« 2017年2月 | トップページ

2017年3月

2017年3月19日 (日)

春の花咲くみかも山公園

 運動の目的で、「みかも山公園」までハイキングに行ってきました。
 全天花曇りでしたが、日中の気温だけは天気予報のとおり上昇し、ハイキングコースの上り坂道では汗をかいて、長袖Tシャツ1枚といういでたちに。

■春を告げる花を色々と目にすることが出来ました。
 近郊では「みかもやま公園」はカタクリの名所の1つとしても有名で、開花最盛期には観光客で混み合います。
 ただ今年は少し遅れているということでしたので、先にカタクリ園には行かないで、静かな林間のハイキングコースを辿ってきました。

 林縁の開けた斜面には春の山野草や花木などの花が咲いていました。

 ・山道階段脇に咲いていたスミレの仲間。
●ニオイタチツボスミレ:
 濃い紫色で,すぐ近くに咲いていたタチツボスミレより目立ちました。R0012731

※山地の路傍などに生育している、葉、花ともに丸いイメージのある多年草。
 花は香りがあり、濃紫色~紅紫色で中心部は白く抜けまた、花弁が重なりあっているのが特徴。側弁は無毛。
 花期は3~5月、分布は日本各地。

 
●タチツボスミレ:
 明るい林縁のあちらこちらに沢山咲いていました。R0012732

 
 ・コース沿いの明るい林縁にはキイチゴの仲間が白い花をつけていました。

●モミジイチゴ(バラ科キイチゴ属):
 モミジのような葉っぱはまだ完全には展開していませんでしたが、下向きに白い花をつけていました。
 (写真は触ると痛い鋭いトゲに注意しながら、細長い枝を持ち上げて撮影しました。)Photo

 花にはミヤマセセリなどが蜜を求めて訪れていました。(→次報)

 
●クサイチゴ(バラ科キイチゴ属):
 やはり同じ環境に生育していて、白い花をいっぱい開いていました。Photo_2

 
 ・林縁を過ぎて、ハイキングコース途上のピーク、青竜ヶ岳(標高229m)山頂周辺では、ちょうどお昼前ということもあって、大勢のグループが陣取ってお弁当をひろげられていました。

 開けた草地にはたいていチョウなどが飛んでいて、偶然足元の地面に下りた1頭が撮れました。(→次報)
 早々にそこからUターンし、再びお決まりの林間コースを抜けて、西口のみかもハーブ園へ向かいます。

 
 コース途中の林縁には、この時期定番のヒサカキの花が開いていました。
 本種は雌雄異株です。
 白い花を沢山つけているのは雄株・雄花で、まだ小さな丸い蕾と、熟して落ちたり、野鳥に食べられたりした果実の果梗が残っているのが雌株です。
●ヒサカキ
 ・雄花:Photo_3

 
 ・雌株の雌花と果梗:Photo_4

 
 ・人影も少ない西口みかもハーブ園にはアカバナアセビが咲いていました。

●アカバナアセビ:Photo_5

 
 ・その先、みかも万葉庭園にむかう途中に雑草のタネツケバナが白い花をつけていたので立ち止まり、写真に。
●タネツケバナ:Photo_6

 ・しゃがみ込んだところに「エゾハサミムシ」が日陰・物陰を伝いながら移動するのを見つけて追っかけ撮影(→次報)

 
 ・その後、いつものところにアセビが咲いているのを目にしました。
●アセビ:R0012767

 
 ・ 万葉庭園には色々な花木の花が咲いていました。

●順に、シダレウメ、マンサク、カンヒザクラ、フユザクラ:Photo_7

 庭園はすっかり春模様に。

 万葉庭園を過ぎた頃には午後2時も回ったので、最短コースのやや急な坂道を登り、みかもの関跡を下って駐車場に戻ることにしました。
 林縁の下り道は、距地は短いもの少し傾斜が急なところがあり、乾いた土が滑ります。
 ゆっくり下る途中のきれいに下草刈りされた斜面に、キジムシロが黄色い花を開いて群生していました。、
●キジムシロ:Photo_8

