« オカヨシガモ(冬鳥) | トップページ | カンムリカイツブリ(初見)2016/11 »

2016年11月 4日 (金)

アオサギ(若鳥)

 収穫の終わった稲田の2番穂が伸びて、あたかも初夏の田圃のような風景が広がっていた10月中旬、川沿いの金網フェンスにチュウダイサギ(?)とアオサギが並んで突っ立っていました。Img_0112

 
 逆光気味の光線下ではありましたが、アオサギがずいぶん黒っぽいなあ、と思ったものです。Img_0113

Img_0114

 
 それから2週間ほど経ったある日、チュウダイサギ(?)とコサギが川に降りて魚取りをしていました。Img_0536

 
 そこへ、やはりどうしても黒すぎるアオサギが飛来しました。
 たぶん先に見かけたのと同じ個体だろうと思いますが、川の中で特別争うようなことはなく、コサギ(趾(あしゆび)が黄色)とアオサギは、チュウダイサギに遠慮したのか、川岸床に移動して仲よく?待機。Img_0544

Img_0540

Img_0542

 後で調べて見ると、羽の色が濃いのはアオサギの若鳥と言うことでした。
 これまであまり気付いたことはありませんでしたが・・・

|

« オカヨシガモ(冬鳥) | トップページ | カンムリカイツブリ(初見)2016/11 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オカヨシガモ(冬鳥) | トップページ | カンムリカイツブリ(初見)2016/11 »