« アダンソンハエトリ | トップページ | フヨウ開花 »

2016年7月25日 (月)

ゴミグモ

●ゴミグモ((コガネグモ科ゴミグモ属):
 川沿いの農家の道端に、空き地の片側を囲むように植栽されたヒノキなどの植え込みがあります。
 
 ・その植え込みのそれほど高くない位置に、初夏の頃から多数のゴミグモが巣をかけています。
 「ゴミグモ団地」のようで、よほど“食住”環境”として好適な場所なのでしょう。
 大きな垂直円網を張り巡らして、中央にゴミを縦に並べています。R0010050

 
 ・ゴミの“持ち主”のクモは“ゴミ柱“の中程に作った窪みの中に脚を縮めて忍者もどきの体勢で隠れていて、傍に近寄ってもなかなか見分けがつきません。R0010722

 ゴミは獲物の食べかす、また脱皮殻、枯葉ごみなどを糸でまとめたもので出来ています。
 巣に付けているゴミの量は相当なもので、長さは7~9cmもあってとても目立ちます。
 なお産卵時には卵嚢もその中に置くそうです。

 
 ・近くにある巣の太い枠糸を1本切ってから、ゆっくりと“ゴミの棒”を引き寄せ、どこに居るのか探してみました。
 すぐにゴミから逃げ出すようなことはありませんでした。R0010007

 
 ・網糸を引っぱって少しずつ“ゴミ棒”の向きを変えていくと、R0010008

 
  ・居ましたね。R0010010

 
 ・頭を下に向けて脚をたたんでじっとしています。R0010009

 
 ・クモの体は黒褐色で、灰白色、褐色や黒色の不規則な迷彩模様があり、腹部背面には2個、腹端に6個の突起があります。
 さらに脚も小さく折り畳んで前胸部を隠している姿は「ゴミ」そのもの。

 ・写真を撮ってから、じっとしているのをちょっと突っつくとすぐに “ポトリ”と下草の上に落ちていきました。R0010015

 
 ・しばらく待っていると、落ちるときに出していた糸を伝ってスルスルと戻って来て、もとのゴミポジションに戻っていきました。R0010050

R0010050_2

R0010050_3

 なお、網は壊されても支障がなければ特に移動せず、修理のみで使用し続けるとのこと。

 
 ・最後にもう1本のゴミ(長さ9cmありました)を引き寄せて、11r00114389cm_1

 
 ・ゴミに上部に隠れていた「ゴミ主」を指で摘んで、撮影に協力してもらいました。11r00114389cm_2

 
 ・触るとすぐに固まってしまいます。11r0010028_1

 
 ・しばらくすると歩き出しますが、スピードは思いのほかゆっくりです。11r0010028_2

11r0010028_4

 ゴミの中にいる時には撮れない、なかなかシックでおしゃれなお姿でした。

 大きさ♀12~15mm、♂7~8mm。 出現時期は4~10月、分布は本州、四国、九州。

 
※余談ながら,ゴミグモ属にはゴミを付けないものも多く居ます。
 ギンメッキゴミグモもその一つです。

|

« アダンソンハエトリ | トップページ | フヨウ開花 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アダンソンハエトリ | トップページ | フヨウ開花 »