 そのまわりでキジムシロに訪花している昆虫を見かけたので、少し写真撮りしてから(→次報)、下りきったところで、別ルートのカタクリ園から降りてきたハイカーに出遭いました。

 そこでカタクリ園の様子を訪ねてみたところ、やはり遅れているがちらほら開花はしていますよ、とのことで、せっかくだからと最後に行って見ました。

 すでに午後2時半過ぎの陽射しで日陰になっていましたが、開花を確認してきました。
●カタクリ:Photo_9

 
 ・またその途上、すでに群生していたアズマイチゲやキクザキイチゲなども目にしました。
●アズマイチゲ:R0012842

 
●キクザキイチゲ:R0012843

 
 ・最後に伏流水がつくり出した日陰の小さな沢沿いに、ネコノメソウが群生しているのもついでに写真に。
●ネコノメソウ:
 花は黄緑色です。Photo_10

 なおネコノメソウには18種ほどの仲間があるそうですが、詳細はわかりませんので、単純にネコノメソウとしました。
※ネコノメソウ:
 山地やふもとの日陰湿性地に生える多年草
 走出枝が地上を這い群生する。高さ5〜20cmの花茎を出し頂に花が集まってつく。 
 花は直径2mmほどで、花弁はなく、蕚片は4つで淡黄緑色。おしべは4本で蕚片よりも短い。
 茎から出る葉は対生し鈍い鋸歯がある広卵形で、淡い緑色になる。ただし花の近くの葉は黄色になる。 
 裂開した果実がネコの目のように見えるところからのこの名前がある。
 花期は3〜5月、分布は日本各地。

 4時間ばかりの滞在時間の割には、万歩計の歩数は13,000歩、とダラダラ歩きに終わったことの証拠でしたが、良い運動になりました。

|

2017年3月18日 (土)

アシブトハナアブ、モンキチョウ、ベニシジミ

”歩幅の大きな”一進一退を繰り返しながら、もうすっかり春に。

 スギ花粉飛散情報は毎日”非常に多い”ランクに。当分の間はそのままの継続情報。

 散歩コースの田圃道周辺フィールドには例年通り、特に早くも遅くもなく、顔なじみのチョウやハナアブなどの昆虫類が一斉に姿を見せるようになりました。

●アシブトハナアブ:
 ほぼ満開のユキヤナギに飛来して、R0012659_1

 
 蜜を求めるふうもなく、日光浴をするアシブトハナアブ1匹。R001265739

 (※大きさ(体長)12~16㎜、胸に1対の黄灰色の細い縦スジがある。
 腹部は黒く細い黄横帯がある。後肢が太い。 成虫出現期3~11月。)

 
●モンキチョウ:
 畑沿いの堤防南斜面に一斉に飛び出したモンキチョウ。
 ホトケノザで吸蜜する個体。Img_2721

 
 飛んでいたところをベニシジミに追われて地面に下り、静止した別個体:Img_2725

 (※成虫出現時期は3~11月、幼虫の食草はアカツメクサ、シロツメクサ、レンゲソウなどマメ科植物)

 
●ベニシジミ:
 出てきた早々に、モンキチョウと縄張り争いを繰り広げて、近くに来たモンキチョウを追い回す、チビのくせに強気のベニシジミ。Img_2735

 
 モンキチョウを追い払った後に戻ってきて落ち着く別個体。Img_2719

 モンキチョウがひらひら飛んでいるところでは、決まってベニシジミが姿を見せて追い回すという光景が見られました。

(※ベニシジミ:成虫出現時期は3~11月。幼虫の食草はギシギシ、スイバなどタデ科植物。)

 ・なお、モンシロチョウはこの日時には見かけませんでしたが、菜の花(アブラナ)の群生しているところには飛んでいるようです。(成虫出現時期は3~11月、幼虫の食草はアブラナ科のキャベツや菜の花) 

