« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

2018年4月30日 (月)

最後の冬鳥(ツグミ、マガモ、コガモ)

●4月25日:
 田植えの準備が進められていた池の傍の田圃:Img_0894425

 
 当日、 

●近くの草地でまだミミズなどを掘り返していたツグミ1羽。
 今シーズンは、これが見納めに。Img_0688414

 
●池の奥に数羽の水鳥の姿。
 デジタルズームで確認できた今シーズン最後の冬鳥は、

 ・1羽のマガモ♂。(♀は近くには見当たらず):Img_0898

 
 そして
 ・3~4羽のコガモ:Img_0909425

 
■本日(4/30)も夏日でした。
 街中にはツバメが飛び交っています。
 街路樹のハナミズキは葉がきれいに展開して花は散り敷いています。
 フジの花は終わりました。
 ツツジ(団地の植え込みのオオムラサキ)は既に満開を過ぎて花がらがポトポト落ちています。

 ・新駅JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅が開業して賑わいを増した「あしかがフラワーパーク」のフジも盛りは過ぎていました。
 (4/29)429

 
 4月は足早に去って行きましたね。

|

2018年4月28日 (土)

クロハネシロヒゲナガ

今シーズンも飽きもせずで、この時期定番のクロハネシロヒゲナガです。
 過去ログは
    http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/2012-b948.html

 
 近郊の田圃地帯では既に田植えも始まっています。
 (以下の画像はすべてクリックで拡大します。)Img_0923427

 毎年、この時期になると、堤防や公園周辺の空き地などには、まだ背丈の高い雑草は伸びあがっていませんが、ネズミムギなどイネ科の雑草やその他の小型の雑草が膝下くらいまで生えた草地が広がっています。
 (余談ながら5月中旬にはもう、大型の雑草も急速に伸び出して草原を席巻するようになり、足を踏み入れることは出来なくなってしまいます。)

 この4月中旬から5月上旬位の期間限定で、毎シーズン珍しくはない普通種の小さな蛾「クロハネシロヒゲナガ」が一斉に姿を現します。
 高く飛ぶことはなく、草叢の茎の間隙を縫うように、♂は白く長いヒゲをふわふわさせながら飛んでいますが、特に関心もなければ、まず気付くことはないでしょう。

 その付近は、たいていは『人を連れた犬』が通る散歩道にもなっていて、犬は素通りしようとしているのですが、時に“連れられた人間”が、草叢に向かって座り込みカメラを向けているいかにも不審者の爺さんにお声がけなさるのです。
 “そこで何してるか?”と。

 ♂は♀を探して、ふわふわ・ふらふらと飛びまわっています。
 多数いてぶつかりそうになったりしながら、♀を見つけるまでは止まることは殆どありません。
 その様な状況下で♀の方は草叢で葉や茎の中程や、そのあたりに頭を出したネズミムギの穂先、またツメクサの葉上などに静止して居ることが多いので、写真撮りは♀の方が先になります。
 (ただ、当然ながら写真には大変撮りにくい条件で、少しでも傍の邪魔になる葉などに触れると直ぐに逃げてしまいます。)

 その後、♂が目の前の草に止まるのをひたすら待つということになるのです。
■ネズミムギの葉の中程に静止している♀、周辺の草叢を飛び回る♂:Photo

 経験上、どちらかと言えば明るい曇り空で風がなく、まだ気温が低い早朝なら、♂もまだそれほど活動的ではなく、飛び続けないで草に止まっていることが多いようで,狙い目です。

 変わり映えしませんが、その様な、4月下旬の曇天下、気温は23℃で殆ど風のない午前中に撮った画像を掲載しました。

●公園脇の空き地:
 ネズミムギなどの雑草が生えそろっていて、多数のクロハネシロヒゲナガが出現しています。
 またオヤブジラミやハルジオンなどの花も咲いていて、花にはクロハネシロヒゲナガやその他の小昆虫が集まって吸蜜している草叢です。
 (6月前後には除草されるところです。)Img_0928

