« オオジュリン② | トップページ | 春の雑草花筵 »

2016年3月 5日 (土)

コガタルリハムシ出現

 啓蟄を象徴するようなコガタルリハムシのお出ましです。
 草原にギシギシが新鮮な葉の展開をはじめた2月下旬くらいには、特異なライフサイクル*の冬眠から覚めたコガタルリハムシ成虫が活動を開始していました。
  * http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/post-5e93.html

 小さな株にも点々とついていますが、やはり大株に育っている新鮮なギシギシにたくさん群がって、葉を囓り、そして繁殖行動に大忙し、という”活況”を呈しています。

 ・新鮮なギシギシ:1img_7631

 
 ・群がるコガタルリハムシ(○印):
 (画像はクリックで拡大します。)2img_7627

 
 ・ギシギシの大株を舞台にして、このような生存競争が展開されているのです。Photo

 
 ・お腹がパンパンに膨れ上がった♀が歩き回っている葉を裏返して見ると、既にたくさんの卵が産みつけられています。
 産卵されて間もない卵。Img_7594

 
 ・こちらは既に中で幼虫が育ちつつある卵。Img_7596t

 
 ほどなく真っ黒い幼虫が孵化してギシギシの葉を囓り、穴だらけにします
 (写真再掲)Img_0642

Img_1356

|

« オオジュリン② | トップページ | 春の雑草花筵 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オオジュリン② | トップページ | 春の雑草花筵 »