« 突如、家中の電気半分が使用できなくなった | トップページ | ムナグロ(2016/5) »

2016年5月 5日 (木)

ジャコウアゲハ、ベニシジミ、アオスジアゲハ

●ジャコウアゲハ♀:
 団地のツツジ(オオムラサキ)植栽の周辺を一頭のジャコウアゲハ♀が、ひらひらと飛び周りながら、時折花にとまって吸蜜を続けていました。
 (撮影5月3日)Img_173153

 近郊で見かける頻度はごく稀で、ずいぶん昔に一度だけ我が家の庭にも飛来したことがありましたが、その後も観察記録は数年に一度くらいしかありません。
 幼虫の食草はウマノスズクサで、本種は川の土手や畑、また林縁などに生えるツル性多年草で、その昔は身近な自然に普通に見られたそうですが、現在は近くで探してみても見つけたことがありません。
 ただ、ごく稀ながら成虫が見られるということは、何処かに幼虫がいて、その食草であるウマノスズクサも人目に付かないところにひっそりと生えているということなのでしょう。

 
●ベニシジミ:
 春生まれ出で、もう既に翅ぼろぼろのベニシジミ。歴戦の雄姿。
 がんばれ!
 (撮影5月5日)Img_8127

 
●アオスジアゲハ:
 公園の草むらの足元に、戦い終えて落ちていたアオスジアゲハ。
 がんばりました。
 (撮影5月5日)Img_8163

|

« 突如、家中の電気半分が使用できなくなった | トップページ | ムナグロ(2016/5) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 突如、家中の電気半分が使用できなくなった | トップページ | ムナグロ(2016/5) »