはこれからです。稲刈りが終わった後に、大株に育つことが多いようです。Photo_3

 
※ウリカワ:
 当地の水田地帯ではもう見かけられなくなりましたが、中旬に所用で出かけた北陸地方で見かけて撮ってきました。
 ウリカワだけが群生して白い花を点々とつけていました。
 ただし広範囲に及ぶものではではなく、特定の範囲の田圃だけに見られたのですが、”あるところにはある!”とあらためて実感してきました。Img_0382_7

Img_0382_11

Img_0382_9

Img_0382_3

 野にあるものは丈夫なもので、夏の猛暑など無縁のようです。
 (というより、ひ弱なものは残れない、ということなのでしょうか。)

|

« きまぐれな天気つづき | トップページ | 8月も終わり、名残のセミ »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。