 
●クロハネシロヒゲナガ♀:
 草叢の高さの中間付近にあるツメクサの葉やネズミムギの穂先にとまっていた髭の短い♀。R0017192ct

R0017219c

 
●♂:
 ・待っていた目前のネズミムギ葉先に止まった白髭(触角)の長い♂。
 体長(頭部先端から腹部後端まで)は4.5mmほどで、触角の長さは約4倍の17mm。
 直ぐに飛びます。R0017235better

 
 ・草叢の、ネズミムギと背比べするように花茎を伸ばして小さな花を付けたオヤブジラミ(ヤブジラミと異なり、5枚の花弁の縁が紫色を帯びます。)で吸蜜していた♂(青色↓にいます。)吸蜜行動中はなかなか逃げることは無いのでシャッターチャンスです。R0017243

R0017262ctct

R00172585ct

 
●草叢のハルジオン(茎は中空)で吸蜜する♂(上段)♀(下段):Photo

 
■傍のハルジオンで吸蜜するベニシジミです。
 白い花弁('舌状花)にとり囲まれた中心部、黄色い筒状花の集合部の直径は10mmほど。
 クロハネシロヒゲナガの小さいことが分かります。R0017306

 
■付記:
 過去ログ画像一部加工画像20104213r145mm

|

2018年4月27日 (金)

ツマキチョウ

●ツマキチョウ:
 随分久しぶりのことでしたが、農業排水路沿いで、近くの住人しか通らない生活道路を歩いていて、突然目に飛び込んできたのがこのツマキチョウのペア。
 翅の端(ツマ)が黄色い方が♂です。♀を見るのは初めて。 
 翅も大分傷んでいるようでしたが、命をつなぐ世代交代にがんばっているところでした。
 (画像はクリックで拡大します。)Img_0957_16

Img_0957_53t

 本種のブログ記録があるのは、東日本大震災の1ヶ月後に初めて見かけたことがあって、それ以来のこれが2回目。
 当地では珍しい蝶です。

|

2018年4月25日 (水)

カシルリオトシブミ

 オトシブミが活動する季節です。

 さる4月中旬の午前11時前、散歩を兼ねて立ち寄った林地で、偶然、自生したコナラ小木の新葉に、小さな揺籃が一つ作られているのを目にしました。
 (以下の画像はすべてクリックで拡大します。)2

 
 近寄って見ると、その揺籃は、吊り下げられた葉の裁断の仕方・切り分け方や、揺籃のサイズ、また出来映え(形のきれいさ,精巧さ)などが、これまで普通に観察していたヒメクロオトシブミの”芸術作品“ともいえる揺籃とは違い、サイズはやや小さめ、見栄えも今一歩と感じるもので、いったんはスルーしましたが、他には見るべきものもなくて思い直し、とりあえず記録用にと撮りました。1_2

 
 撮り終えてから、ふと見た傍の別の葉上に、それまでまったく気付かなかった、やはりヒメクロオトシブミより更に小さめの虫が1匹、静止しているのが目に止まりました。
 ただ体色は黒ではなく、見る(光を受ける)角度によって色が変わりますが、金属光沢があるきれいな色で、明らかに“別もの”とわかり、レンズを向けたのでした。

 多くの場合、この仲間たちは、何かの気配を察知するとすぐにポロッと落下するように姿を消してしまうことが多いのですが、この時はそうはしないで、葉表から葉の端に移動し、、R0016642

R00166392018417

 
 更に葉裏を覗き込んでから葉裏に回り込んで移動して逃げていきます。R0016643

R00166392018417_5

 
 それで、逃げられてもともとと、葉を裏返してまでしつこく追っかけ。
 葉裏です。R00166392018417_2

R0016639

R00166392018417_2_2

 
 そしてまた直ぐ傍の別の葉表に逃げていき、ほどなく”うるさいヤツ、バイバイ”とばかりに飛び立ち、視界から消えていきました。
 この間追っかけ時間は2分でした。閑人!R00166462

 
●カシルリオトシブミ:
 曇天のもと少し風もある林内で、動きのある被写体の追っかけには難があり、その間に撮れた画像の多くはピンぼけになっていましたが、何とか見られる数枚の画像をもとに、手元資料やWeb画像など参照して、(他にもよく似た仲間が数種いるようですが)はじめて見るカシルリオトシブミと判断しました。1_3