 
 なお余談ながら、本日のY新聞夕刊紙に、東京都心で行われていた気象庁の「生物季節観測」で、対象動植物の1つであった「モンシロチョウ」は姿がすっかり見えなくなって2011年来観測はされていない、ということでした。
 また鳥ではヒバリ、モズなども同様観察対象からはずれ、ツバメも都心では最近の2年間姿が見られていないという。  何か寂しい気もしますが・・・


 ・またヤマトシジミは例年出足はやや遅く、成虫出現時期は4月頃から(11月下旬くらいまで)。幼虫の食草はカタバミです。
 4月が過ぎれば堤防筋の草地などで沢山目にするようになります。

|

2017年3月15日 (水)

早春の自転車散歩(江戸川サイクリングロード)

 先日(3/11土)、春霞たなびく好天に誘われて、一年ぶりに江戸川サイクリングロードまで自転車で散歩に。江戸川、利根川ともに近隣の大河です。
 むろん、フツーの自転車です。
 過去の記録を見ると少しずつコースは変わっていますが、年平均一回、ぷらぷら出かけたことになっていました。
 そして去年は偶然今回と一週間しか違いのない月日に出かけていて、当然ながら今回と同じような記録になっていました。
 マンネリ化に加えて、自然現象ながら加速度的な体力の衰えは、斯くも恐ろしいものかと実感しながらも、ささやかながら初春のフィールドの風に触れることが出来た一時でした。
 (所要時間は休憩含み5時間ほど。)

 
・途中の市街地に植栽されたヒカンザクラは見頃になっていました。
・江戸川サイクリング道路の菜の花(アブラナ)も見頃に。 
 行き交うサイクリストの邪魔にならないよう,道端をポタリング。
・関宿城博物館裏の庭園にまだカンツバキが咲き残っていました。
 本種はサザンカとツバキの交雑種とされ,冬に開花する紅色の八重咲きです。Photo_7

 
・関宿城博物館を経由して利根川を渡り、「境道の駅」まで往復。
・菜の花群落の上をモンキチョウ、ベニシジミまたモンシロチョウなどがひらひら舞飛んでいて、春が来たなあと実感。
 往きには撮れませんでしたが、道の駅からの復路途上で、時折地面に下りる個体がいくつかいましたので、記録することが出来ました。
 今シーズンの初記録。Photo_8

 
【余談】:
 ・コブシの老大木:
 関宿城博物館の近く中之島公園に、近郊では関東一の大きさとも言われるコブシがあります。
 それが近年、推定樹齢100年ともいわれる老齢化に伴う樹勢の衰えで、枝の枯れ死などが発生しているそうです。
 そしてその保護のため,、樹木医などの専門家による保全対策が進められているということでした。
 少し離れたところから見ると、枝先は選定され、幹には太いテープ状の”包帯”が巻かれていました。Img_2709

Img_2707
 
 この時には、花はまだ見られませんでした。
 無事に元気を取りもどすことを期待しています。
 

|

2017年3月13日 (月)

セイヨウミツバチ、ネコヤナギの花で花粉ダンゴ作り

●ネコヤナギ:
 図書館の前庭に植栽されたネコヤナギが春の陽射しに促されて開花しています。
 ネコヤナギは雄株と雌株が別々の雌雄異株で、数株ある植栽は雄株ばかりのようです。  
 花穂は太めの円筒状で絹のようななめらかで美しい銀ねずみ色の毛で覆われています。
 3月はじめ頃から開花が始まりますが、当然ながら雄株には雄花、雌株には雌花が咲きます。
 花穂は雌花より雄花の方が大きくなります。
 花は陽が当たる部分から開きはじめます。
 花には目立つような花びらはなく、雄花には先端にオレンジ色の葯のついた長い糸のような雄蕊が多数あらわれ、葯が開くと黄色い花粉が出てきます。
 (なお、雌花には先端が黄色っぽく短い糸のような雌蕊が付き、花後、雌株は果実を付け、熟すとはじけて中から「柳絮(りゅうじょ)」と呼ばれる綿毛に包まれたタネを排出し、種は風に乗って飛散していきます。)
 ・ネコヤナギの雄花:1

