« ローカルニュース「平地の3県境」 | トップページ | 地霧 »

2016年2月22日 (月)

十日町雪まつり(第67回)

 2016.2.22(土)、はじめて、日帰りの駆け足で、『十日町雪まつり(第67回)』の見学に行ってきました。
 当日の気温は高めで雨が心配でしたが、幸い見学中には雨にはならず、帰路についてから本降りの雨に。
 今年は暖冬のせいで豪雪地帯でも雪が少なく、「雪の芸術作品」(雪像)の制作も当初の計画数より少なくなったということでした。

 広域に及ぶ会場は車でなければ、短時間ではとても回りきれません。 
 メインイベントの「雪上カーニバル」会場に到着したのが曇天の午後4時過ぎ。
 イベントが始まる(午後6時)前の雰囲気を垣間見るだけにして、そそくさと徒歩で見学できる範囲の雪像巡りに。
 2万4000歩ほど歩きました。
 街中には地元の人々の熱気、心意気が伝わってくる雰囲気・情景があふれていました。

 
●開演前のカーニバル会場風景:P2202488P2202489P2202490

 
●雪像巡りに(16:15)P2202486

P2202492

P2202493P2202495

 
 ・十日町市名物ちんころ:
 :子犬をかたどったちいさなシンコ細工の縁起菓子。P2202498

P2202500P2202507P2202502

P2202509

P2202510

 
 ・コミュニティひろば(17:14)P2202512

 
 ・駅前イベントひろば(17:50)P2202514P2202513

P2202518P2202515

P2202519

 
 ・JR十日町駅(18:00)P2202521
P2202522

 
 以下は十日町雪まつり公式ホームページ( http://snowfes.jp/  ) からメモ。
★第67回十日町雪まつり:(平成28年2月19日(金)~21日(日)
 十日町雪まつりは今から約66年前の昭和25年2月4日に開催。
 第1回の雪まつりは十日町文化協会が主催。
 雪の芸術展や雪具供養の火の周りで十日町小唄を踊る雪中カーニバルやスキー駅伝大会などが主なイベント内容で、住民が主体となって雪まつりを行ったことから「現代雪まつり発祥の地」として知られた。
 十日町雪まつりの魅力は、市民手づくりの「雪の芸術作品」、温かいおもてなしが人気の「おまつりひろば」、音と光のスペクタクル「雪上カーニバル」。

追記:
 第67回「十日町雪まつり」の雪上カーニバルを中心としたテレビ放映が3月5日、午後2時からBS—TBSで行われます。

|

« ローカルニュース「平地の3県境」 | トップページ | 地霧 »

旅行」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ローカルニュース「平地の3県境」 | トップページ | 地霧 »