« ハイイロゲンゴロウ | トップページ | エンジュ開花 »

2016年7月13日 (水)

イトカメムシ

 月遅れの記事です。

●イトカメムシ(イトカメムシ科):
 6月中旬、フヨウの葉上を1匹だけでしたが、ゆっくりと移動しているのに気がついて、一度プラスチックシャーレに捕捉して観察後放免。R00108658mm_1

R00108658mm_2

R00108658mm_3

R00108658mm_4

R00108658mm_5

R00108658mm_6

 ちょうど4年前に、やはりフヨウの葉上を這っていたヒメイトカメムシを観察した記録がありましたが、今回の個体は少し大きく、その他の特徴も異なっている「イトカメムシ」のようです。
 珍しい種ではありませんが、細身で小さいので気づかないだけでしょう。

※イトカメムシ:
 大きさ8mmほどで翅は透明、体は淡褐色で細長く、脚や触角も細長いカメムシ。
 植物の汁を吸う。
 ♀には腹部が黄緑色のかったものがいて、またトゲのような突起物があるそうで、今回の個体はメスでしょうか。
 出現時期は5~8月、分布は本州、四国、九州。

 

|

« ハイイロゲンゴロウ | トップページ | エンジュ開花 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイイロゲンゴロウ | トップページ | エンジュ開花 »