« プライアシリアゲ | トップページ | サイカチの花 »

2017年6月16日 (金)

ヒメヒオウギアヤメなど5月に咲いた花

 ごく狭い庭で、さして”お世話”もしないのに毎年咲くヒメヒオウギアヤメなど、5月中旬から下旬の間に咲いた園芸植物や雑草の花などまとめて、記録のための記録。

 ・バラの仲間のブルームーン、ジュリア、ディンティ・ベス、ロイヤルハイネス、ミニバラ、51

 
 ・そして、いつの間にか名前不詳になってしまった白いバラ、サーモンピンク色のバラ、ヒメヒオウギアヤメ、ヘメロカリス、また、徹底的に除草したつもりでいたドクダミ(の花)とヤブヘビイチゴ(の果実。)52

 季節の移ろいを確実に知ることができるマーカーです。

※ヒメヒオウギアヤメ(姫緋扇菖蒲)(アヤメ科):
 南アフリカ原産の球根園芸植物。秋に球根を植えると、5~6 月に花が咲きます。
 草丈25~35cmほどになり、咲き姿がフリージアに似て、斜めに伸びた花茎に花径2~3cmほどの花を 7~8個つけます。
 花色は、白、赤、桃色等があります。
 いずれも6枚の花弁のうち、下側の 3 枚の花びらの付け根に濃い紅色が入り、アクセントになっています。
 花後に 種が出来てこぼれると、思いがけないところにも増えていく、丈夫で手のかからない多年草です。

|

« プライアシリアゲ | トップページ | サイカチの花 »

植物」カテゴリの記事