« 1月の小寒過ぎ、朝の始まり風景 | トップページ | ユリカモメ/セグロカモメ(冬鳥) »

2018年1月18日 (木)

モズ

 餌になる昆虫類などがいなくなった冬枯れの乾いた草原には野鳥の姿がありません。
 そのような時、偶然、声もたてずに1羽のモズが飛来して、近くのカワヤナギの枝に止まりました。
 いつもならすぐに飛び立って行くのに、しばらくそのままだったのでレンズを向けました。

 モズはワシ・タカ類やフクロウ類などのような猛禽類ではありませんが、精悍な顔つきをしています。Img_8700

Img_8702

Img_8706

 なお、今回の個体には、♂の特徴である”黒くて太い過眼線と明白な翼の白斑”が見当たらなかったので、♀だったようです。
 そう思ってみればどこか優しい印象も。

|

« 1月の小寒過ぎ、朝の始まり風景 | トップページ | ユリカモメ/セグロカモメ(冬鳥) »