 
●セイヨウミツバチ、ネコヤナギで花粉団子(花粉荷)作りをする:
 温かな午後の陽射しを受けて雄花がほぼ満開になっている株に、1匹のセイヨウミツバチが来ているのが偶然目にとまりました。
 すでに後肢の花籠には大きな花粉団子が付いていました。
 立ち止まってカメラのレンズを向け、しばらくの間眺めていた記録です。
 正味2分間弱のお座なり観察でしたが。

・雄花の花穂に多数ある雄蕊のオレンジ色の葯が熟して開き、中から黄色い花粉がこぼれ出ています。
 その花穂を伝うように移動し飛び回る都度、黄色い花粉が体毛に付着するため、体中が花粉にまみれて黄色になります。2

 
・花粉にまみれると、雄蕊の先に前脚でつかまり、体についた花粉を集めます。3img_2761t

 
・突然、遠目には、あたかもクモの巣に前脚を絡めとられて逃げようともがく昆虫のように、雄蕊の先端から前脚1本でぶらさがって、ブラブラ揺れながらも、残る脚で体を掻き、もがいているように見えました。
 20秒前後もそうしてぶら下がっていたでしょうか。
 その間に何枚か写していた中で、比較的マシな静止画像の1枚です。
 (画像はクリックで拡大します。)4img_2762t

■ミツバチの脚について:
 前脚、中脚、後脚と3対の分節化した脚が6本。その脚には歩くだけではない働きのために、前脚には触角のクリーナーなど、また後脚には「花粉かご」のような特殊な構造器官が付属している。
 そして、体中に付着した花粉は、前脚の一部(レーキ、棘毛列などの毛ブラシ状構造がある)をブラシのように使ってかき集めながら後脚の接合部の花粉プレス部分に送り、それを団子状に成型してから、出来た花粉団子を花粉かごに移動するという動作を繰り返している。
 花粉かごは、後脚の外側にある滑らかな少しくぼんだ部分で、その縁に長いカーブした毛が1本生えていて、ここに串刺しにした花粉団子(花粉荷)を巣に運ぶ“保持器”のような機能を担っている。
 花粉団子は、飛行中はしっかりと保持されるが、巣に帰ると容易に外れるようになっている。

 
・ぶら下がりが終わって花穂に這い上がった時には、体に付着した花粉は大分部分ぬぐい取られているようでした。5img_2764t

 
・花穂から離れると、ホバリングしながら、別の花粉が付いている部分に移動して行きます。6img_2765t

 
・再び花粉まみれになり、前脚で体を支えてぶら下がると、花粉集をしたり、口吻で花粉などを舐めている様子。7img_2768t

 
・その際、折り畳まれていた口吻を長く伸ばして餌採りをしている場面も偶然写っていました。
 (画像はクリックで拡大します。)8img_2769

■口吻について: 
 ミツバチの口吻は5つの部分から成る複雑な構造をしている。
 (ミツバチが)休んでいる時には口吻部はZ型に折りたたまれていて見えないが、餌の採集時にはその舌を伸ばして、毛に覆われた細く長い舌を前後に速く動かしながら蜜など液体を吸う。
 舌の先端部分はスプーン状になっていて微量の餌を集めることができる。 

【参考】:
 ① 「ミツバチについての基礎知識:(4) ミツバチのからだ」
  http://www.bee-lab.jp/hobeey/hobeeydb/db01/hobeey01_14.html  
 (ハイパーリンクはしていません。ご覧になるには上記URLをコピーしてインターネットブラウザに貼り付けてアクセスして下さい。) 

