« 最後のコガモ(冬鳥) | トップページ | モズの幼鳥→メス成鳥 »

2016年5月19日 (木)

オオヨシキリ

 新しいヨシが茂りはじめた草原に、夏鳥として繁殖のためやって来た(亜種)オオヨシキリ「行行子」(夏の季語とされる)の大声が随所から聞こえています。
 ただ最近はその数はずいぶん少なくなりました。
 原因はニンゲンの利便生を増すための“環境整備“が進められて、ヨシの自生する区域が極度に減少しているからでしょう。

●オオヨシキリ:
 池端に自生して大木になったヤマグワの梢の茂みに葉隠。
 風で小枝が揺れ動く度に、姿が見えたり隠れたりして、”大声はすれども姿は見えず”状態のオオヨシキリ。
 なお、写真を見て、クワの実がたくさん出来ていることにも気がつきました。1

 
 ・ひとかたまりのヨシの茂みで、背を向けて鳴くオオヨシキリ:2

 
 ・完全な逆光でしたが、大きな口を開けて大声で”ギョギョシギョギョシ”3

|

« 最後のコガモ(冬鳥) | トップページ | モズの幼鳥→メス成鳥 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後のコガモ(冬鳥) | トップページ | モズの幼鳥→メス成鳥 »