« クヌギの樹液にサトキマダラヒカゲ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ、コムラサキ;その他 | トップページ | ウチワヤンマ、オオヤマトンボ »

2017年8月23日 (水)

ヤナギルリハムシ、キジなど

単独お日様マークの日が一日もなかった8月上旬、ブログの埋め草に撮っておいた画像の羅列。

自宅で
●トウキョウヒメハンミョウ:
 変わり映えしませんが、夕刻、庭先に飛来したもの。8img_5186

 
 近隣の保全自然林の近くで。
●ハグロトンボ♂:
 田圃の水路脇に1匹だけいました。トンボも少ないですね。8r

 
●ヤナギルリハムシ(ハムシ科):
 クヌギの葉にとまっていた瑠璃色のヤナギルリハムシ。
 すぐ傍にバッコヤナギの大木があるので、そこから飛んできたものかと。8

※体長4mm前後で背面は光沢のある青藍色。
 成虫・幼虫ともヤナギ類やポプラの葉を食害する害虫。
 成虫で越冬し年に数回(5~6回)発生を繰り返す。
 個体数は初夏から多くなる。分布は日本各地。

 
●キジ若鳥?:
 稲田の中から舗装車道を横切って反対側の畑地に駆け込んでいった2羽のキジ。 
 尾羽が短かかったので若鳥だったのでしょうか。8_2

 
 ・ついでに、(4月下旬)散歩コースの水路脇で見かけたキジ♂。423

|

« クヌギの樹液にサトキマダラヒカゲ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ、コムラサキ;その他 | トップページ | ウチワヤンマ、オオヤマトンボ »

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事