« マテバシイのどんぐりコーヒー(2015/10) | トップページ | アオバハゴロモ »

2015年10月23日 (金)

ベニバナマメアサガオ

●ベニバナマメアサガオ:
 夏の大型雑草の除草作業が始まっている草地で偶然、シロバナ株に混じって、ベニバナマメアサガオが咲いているのを見つけました。
 白花のマメアサガオは以前からごく普通に観察していましたが、紅花種を近くで見つけたのは初めてのことで記録に。Img_3953

Img_3952

Img_3948

Img_3951

※マメアサガオ(ヒルガオ科サツマイモ属):
 北アメリカ原産で、1955年に東京近郊での帰化が報告されたつる性1年草の帰化植物。
 道ばたなどに普通に見られる。
 茎はつるとなり、よく分岐して他物に巻きつき、長さ数mになる。
 葉は先きの尖った長卵形から心臓形で、全縁または3裂し、長い葉柄があって互生する。
 葉腋に1~2本の花茎を出し、直径1.5cmほどの白色の花を1~2個つける。
 花柱は1個。柱頭は丸い。雄しべの葯は紅色と白色が混じって見える。

 なお花色が薄紅紫の花を付ける「ベニバナマメアサガオ」もあるが白色種より少ないようだ。
 花期は7~10月、分布は関東以西。

|

« マテバシイのどんぐりコーヒー(2015/10) | トップページ | アオバハゴロモ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マテバシイのどんぐりコーヒー(2015/10) | トップページ | アオバハゴロモ »