« 穏やかな冬日、ヒメアカタテハ、ホオジロ、オオカマキリ卵鞘、その他(2015/12) | トップページ | 冬至 »

2015年12月21日 (月)

コバノタツナミ開花(2015/12)

●コバノタツナミ:
 庭の片隅に勝手に生えているコバノタツナミ。
 多年草で増えすぎたのを抜き取っても、毎シーズン種がこぼれて広がるようで、こんなところに、と思うようなところにも生えてきます。
 そして冬期にも、人知れずわずかながら花を付けてその存在に気がつきます。R0090648_1

R0090685_1

R0090685_2

 
 ・種ができた花序をちぎってみると、茶褐色で長径1mmほどの小さな種がこぼれ落ちました。R0090685_3

R0090685_4

※コバノタツナミ(シソ科タツナミソウ属):
 草丈5~20センチの多年草。
 名前の通り、タツナミソウより小さい葉がつき、葉や茎など全草に毛がたくさんあります。
 頂生の穂状花序に、一方向に向いて立ち並ぶ、青紫色の唇形花を付けます。
 その様子を、押し寄せる波頭に見立てた名前です。  
 半日陰のところでよく繁殖し、思わぬところにまで広がります。
 花の最盛期は4月~6月ですが、初冬でも花を付け、また種を散布しています。  
  花後に出来る果実には、唇形の萼が口を閉じたように残ります。
 果実が熟すと膨らんで、中に4個の分果が出来ています。
 そして大きな萼の上唇が取れて種が散布され、下唇は受皿のように残っています。

 分果は長径1~1.2㎜で表面には金平糖のような突起が密にあります。
 分布は本州(関東地方)、四国、九州。

|

« 穏やかな冬日、ヒメアカタテハ、ホオジロ、オオカマキリ卵鞘、その他(2015/12) | トップページ | 冬至 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 穏やかな冬日、ヒメアカタテハ、ホオジロ、オオカマキリ卵鞘、その他(2015/12) | トップページ | 冬至 »