« ハシビロガモ、ヒドリガモ、婚姻色のコサギ | トップページ | ヒヨドリジョウゴ発芽 »

2018年4月13日 (金)

第71回示現会展

 会期が残り少なくなった先日、かねてから予定していた一般社団法人「示現会」の第71回示現会展に行ってきました。
 一般入選を加え1000点を上回る作品が陳列されるという充実した展覧会で、じっくり観賞するには昼食をはさんで数時間かかり、文字通り足が棒になりましたが,快い疲れでした。

   なお、会場で案内責任者の方から写真撮影OK、また個人的なブログに写真掲載も可、との確認を頂きましたのでメモ記録としました。

■会期:2018年4月4日(水)~4月16日(月)
■会場:国立新美術館 (東京都港区六本木7-22-2) 
 なお本展終了後、4月25日以降に巡回展が企画されています。
 スケジュールは下記のHP参照。
 http://www.shigenkai.jp/exhibition/

 
●会期中行われていた複数展覧会の案内:
 (以下の(画像はすべてクリックで拡大します。)Img_1370

 
●昼食時間帯で、参観者の姿が少なくなる頃を見計らった示現会展会場の雰囲気を切り取り。Photo

 
●「塔のある村」 佐藤祐治様作品:Img_1379

 精緻な筆遣いで描かれた大作の前で足が止まりました。
 どれほどの細部まで書き込まれているのかと大きなキャンバス(素人の私には正確なところは分かりませんが、キャンバスサイズp100号?)の直前で膝を折って覗き込みました。
 驚いたことに絵の下段中央左よりの建物風景の周り、あちらこちらに、何と複数の”猫”がいたのです。  
 その猫たちの部分です。Photo_2

Img_1386

 猫の原画サイズはおよそ1.5cm前後だったでしょうか。
 そんな私の姿を後方から迷惑そうに見いた方に”猫がいます”、と告げると、やはり驚いて前に出て覗き込んでおられましたね。

(余談ながら,原画をパソコン拡大画面で見ると、確かに見つけることが出来ましたが、ブログに貼り付けた縮小画像では無理のようです。)

|

« ハシビロガモ、ヒドリガモ、婚姻色のコサギ | トップページ | ヒヨドリジョウゴ発芽 »

雑記」カテゴリの記事