« マイマイガの卵塊(越冬中)、その他 | トップページ | クスノキ・実生の苗木、果実 »

2018年2月 9日 (金)

シラカシのドングリ

 掲載時期に無縁の記事です。

●シラカシのドングリ:
 2016.秋まで、散歩コースの池・西側堤防と道路の境界に植樹されているシラカシがたくさんの実をつけていました。
 毎年のことでしたから、記録するほどの関心事でもありませんでしたが、たまたま、先日来パソコンに残っている画像ファイルを整理をしていたところ、その頃に撮った、まだ青いドングリをたくさんつけた画像があるのに気がつきました。
 記憶になかったのですが、通りがかりの“暇つぶし”に撮っていたようです。
 その翌年に、期せずして大がかりな剪定・整枝作業が行われ、その後しばらくドングリもほとんど見られなくなっていたのでした。

 過去のブログ記録*を見ると、シラカシのドングリについてはこちらの画像の方がマシだな、と思ったので、まったく新味はありませんが、改めて記録のための記録としました。

 ・シラカシのドングリ(撮影2016.10.5)R0012030_1

R0012030_2

R0012030_3

R0012030_3trm

R0012030_4

 (なお遠目にはアラカシに類似しています。)
* http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-3de1.html
*
http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-a193.html

※シラカシ(ブナ科コナラ属):
 樹高10~20mになる常緑広葉樹で雌雄同株。成長は早い。
 関東では昔から公園樹、庭園樹、街路樹などとして植樹されてきた。
 花期は5月、ドングリ結実は10月。 
 自生地(原産地)は福島、新潟県以西、四国、九州。

|

« マイマイガの卵塊(越冬中)、その他 | トップページ | クスノキ・実生の苗木、果実 »

植物」カテゴリの記事