« カシラダカ(冬鳥) | トップページ | ヒサカキ蕾 »

2017年1月26日 (木)

忍冬(ニンドウ)

●忍冬(ニンドウ)/(スイカズラ):
 大寒に入って以降、最低気温0℃以下の冬日が続く農道端に自生したスイカズラです。   
 寒気のせいで大部分の葉が霜焼けて赤く紅葉したり、また葉を細く丸めたりしながら冬寒を堪え忍ぶ姿がありました。Img_2089

Img_2090

Img_2091

※スイカズラ(スイカズラ科):
 (半)常緑つる性木本。別名、キンギンカ(金銀花)/ニンドウ(忍冬)。
 初夏の頃から茎の腋に2つずつ並んで花をつけます。
 咲きはじめは白色で、時間経過と共に黄色に変化して、白(銀)と黄色(金)が並んで咲いているようになるので“金銀花”とも呼ばれます。
 どこにでも生えて絡みつくので、時に迷惑植物になっています。

|

« カシラダカ(冬鳥) | トップページ | ヒサカキ蕾 »

植物」カテゴリの記事