« カワヅザクラ(河津桜)、ほころびはじめる | トップページ | アトリ(冬鳥) »

2016年2月17日 (水)

ツグミ、ミミズを捕食

●ツグミ(冬鳥):
 *冬晴れの田圃道に、ツグミが一羽。

 *上を見て、何にも無いわ。Img_7270

 
 *トントンとスキップ前進して、
 下を見ると、地面の穴にミミズの頭部がチラリと見えた!(黄色マーク)Img_7271t

 
 *穴のミミズ(の頭部)を咥え、一気に引っ張り出す。
 地表に引き出されて伸びきった下部の赤っぽく見えている部位が「環帯」で、頭に近い方。
 シッポはまだ地面の穴の中。
 (画像はクリックで拡大します。)Img_7272

 
 *咥えられて伸びきったミミズが縮んだので、環帯も抜け出した。Img_7273

 
 *ミミズはさらに必死で縮みながら地中に逃げようと抵抗する。Img_7274

 
 *そうはさせまいと、思い切り引っ張り上げる。これでミミズの体の殆どが引き出されたようだ。Img_7275

 
 *そのあと、引き出して弱ったミミズを一旦地面に落としてから、
 (パソコン画面で原画を確認すると、弱ったミミズの体の大部分は長々と地表に横たわっていて、尻尾の先だけがまだわずかに、穴に残っているように見えた。)Img_7276

 
 *地面に伸びているミミズを咥えた瞬間、頭を振りながら一気に呑み込んでいった。Img_7277

 
 *ウップー、という感じでしょうか。見つけてから呑み込むまで24秒でした。Img_727824

 こうして、田圃道や、田起こし作業が行われている田圃、また公園の芝生広場などでミミズを食べる姿が観察されます。

 それはともかく、今冬はツグミの数が少ないようです。

|

« カワヅザクラ(河津桜)、ほころびはじめる | トップページ | アトリ(冬鳥) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カワヅザクラ(河津桜)、ほころびはじめる | トップページ | アトリ(冬鳥) »