2_3

3

 なお、揺籃を作るのは♀です。
 今回の”ゆるい”画像では明確ではありませんが、♂は前脚が特に長くて,内側に湾曲していることで容易に判別できる、というWeb上の♂画像を参照すると、その特徴はなさそうなので、♀かと推測しました。

 先述の揺籃は既に完成していたもので、その,直ぐ傍に♀(らしい)カシルリオトシブミがいただけで、直接作製行動を観察したわけではありませんが、この揺籃はこのカシルリオトシブミの作品ではないかと思ったことです。

※これで初めて虫体を観察できたのですが、その揺籃作り行動は見たことがありません。
 幸いなことに、Web情報を検索中に、YouTube上に公開された、揺籃作りの行動を克明に記録された動画*を観賞することができ、とても参考になりました。
 * 山形県立自然博物園・森の生き物シリーズ・オトシブミ編(2011/06/14 公開)   
 https://www.youtube.com/watch?v=wWuFsa_gW9E

※カシルリオトシブミ:
 体長3.5mmほどで、頭部と胸部は金属光沢のある赤みのある金色、前翅はやはり光沢のある瑠璃色の上翅をもつことが特徴の、きれいな小さなオトシブミです。
 よく観察されているのは、イタドリの大きな葉を切り込み、その一部を使って、90分ほどかけて大きさ5mm弱の小さな俵型の揺籃を作ってから切り落とすという行動です。
 都市公園などではコナラの葉で揺籃をつくるのも普通に観察されています。
 切り落とし型の揺籃作成が多いようですが、吊り下げ型もあるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■オトシブミ関連の過去ログ一覧は下記リスト参照:
http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2016/05/post-39e1.html

 

|

2018年4月24日 (火)

ケヤキの花(その2)

■前置き:
 2018.4.6(金)
 当日は全国的にも”春の嵐”になったようでしたが、当地の天気は曇り一時雨で最高気温23℃、ここまでは良かったのですが、午後から急激に風が強くなり強風注意報も出て、(当日)夜遅くまで強風が吹き荒れました。 
 
 ・当日午後5時現在の気象衛星画像(一部のコピー):11blg4617

 その様な天候の当日、所用で午前中から外出していましたが、午後3時頃から急速に風が強くなり、時折小雨もパラつくようになったため、あわてて帰宅しました。
 近くの団地前まで戻った時に、吹きさらしの広い歩道上で、吹きだまりになった道路境界縁石のコーナー沿いに、大量の茶色っぽい粒が堆積しているのが目に止まりました。
 若葉の付いた新梢もたくさん吹き寄せられていました。
 直ぐにケヤキ雄花の花がらとケヤキの新梢花序と分かりました。
 団地の敷地/道路境界に2本植栽されているケヤキ大木から、役目を終わった“雄花の花がら”や、“花序の付いた小枝(散布体)”が強風に引きちぎられて飛来し、堆積したのです。
 毎年、程度の差はあれ同じようなことは繰り返されているはずですが、これほどまでの光景は初めてのこと。

 つい先日、公園で(それなりに苦労しながら)ケヤキの花を観察したばかりではありましたが、少し拾って帰り、再度眺めてみました。

 新葉の付いた新梢花序(散布体)の形で(離脱)ちぎれて飛散した枝についている雌花の子房は、早くもが膨らんで大きくなり、2本の柱頭が嘴のように宿存して、”ひよこ“*のような外観の未熟果実(痩果)になっていました。
 *(某老舗菓子本舗の和菓子“銘菓ひよこ”)

 果実の稔る枝は細く、付いている葉も3~5cmの小さなもので、冬には木枯らしなどの強風に曝されるとそのまま脱落した枝は、(周囲に障害物がなければ)果実だけよりもはるか遠方に散布されて、種子散布に貢献する(分布域を広げる)ということがうなずける結果でもありました。

 強風のおかげで労せずして“経過観察”が出来ました。

■ここから記録です:
 (画像はクリックで拡大します。)

