« ヨツボシテントウダマシ/不明のハチ | トップページ | エンマコオロギ幼虫、ケラ幼虫、アリ »

2017年7月17日 (月)

ケラ幼虫受難

 住み処の草原が水没した受難の昆虫類の続きです

●ケラ幼虫:
 住み処が水没しても,穴から脱出すれば浮くことができて、そのまま溺死する事はなさそうです。
 目をこらして辺りを見ていると、多数の”無防備の”幼虫が隠れ場所をさがして歩き回っていて、中にはアリやゴミムシの仲間など肉食性の昆虫に襲われ、捕食される姿が目に入りました。 
 目にとまった範囲内では、犠牲が大きかった一番の昆虫でしょうか。

 水際のコンクリート階段を這っていたり、浮遊する枯れ草ゴミの上を歩き回っていたりと、目が慣れてくると多数が蠢いていることが分かりました。

 ・歩き回っていたケラ幼虫:R0014481

R0014482_2

Img_4447_1_2

Img_4447_2

 
 ・アリに襲われるケラ幼虫:Img_4453

Img_4454

 
 ・別の個体:
 2匹のアリに襲われて抵抗虚しく運び去られていきます。R0014483

R0014484

R0014485

R0014486

R0014487

 ケラは土中に作った巣穴で生活しています。
 成虫になると翅で飛ぶことができて、夜間照明などに飛来することもあるそうですが、日中はまず姿を目にすることがありません。

        - 次の頁に続く -

|

« ヨツボシテントウダマシ/不明のハチ | トップページ | エンマコオロギ幼虫、ケラ幼虫、アリ »

昆虫」カテゴリの記事