« スダジイのドングリ | トップページ | 頌春2016(平成28)年 元旦 »

2015年12月31日 (木)

2015(平成27)年・大晦/カンムリカイツブリなど

 今年1年、ご訪問ありがとうございました。
 皆様どうぞ良いお年をお迎え下さい。
 
 また一年過ぎた、というのが実感で、歳をとるのが年々早くなるライフステージです。

 昔は「年々歳々花相似 歳々年々人不同 (唐詩選)」、でしたが、昨今は『年々歳々花又不同』の感もあります。

 大晦日雑感: 
 地球温暖化が確実に進行しています。
 ハリケーン、竜巻、大洪水に見舞われる地域もあれば、温帯気候もだんだん亜熱帯性気候に似てきた地域もあり・・・

 『理科年表平成28年版』*の「熱帯夜」を示す5年移動平均の折れ線グラフを概観すれば、私の生まれた頃の田舎では、折れ線グラフのデータからは数日はあったかも知れませんが、“熱帯夜”等まったく記憶にありません。
 蚊帳を吊った真夏でも寝冷えしないようにと、いつも夏掛け蒲団を掛けられた記憶しかないのです。
 そして現在はというと、特にヒートアイランド現象が顕著な大都市圏では、30日から40日を越えるというデータで、当地では今夏もずいぶん悩まされたことでした。

 この一年もまた世界的に天災/人災が発生しました。
 地球温暖化の進行ばかりではなく、ニンゲンの大脳も高熱化しているのでしょうか? 
 人智を越える事象は、一神教にせよ多神教にせよ、超越者の神様にお願いするしかありません。
 そうではない天災/人災に対しては再発防止、より積極的には未然防止について、ニンゲンが一層の責任をもって努力しなくては、と、生き物仲間の絶滅危惧種と共に感じるものです。

参照: 
 *【理科年表平成28年版(国立天文台編集)の気候変動・地球温暖化 環5(941) 各都市の日最低気温25℃以上(熱帯夜)*の年間日数(1931~2014年) (*「熱帯夜」は夜間の最低気温が25℃以上であることをさすが、ここでは日最低気温25℃以上の日を熱帯夜として数えている。)】

.......................................................................................................................

 朝からだらだらと、往生際悪くもやっていた諸事ガラクタの片付けにも飽きて、時折日射しもある日中、散歩コースの池まで自転車散歩に。
 池には”世事を超越した釣り人”が数人。

●カンムリカイツブリ:
 まばらな冬鳥に混じって、150mほど遠くに1羽のカンムリカイツブリが浮き沈み。
 頻繁に潜水を繰り返しているのを、目一杯のデジタルズームでのぞいた丁度その時、1匹の魚を咥えて浮上し、水面に数回たたきつけてから、一息に呑み込むのを目にしました。Photo

 
●小ガモなど:
 他には冬鳥の小ガモ、いつもいるカイツブリ、いつも突っ立っているダイサギの姿も。Img_5309

Img_5315

Img_5311

 
●ツグミ:
 帰りの田圃道ではツグミが1羽飛び立って、すっかり葉を落とした立木に止まりました。
 これから少しずつ増えることでしょう。Img_5326

 
●スズメ:
 ついでに、傍にいたスズメ。Img_5331

 ニンゲン同様、良い年を迎えるように。

 では皆様、来年もよろしくお願いいたします。

|

« スダジイのドングリ | トップページ | 頌春2016(平成28)年 元旦 »

雑記」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スダジイのドングリ | トップページ | 頌春2016(平成28)年 元旦 »