« 地味な木の花( モチノキ/ツリバナ)/ハマキムシ幼虫 | トップページ | コアジサイ/龍王峡 »

2017年6月 8日 (木)

クモヘリカメムシ/オオフタオビドロバチ

 当地も梅雨入りとのこと。蒸し暑い一日でした。

 先日の、世事とは隔絶した一日のこと。

●クモヘリカメムシ(ホソヘリカメムシ科クモヘリカメムシ亜科):
 雨降りの後、急速に伸び出した庭の草取り中に、目の前を飛んで隣家の壁に止まったカメムシ。R0014304_1

R0014304_6

 細長くスマートな体型ですが、ヒメイトカメムシイトカメムシよりずっと大きく、我が家では初見のクモヘリカメムシでした。

※大きさ15~17mmで、緑色の体に茶色の翅をもつ細長いカメムシ。
 イネ科の雑草を好んで吸汁し、時には水田に入ってイネの籾を吸汁するため、稲の害虫にもなります。
 出現時期は5~10月、分布は本州、四国、九州。

 ついでの余談ながら、稲に付く害虫カメムシとしてはアカスジカスミカメがいます。
 (なお、昨今の水田では定期的に防除作業もきちんと実施されるため、各種害虫などによる被害は発生しないようです。)

 
●オオフタオビドロバチ:
 数日前からヨシズに使われている竹筒の穴を探索にオオフタオビドロバチがやって来るようになりました。
 竹筒の中に巣作りをするためです。Photo

 昨年も同じようにやってきて、竹筒の何カ所かに巣を作っていきました。
 毎年の繰り返しです。

|

« 地味な木の花( モチノキ/ツリバナ)/ハマキムシ幼虫 | トップページ | コアジサイ/龍王峡 »

昆虫」カテゴリの記事