« キスジツマキリヨトウ幼虫 | トップページ | キジ »

2015年9月 3日 (木)

ナカグロクチバ成虫/幼虫(2015/9):

 R0088758           アメリカフヨウ花径20cmほど

 
●ナカグロクチバ成虫/幼虫(ヤガ科シタバガ亜科):
 足元の草原から飛び立って、繁茂したヨシの葉にとまったところ。
 わかりやすいデザインで大きさ(開張)42mmほどの小型のガです。
 見かける機会はあっても逃げ足が速くて、なかなか撮れなかったお方です。R0088295ct21

 
●幼虫は近くの別の草地で見かけたものです。
 幼虫の食草はイヌタデ、エノキグサ、ヒメミソハギ、ホソバヒメミソハギ、コミカンソウ、サルスベリなど広範囲。R0088598

 幼虫はこれまでも何回も普通に目にして記録もありましたが、親御さんの姿が撮れたのは今回初めてでした。
 出現時期は7~10月。
 分布は本州、四国、九州。

 
※エノキグサ(トウダイグサ科エノキグサ属):
 畑や田圃道などにごく普通に生える1年草。8~10月に葉腋に花序を形成します。
 花は雌雄異花で、上部には直立した穂状の小さな雄花がつき、雌花は基部にある編笠状の総苞の中心部につきます。
 子房(果実)は3室にわかれ(4室のものもある)、表面には小さなコブ状の突起があり、その上に軟毛が密生しています。子房の中心部に花柱が付きます。Photo_2

|

« キスジツマキリヨトウ幼虫 | トップページ | キジ »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。