« 地霧 | トップページ | ホシハジロ&ミコアイサ♀ »

2016年2月26日 (金)

キンクロハジロ(2016/2)

Blg2016226img_7442ct
            今朝の白い月(6時40分)

........................................................................................................................

 

★冬鳥旅立ち。
 先週のことですが、長野県安曇野市の犀川白鳥湖(豊科田沢)や御宝田遊水池(明科中川手)で越冬しているコハクチョウの北帰行が始まったというニュース。(2月19日信濃毎日新聞)

 また新潟県阿賀野市にある、オオハクチョウやコハクチョウの飛来地として知られるラムサール条約登録湿地の瓢湖からも、ハクチョウたちの北帰行が始まったという便りも聞こえて来ました。

 春もそこまで来ています。

 以下、2月に散歩コースの池で見かけた、移動中に立ち寄って行った冬鳥の記録。

①キンクロハジロ:
 昨年11月に一度だけ1羽のキンクロハジロ?らしき姿を見かけていました。
 その後2月7日のお昼前、冬晴れのもと強風で波立つ池に、コガモの小さな群れに混じってキンクロハジロ(番)一組が飛来しているのを確認しました。
 今シーズン、キンクロハジロが確認できたのはこれが初めてで、また最後でした。
 移動の途中で、文字通り一時休憩に降り立っただけのようです。Img_6726

Img_6765

Img_6734

 
 キンクロハジロ♂の後頭部にはポニーテールのような長い冠羽があり(写真左)、♀にもごく短いものがあります(写真右。)アングルにも寄りますが見分けがつくことがあります。
 (画像はクリックで拡大します。)Img_6748ct

Img_6743

Img_6777

Img_6784

Img_6786

 
 やがて遠くに泳ぎ去って行きました。Img_6794

 翌日以降に姿はありませんでした。

           -次ページ②「ホシハジロ」へ-

|

« 地霧 | トップページ | ホシハジロ&ミコアイサ♀ »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 地霧 | トップページ | ホシハジロ&ミコアイサ♀ »