« 公園の桜も満開 | トップページ | 桜も散り時、冬鳥のヒドリガモもわずかに。 »

2016年4月 5日 (火)

タネツケバナ、ミチタネツケバナ、ムラサキサギゴケ、コバノキジムシロ

 このところの天候は曇りや雨続きで、まさに「菜種梅雨」の様相。
 気温が高めのこともあり、庭植えの草花や落葉樹の新芽も一雨ごと/一日毎に花や葉の展開が進んで、別名、「催花雨」の呼び名がぴったり。

 田圃道の雑草も同じです。
 田圃では田起こしや畦道の除草剤散布など、春の圃場整備作業が行われています。
 越年した、あるいは春先から伸びはじめた田圃周りのしたたかな雑草類も、姿が見られるのは田植えが始まる前の今のうちです。

●タネツケバナ(写真左列)とミチタネツケバナ(右列):Blg

 
ムラサキサギゴケPhoto

 
コバナキジムシロPhoto_2

|

« 公園の桜も満開 | トップページ | 桜も散り時、冬鳥のヒドリガモもわずかに。 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 公園の桜も満開 | トップページ | 桜も散り時、冬鳥のヒドリガモもわずかに。 »