« 6月、次々にやってくる害虫仲間など③ | トップページ | 梅雨空の下のフィールドで(ミゾコウジュ、コガネムシなど) »

2017年7月 3日 (月)

ヤマモモの実熟す

 すぐ近くに、ささやかながら整備された遊歩道があります。
 遊歩道には複数の樹種が植栽されていてベンチもあり、熱暑の候には涼しげな緑陰を提供してくれます。
 利用するのはもっぱら子供やお年寄り達。

●ヤマモモ果実完熟
 今年は複数本植栽のヤマモモが大量の実をつけて6月中旬頃にはまだ青かったのですが、6

 
 下旬くらいから完熟して、木を囲むベンチや地面に落下しています。Img_4379

Photo
 
 ただ、歩行の邪魔にならないように、木の下枝はすべて剪定されているため、完熟した果実の付いた枝は、残念ながら手が届く位置にはほとんどありません。
 それでも手を伸ばして、熟した実を1つとり、口に入れてみると甘酸っぱくて美味しくなっています。

 ・休日に、若いお父さんと手をつないで通りかかった小さなお子さんが、地面に落ちているたくさんの赤い実を見つけて、靴で踏んでプチプチと潰しなが大喜び。
 お父さんも一緒にプチプチしながら親子の休日を楽しんでおられました。
 そんな楽しみ方もあるのですね。
 公園にも植栽されていますが、本種は雌雄異株で、果実のなる雌株には気がつきません。

|

« 6月、次々にやってくる害虫仲間など③ | トップページ | 梅雨空の下のフィールドで(ミゾコウジュ、コガネムシなど) »

植物」カテゴリの記事