« クロハネシロヒゲナガ | トップページ | コクロコガネ »

2016年5月11日 (水)

クローバ類に寄生するヤセウツボ

 限られた生活空間においての日常的な自然観察のため、毎年同じ頃に同じ記事を書いていて新味はまったくありませんが、繰り返しです。

●クローバー類に寄生するヤセウツボ:
 散歩コースの堤防や草原にはアカツメクサ、シロツメサク、コメツブツメクサ、そしてクリムソンクローバー(ストロベリーキャンドル)が勢いを増して生育しています。
 いずれもマメ科植物で、共生する根粒菌によって空気中の窒素を固定し、土壌を肥沃化する働きがあるので、仲間には“緑肥”として利用されたものもあります。
 そしてそれらクローバーの傍には、主にマメ科植物に寄生する外来植物のヤセウツボが、ほぼ例外なくニョキニョキと立ち上がり、あまり印象の良くない花を咲かせています。
 近年特にその多さが目立つようになりました。
 環境変化によるのでしょうか。
 大分以前のことになりましたが、初めて目にした時は薄気味悪い植物、と思ったもので、その印象は当時とかわりません。
 本種(ヤセオツボ)は地中海沿岸原産の帰化植物で、マメ科以外に、セリ科、キク科などの様々な植物の根に寄生根で寄生して、養分を吸い取って成長しています。
 牧草などの成長に影響を及ぼすため、外来生物法で要注意外来生物に指定されています。
 → https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80370.html

 ・アカツメクサに寄生:Img_8194_1

Img_8194_2

 
 ・シロツメクサに寄生:Img_1722

 
 ・コメツブツメクサに寄生:Img_1715_1

Img_1715_2

Img_1715_3

 
 ・クリムソンクローバーに寄生:1img_1727_1

1img_1727_2

1img_1727_3

 
 ・たまたま傍らに生えていたヤセウツボの花に、コアオハナムグリが来ていました。4img_8196_1

|

« クロハネシロヒゲナガ | トップページ | コクロコガネ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« クロハネシロヒゲナガ | トップページ | コクロコガネ »