●強風に揺らぐ、歩道に面した団地植栽のケヤキ:R0

 
●強風の吹きだまりになった縁石沿いに、せき止められて散乱・集積した緑~茶褐色小粒のケヤキ雄花の”花がら”と新葉の付いた新梢花序 :3blg

 
●ケヤキ雄花の花がら:
 緑色の葯が開裂して花粉の放出も終わった”花がら”4

 
●先端部位に雌花、基部の方に雄花の付いた新梢花序:5r0015810

 
 小枝を観察してみました。

●1本目の小枝。
 既に4箇所の雌花の子房が大きく膨らんで、その上に2本の白い柱頭がハサミのように飛びだして残って(宿存して)います。1_r00158321

 
 ・4箇所の雌花の子房拡大。
  3の花には雄蕊の葯らしいものが見えて、両性花のように見えます。14blg

 
●2本目の小枝:
 先端部位には雌花、中間部には両性花らしいもの、基部には葯が開いた雄花が付いていました。2

 
●3本目の小枝:
 基部の方には葯が開いて花も終わりになった雄花の”花がら”が多数付いています。3

 
●その他(両性花):
 4本の標品を眺めていて、両性花ではないか?と思ったものをまとめてみました。
 画像左最下段の花(両性花)では、真ん中に白い角のように見える雌花の柱頭があり、回りを囲むように雄蕊の開裂した葯から多量の花粉がこぼれ落ちている様子が観察されました。
 その右も似たような感じでした。10blg2

 こうして生長した後、木枯らしの強風が吹きすさぶ季節になると、茶枯れた葉と、褐色に熟した”ひよこ”のような形の小粒の果実を付けた小枝が「散布体」として離脱し、風に乗り,遠くまで運ばれて分布域を広げるのです。

 
●余談:
 ヤノナミガタチビタマムシ:
 先に公園でケヤキの開花を観察中、若葉の上に点々と黒ごまを播いたように、表記のケヤキの害虫が付いていて葉の蚕食しているのを見かけました。(撮影4/4)
 小粒ながらその被害は場合によっては放置しがたいこともあるそうです。11blg

※ヤノナミガタチビタマムシ(タマムシ科):
 体長3~4 mm、背中に波形模様を持つケヤキの害虫。
 卵から孵化した幼虫は葉の内部に潜り、ケヤキの葉を内部から食害しながら成長し、初夏に葉の褐変・落葉を引き起こし、時には木の存続に甚大な被害を与える恐れがある。
 成虫になるとケヤキの葉を外部から主脈を残しながら食害する。
 大木が被害を受けている場合は、ヤノナミガタチビタマムシのいる葉(樹冠)の位置が高いために、薬剤散布で駆除することは困難という。

 冬の間は、剥離したケヤキの樹皮の割れ目に集まって成虫越冬し、若葉の展開と同時に活動を始めます。

  とりあえずケヤキの花見関連フィーバーは目出度く終わりになりました。

|

2018年4月22日 (日)

ケヤキの花

■前置き:
 ・桜前線も東北地方まで進み、「弘前さくらまつり」も始まりました。(4月21日(土)~5月6日(日))
 ソメイヨシノは早くも24日には満開になるとの予想に。

 ・それはさておき、 華麗なサクラの花の咲く頃に、知る人ぞ知るケヤキの花(3性同株*で、1本の短枝に雄花、両性花、雌花が着生する)が、葉の展開と同時に開きます。
 雌花が先に、雄花が遅れて開花します。
 但し、よほど近接して注視しない限り気付く人も少ない、ひたすら地味で小さな、花弁も無い風媒花というのがケヤキの花なのです。

 ・サクラの花見はあれども、一緒に咲いているケヤキの花見などはありません。
 この地味な「ケヤキの花の命」(開花期間)は、“散る桜、残る桜も散る桜”(良寛)と惜しまれて散りゆく「サクラの命」((開花期間:開花してから散るまで、は、(もちろん地域や天候にも大きく影響されますが)開花から満開まで1週間、散るまでに一週間程度とすれば、通算2週間前後になりますが))より一層短い8日間程度*(個々の木:同一個体)ということで、その花を目にする機会もずっと少なくなるのです。
 ( * 索志立・橋詰隼人・山本福壽(1995). ケヤキの着花習性、開花、受粉、花粉の生産および花粉の飛散について 日林誌 77(4), 332-339. ) ( https://ci.nii.ac.jp/els/contents110002830685.pdf?id=ART0003179732 ) 

