« モズの幼鳥→メス成鳥 | トップページ | あしかがフラワーパーク(大藤/イルミネーション) »

2016年5月21日 (土)

モモブトカミキリモドキ(♀)

●モモブトカミキリモドキ:
 公園の林縁草地に生えていたハルジオンの花に、1匹だけとまっているのを見つけました。
 モモ太ではないので、♀の個体でした。Img_8137_2

Img_8137_3

Img_8137_4

Img_8137_5

モモブトカミキリモドキ(カミキリモドキ科):
 大きさ7mmほど。黒色で藍色の光沢がある、カミキリムシに似た小さな甲虫。
 首の中央と左右に窪みがあります。
 ♂の後肢腿節(後足の腿の部分)は名前の通り、丸く見えるほどモモブトなのが特徴です。
 雌は体がやや大きめですが、腿節は太くありません。
 林縁/草原などで見られ、都市郊外にも多い普通種です。
 春先によく見られ、キジムシロ、ハルジオン、タンポポなどの黄色い花によく集まっています。
 なお、その際、上翅先端は完全に閉じず、上翅が見えていることが多いようです。
 出現時期は3~6月、分布は日本各地。

|

« モズの幼鳥→メス成鳥 | トップページ | あしかがフラワーパーク(大藤/イルミネーション) »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« モズの幼鳥→メス成鳥 | トップページ | あしかがフラワーパーク(大藤/イルミネーション) »