« ハシビロガモ(2016/2) | トップページ | トックリバチの巣(抜け殻) »

2016年2月13日 (土)

モンキチョウ初見など(2016/2)

 日中の気温が20℃まで上がって、歩いていると汗ばむ陽気になった1日。
 早い春を感じた昆虫たちが草原に動き出していました。

●ナナホシテントウ:
 オオイヌノフグリが一斉に青いお皿のような花を開いた草地に、ナナホシテントウが1匹、忙しそうに歩き回り、R0090899_2t

 
●ナミホシヒラタアブ:
 その近くを1匹、ナミホシヒラタアブも羽音を立てながら飛びまわっていました。R0090896_2ct

 
●モンキチョウ(初見):
 細断されて枯れたヨシ原には今シーズン初見のモンキチョウが1匹、ひらひら飛んでいました。
 地面に下りて暖をとる様子のワンショット。
 誕生したばかりと思われるきれいな個体でした。Img_7246_2

 なお余談ながら、過去ログで最も早いモンキチョウ初見の記録は2010.1.30(撮影日は2010.1.27)でした。

 
 ちなみに、羽もボロボロになっていた最後のモンキチョウを見たのは昨年2015.12.8のこと。  
 (再掲)Photo

 
■おまけ:
 庭に一株あるユキワリソウも3個の花が満開になりました。R0090904

|

« ハシビロガモ(2016/2) | トップページ | トックリバチの巣(抜け殻) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハシビロガモ(2016/2) | トップページ | トックリバチの巣(抜け殻) »