« アジサイ | トップページ | アキアカネ/ノシメトンボ »

2017年6月25日 (日)

ムクロジの花

 近隣公園の一角に、1本のムクロジの樹があります。
 下枝は剪定されていて見上げる位置にしか枝葉はありません。Img_4279

 今春、同公園を訪れた際に、地面に淡褐色の丸い実が点々と落ちているのが目にとまり、いくつか拾って帰りましたので、雌株です。
 中に大きな黒い種が入っていて、振るとカラカラと音がします。R0014406

 (なお余談ながら、過去に別の植物園で、まだ果皮が緑色の果実を観察した記録があります。果実は液果で種は熟すと黒くなります。)

●ムクロジの花(雌花):
 先に、同公園のあじさい見学に行った際に、ムクロジも花の季節だったことを思い出して立ち寄ってみました。 
 予期したとおり、長い円錐花序にたくさんの蕾がぎっしり付いていましたが、Img_4266

 
 開花した花はまだ少数でした。Img_4272

 
 花は目立たない地味なものです。
 本種は雌雄異株で、雌株についている花は(当然)、雌花ばかりでした。Img_4277

 前年の結実は確認済みですから、雌株は、雄株の花粉がなくても結実するのでしょうか。

※ムクロジ(ムクロジ科):
 雌雄異株の落葉高木で、樹高15mほどになる。
 葉は偶数羽状複葉。 夏(梅雨時期)に、長さ20~30cmの円錐花序に、径4~5mmの小さな淡黄緑色の花を多数つける。
 花弁は厚ぼったくはっきりしないが4~5枚で、雌花には雌蕊と短い雄蕊ある。
 (なお、雄株の雄花には8~10個の長い雄蕊がある。)
 晩秋に径2センチほどの果実ができる。中に黒い種子が1個。種子は羽子板の羽の錘や数珠に使われた。
 果皮にはサポニンを含み、石鹸の代用に使われたこともある。
 分布は 本州(中部以西)、四国、九州。

|

« アジサイ | トップページ | アキアカネ/ノシメトンボ »

植物」カテゴリの記事