« 夏至/コクワガタ(♀) | トップページ | ヌートリア »

2017年6月22日 (木)

カテンソウ過去ログ・メモ

※カテンソウ過去ログについて一部再掲した個人的なメモ記事です。

 「カテンソウ」はこれまで身近な環境では観察したことはありません。
 その初見は、ハイキングに出かけた栃木県下の里地でした。
 その際には名前はまったく知らない植物でした。
 そして、ネット情報などで名前を検索した際に、はからずも「ハニシャボウ」さんの「カテンソウ画像に遭遇して,はじめてその植物名を確認できたのでした。
 (なおその後に、山形県および群馬県下の里山でも観察した記録があります。)

 それから大分時間が経過し、残念ながら現在はすでに故人になられていますが、ハニシャボウさんの作品や業績に関する情報をあらためて知りましたので、メモ記録にしました。

 
■埴沙萠(はにしゃぼう)さん:
 ①-1 2013年7月6日 NHK総合 放送番組: 
  『NHKスペシャル 足元の小宇宙~生命を見つめる植物写真家』:
  植物写真家の埴沙萠さん、82歳。群馬県にある自宅周辺の山里で、はいつくばって、寝転がって、私たちでは到底気づかない極小の命を次々と発見していく。
  埴さんのレンズを通すと、一見地味な植物の風景が、躍動感あふれる驚きの世界へと変わる。
  埴さんは、「動かない植物が動く瞬間」をとらえたいと、75歳になってから、写真だけではなく映像の撮影も行っている、etc.

 ①-2 なお後日(2013/11/22)番組収録のDVD [Blu-ray]が 発売されている。
  (販売元: NHKエンタープライズ、( 64 分))

 ②「足元の小宇宙」 :
  単行本(ソフトカバー) 「82歳の植物生態写真家が見つめる生命」 埴 沙萠 (著)、NHK出版 (2013/11/30発売)

 
●過去ログ掲載済みのカテンソウ撮影画像再掲:
 2008年4月中旬、栃木県下の中山間地で初めて見かけて撮った写真。

 あらためてもう一度それらの画像を見直してみると、

 ①群落の外観:Photo

 
 ②小さな蕾の様子。Photo_2

 
 ③蕾のアップ写真。右上の蕾の中央部に見える一見白い花のような部分が、まだ丸まっている雄蕊の花糸。Photo_3

 
 ④この写真が、③の丸まっていた雄蕊の花糸がぴんと伸びて、先端についている葯が開裂し、中の花粉を放出した後の、花の姿だったのです。4

 (なおまったくの余談ながら、撮影に使用したカメラはハイキングのお供専用コンデジ(コンパクト・デジカメ)CanonIXY DIGITAL 60 (発売日:2005年9月16日)という非力なものでしたが、予想外に写っていたのでした。)

 ハニシャボウさんはこの花粉放出の瞬間を,実に見事な動画映像で撮影して作品とされているのでした。   (完)

|

« 夏至/コクワガタ(♀) | トップページ | ヌートリア »

植物」カテゴリの記事