 そこでこの春、一念発起、 サクラが満開の公園で、一人寂しく「ケヤキの花見」に“専念”してきました。
 遅ればせながら、侘び寂びの境地に浸りきったその記録です。

 ・公園に植栽されている樹種は多くはありません。
 その一つのケヤキは、数えて見たことはありませんが、小規模ながら並木になっていたり、林地や草原広場、またスポーツ広場周辺に点在していて、50~60本以上はあると思います。
 いずれも盛夏には緑陰を作る大木になっていますが、近年、公園管理の年次計画として、毎年強剪定、整枝、場合によっては伐採などが行われるようになっていて、目の高さにある枝が残っているケヤキはほとんどありません。
 花を観察するためにはどうしても、手が届く程度の位置に垂れ下がった枝のある木をまず探さなければなりません。
 何回か、まだ芽吹きの始まらない公園に散歩に行った折に、,その様なケヤキを探して、1本だけ、野球場の金網フェンス脇に大きく育ったケヤキが、下枝の伐採もされずに目の位置まで垂れ下がっているのを見つけていました。
 そこに数日通って、花の開花経過を観察することが出来ました。
 もちろん、下枝には直射日光は入りませんし、垂れ下がった小枝の先は僅かの風にも揺れ続けるし、カメラの位置は目よりも上で、首は痛くなるし、で、非力なコンデジでの撮影は途中であきらめて、(褒めたことではありませんが)目視で雌花、雄花の確認できた新梢の1本を10cm程切り取って、地面に腰を下ろして撮影しました。

■ここから記録記事です。

※なお過去に経過撮影したのものも含めて記載:
 (以下の画像はすべてクリックで拡大します。)

●2018.2.6.撮影
 ・冬芽です。
 茶色い鱗形の葉(鱗片葉)に覆われています。201826

 
 サクラが開花する頃に鱗片葉がゆるみ、葉が展開します。

●2018.3.26:
 ・開花期のケヤキ。
 ケヤキの芽吹き、花序展開が始まっていました。
 花序は他の枝より先に芽吹きます。20183261

 
 3.28: 
 ・花序には葉が付いていて、普通の枝と似ています。
 ただし、花序に付く葉は普通の枝の葉より小さくて細く、一足先に展開します。3282

 
●新しい枝(花序)に付く花には雄花・雌花・両性花があります。
 (画像は左から雌花、開花した雄花、両性花)Blg_2

 
 ここから4/1~4/4の撮影画像です。

●それぞれの花の付く位置:  
 ・枝(花序)の先端部分には雌花・両性花が1~3個ずつ付きます。
 雌花は雄花に先行して開花します。
 ・基部の方には雄花が多く、数個かたまって付き、雌花に遅れて開花します。2r0015684_2

 
 ・先端に付く雌花:Photo_2

 (また花序の中間部位には雌花・両性花・雄花が見られます。)

 ここまでは垂れ下がった下枝を見上げながら直接撮影した画像です。

 次からは、新梢の一部を10cmほど切り取り観察用標品として撮影した画像です。

●雌花:
 咲き始めの花序には雌花(および両性花)の花柱が2裂した”2本の柱頭が露出しています。
 (この時、雄花、両性花の葯はまだ開裂せず、花粉は出していません。)
 ・雌花の大きさは縦、横ともに2~3mmと小さなものですが、花柱の2裂した柱頭表面には”白色の細毛状突起が密生ししていて”白いはさみ状”に見え、よく目立ちます。R0015659201841_2

 
 ・雌花の“角”(2裂した花柱の柱頭)の下の緑色部が子房。
 葉が裏を向いていますが、出たばかりの葉で長さ3~5cmぐらいのまだ小さな葉です。R0015736_2

 
 ・両性花も見つかりました。R0015760_2

 
 ・新梢の別の枝には既に一部の雄花の開花が始まり、葯が開裂して花粉を放出している花序もありました。R0015746_2

 
●雄花:
 雄花は雌花に遅れて咲き始めます。
 赤い花被に包まれていた雄花も、花被が4~5裂すると4~6コの雄蘂の葯がのぞくようになります。
 次いで開花すると雄蕊の花糸が伸び出し、雄蘂が飛び出してきます。
 そして先端にある葯(2つの袋からなっています)が熟して開裂すると、花粉が一挙に放出されます。
 (画像の上段は花被につつまれた開花前の雄花。
 下段は開花して花糸が伸び、先端の葯の袋が開裂して花粉を放出しているもの。)4r_2