 ②ネット上に見かけた動画(ヒマワリで花粉団子を作る様子)
 https://www.youtube.com/watch?v=OATlvZ6MGDA   
 (ハイパーリンクはしていません。ご覧になるには上記同様にアクセスを。)

|

2017年3月 8日 (水)

春浅いフィールドで(ツクシ、イソシギなど)

 しばらくぶりのウオーキングに。
 2日続きで、気温は低め、晴れたり曇ったり小雨がパラついたりと落ち着きのない天候。
 それでも風さえなければ、晴れ間がのぞいている間は陽春の気分に。
 フィールドに出るとまったく無風というわけではないので、遠くで稼働しているトラクターの田起こし(耕起)作業から土のにおいが流れてきます。

ヒドリガモとオオバン
 少し波立つ池面には水鳥の姿はなく、人気のなかった原っぱに、萠だした若草を求めて歩き回る冬鳥のヒドリガモと、今シーズン異常に数を増した留鳥のオオバンが混じり合いながら群れていました。
 ヒドリガモは北に帰るのに備えて体力を付けなくてはなりません。
 オオバンと若草を競合して大丈夫でしょうか。Photo

 
 ・一足早く2月下旬から伸びだした菜の花(セイヨウアブラナ)の株は、伸び出すはじから悉く両者に食べられて、かたい軸だけになって枯れそうです。
 少し遅れて生えてきたセイヨウカラシナの方はまったく口にする様子がなく、好みがはっきり分かれているようです。R0012635

 
揚げヒバリ
 上空ではあちらこちらから揚げ雲雀の声。
 太陽に向かって駆け上がるので、レンズを向けると逆光に。
 大きな口を開けた姿を何とか1枚。Img_2641c

 
●オオジュリン(留鳥/漂鳥):
 ヨシ原にはオオジュリンが1羽。(逆光の中で不確かですが)Img_2650

 
ツクシヒメオドリコソウトウダイグサ
 日当たりの良い田畑の畦斜面にはツクシが顔をのぞかせ、 ヒメオドリコソウやトウダイグサの群生も始まっていました。Photo_2

R0012639

R0012632

 
●イソシギ:
 今シーズンも冬の間に川筋で数回見かけたイソシギでしたが、飛び去る姿ばかり。
 これまで、市街地で見かけたことはありませんでしたが、たまたま町裏を流れる排水路を伝いながら水生昆虫をついばむ姿が目にとまったので、追っかけ。Img_2651_1

Img_2651_2

Img_2651_3

Img_2651_4

 本種は留鳥/漂鳥ということですが、当地での観察実績ではほとんどが“冬鳥”のようです。

|

2017年3月 5日 (日)

啓蟄の日

  今日は啓蟄。
 朝から昼過ぎくらいまではよく晴れて、日中には、冬籠りの虫も這い出るのに十分な気温になりました。
 特にムシの姿は見かけませんでしたが・・・

 ・ツバキの花が一輪開花しました。R0012619

 
 ・上弦の月:
 午後になるとだんだん雲が広がるようになり、夕刻には全天雲に覆われてしまいました。  
 そのため、「上弦の月」も頭上にぼんやりした明かり程度にしか見えませんでした。Img_2633

 
屋外コンテナ水槽のメダカ
 現在まだ1つだけ残っている小型のメダカ水槽があります。
 冬の間はカバーをしたままで、覗いて見ることもしませんでしたが、どうしているかとカバーをはずしてみました。
 水槽の水底に集まって冬眠していたところを、いきなり起こされたのか慌てふためいて、一斉に水草の鉢の隙間に潜り込んで姿を隠してしまいました。
 しばらくそのままで静観していると、数匹ずつそろそろと水面に泳ぎだして来たので何匹か記念撮影。R0012627_1

R0012627_2

R0012627_3

 シロメダカ、クロメダカ共に、少しスリムな体型になっていますが無事に冬越したようです。
 餌を少しやってみましたが、まだすぐに食べる様子はありません。
 これからは様子を見ながら少しずつ給餌再開です。
 

|

« 2017年2月 | トップページ