« マダラアシナガバエ & ミツボシハマダラミバエ(♂) | トップページ | サイカチの花 »

2016年6月 6日 (月)

梅雨入り/ハグロトンボなど

 昨日5日午前11時、気象庁は、「関東甲信地方が梅雨入りしたとみられる」と発表。
 平年(6月8日ごろ)より3日早く、昨年(6月3日ごろ)より2日遅い梅雨入りとのこと。
 
 なお、今後の見通しとしては「水不足」にも注意、ということのようです。

●アジサイ:
 今日は、終日それらしいどんよりどんよりした一日で、昨日の雨にぬれていたアジサイの花色もはっきりして来ました。R0010637
R0010638
R0010636

 
●ハグロトンボ♀:
 我が家では毎シーズン一度しか姿が見られない”希少種”になっているハグロトンボ(♀)が、ふいに足元からひらひら飛んで出てアジサイにとまりました。
 どこからやってくるのか・・・R0010655blg

 
●ハナバチの仲間:
 一番早く開花していたヤマアジサイはもう終わりです。
 小さなハナバチが1匹、訪花していました。R0010652

 
●キイロホソガガンボ:
 傍のツバキ葉上にはキイロホソガガンボ・ペアーがとまっていて、R0010635c

 
●クロオビハナバエ:
 さらにその近くにはクロオビハナバエが1匹。
 (ハナバエ、の名前ですが花に来るわけではなく、汚物などに集まるハエです。)R001063956mm

 
●レインリリー(園芸種):
 雨が降った後でなければ咲かないレインリリーが、確かに雨の翌日開きました。R0010653

 
●ヘメロカリス(園芸種):
 5月下旬から開花が始まった1日花のヘメロカリス。
 蕾の残りも少なくなってきました。あと数日分でしょうか。R0010662

 
●カラスビシャク:
 早苗が成長をはじめた水田脇の畦斜面には、スギナの間から”丈夫な雑草”のカラスビシャクが背伸びしていましたPhoto_2

 
●クリの花: 
 農家の生け垣からせり出したクリの花が、季節の移ろいを告げていました。Photo

|

« マダラアシナガバエ & ミツボシハマダラミバエ(♂) | トップページ | サイカチの花 »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マダラアシナガバエ & ミツボシハマダラミバエ(♂) | トップページ | サイカチの花 »