« 立秋/ヤマトシジミ&ヒメジャノメ夏型 | トップページ | セイバンモロコシ繁茂 »

2016年8月 9日 (火)

夜の公園のセミ幼虫

 今日は体温を超える猛暑で、日中は外出禁止! 
 このところ連日やむなく夜間のウオーキングに。

 先日来、ご近所の庭からミンミンゼミやツクツクボウシの鳴き声が聞こえるようになりました。

 また、我が家にも、ご近所の道路にも、ポタポタとアブラゼミが落ちて、まだ生きている個体もあれば、そのまま短い生涯を閉じたものなどが日増しに増えて来ました。

●アブラゼミ:
R0011578_2

 
 ・庭のツバキには抜け殻も。R0011578_3

 
 昨日夕刻から強い風が吹き抜けていた田圃道を通りぬけて、すでにツクツクボウシの鳴き声も増えて来た夜の公園へ。
 夜間照明が点灯しているので散歩に支障はありませんが、何しろ日中の高温が冷め切らずに暑い空気が漂っていました。
 舗装された遊歩道の足元に、時折動くものが目に止まります。
 踏んづけないよう立ち止まってしゃがんでみると、アブラゼミやツクツクボウシの幼虫が羽化場所を求めて這っているのでした。
 中には、どこにも取り付くことが出来ないままに路面上で羽化が始まって転がったままのもの、またその状況でアリの群れにおそわれてうごめいているものなど、これまで思いもしなかった状況がありました。

●舗装路面を歩いているアブラゼミ幼虫:Photo

 
 ・拾い上げて傍のサクラの幹に。
 ゆっくり登っていきました。20160729203552_3

 
●路面上を這っていたツクツクボウシ幼虫:
 すでに羽化が始まってそのまま転がって動けない個体は拾い上げてツツジの植栽に載せて置きましたが・・・

 元気に這っていた個体は拾い上げて、やはり傍らのサクラの幹にくっつけると、ゆっくり登っていきました。20160808203232

 
 ・すぐ下には抜け殻がありました。20160808203303

 多分、日中の公園ではツクツクボウシの声も賑やかになっているのでしょう。

|

« 立秋/ヤマトシジミ&ヒメジャノメ夏型 | トップページ | セイバンモロコシ繁茂 »

昆虫」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立秋/ヤマトシジミ&ヒメジャノメ夏型 | トップページ | セイバンモロコシ繁茂 »