 
●両性花:
 雌花の白い柱頭と、雄花の葯が見えています。
 雌性先熟で雄蕊の葯はまだ開いていません。R00157603t_2

 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・冬木枯らしが吹く頃、“2本の柱頭の角”がある、熟した果実を付けた小枝が“散布体”として風に運ばれ散布されるようになります。
 (過去ログから一部画像再掲:)24img_93721231

http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-9cd3.html

※ケヤキ(ニレ科ケヤキ属): 
 落葉高木で樹高20~25m。雌雄同種で雌雄異花。
 花期:4~5月、
 果期は初夏。秋に黒く熟す。形は不定形で、長さ約5mm。
 分布は本州、四国、九州。

             -続報があります

|

2018年4月20日 (金)

ヒナルリハナカミキリ

●ヒナルリハナカミキリ:
 図書館に行く道沿いの空地に自生したエノキなど数種の雑木の若葉が展開しています。  
 その前を通りかかった際に、目前を小さな昆虫が飛び回るので手で払いのけていたら、1匹が傍の若葉に止まりました。
 他の樹の葉にも数匹が止まったり周囲を飛び回ったりしていて、どうやら近くで一斉に発生・出現した様子。
 ポケットのコンデジで葉の上を歩き回るのを追っかけ撮影。
 上翅が濃藍色~黒緑色に光る小さな虫は、この時期どこにでも普通に見られるヒナルリハナカミキリと分かりました。
 (画像はクリックで拡大します。)R0016735_4l

4r

※ヒナルリハナカミキリ(カミキリムシ科 ハナカミキリ亜科):
 大きさ(体長) 6~8mm、平地~山地まで分布する小型のハナカミキリムシの仲間。
 体は黒色で、腹部は通常黒色だが、黄褐色となる個体もいる。
 上翅は金属光沢のある濃藍色~黒緑色で、(上翅には)まばらな短毛がある。
 春に出現するハナカミキリの中では最も普通種。
 寄主植物は各種の広葉樹で、クス類、ヌルデ、ミズキなど。(幼虫が枯れ木を食べる。)
 成虫はカエデ、ミズキ、ガマズミなど各種の花に集まり花粉を食べる。
 出現時期は4~7月、分布は本州、四国、九州。

|

2018年4月19日 (木)

ツボスミレ(別名ニョイスミレ)

●ツボスミレ(スミレ科スミレ属):
 ときおり通りかかる林縁草地に、遠目には小さな白い花を付けた貧弱な雑草のように見えて素通りしていたのを、暇つぶしに傍に寄ってみると、なんとこれまで気がつかなかったツボスミレと分かりました。
 普通に生えているスミレの一つですが、見れども見えず、ただ見過ごしていただけということでした。Img_0784_1

 
 ・草丈:
 (画像はクリックで拡大します。)Photo

 
 ・花の特徴:New

 余談ながら、昔、山地で観察したことがありました。

※ツボスミレ(別名ニョイスミレ):
 やや湿った草地や林縁にごくふつうに見られる多年草。 
 高さは5~20cmで、茎はやわらかく、倒れやすい。果期には40cm程にも大きく伸びる。 
 葉は幅2~3.5cmの扁心形で、裏面は紫色を帯びるもの、帯びないものがある。
 托葉は披針形でほぼ全縁。
 花は白色で、草丈の割に花径は0.8~1cmと小さく(参考:1円硬価の直径は20mm)、横に広がる形で、唇弁の紫色のすじが目立つ。上弁と側弁に毛があり 花柱の先端は少し張り出す。
 踞は長さ2~3mmと短く丸い。 
 花期は4~5月、分布は日本各地。

|

2018年4月18日 (水)

スミレ6種

 3月下旬から4月初旬の、春たけなわというか、冬と夏を忙しく行ったりきたりする身近のフィールで見かけたスミレ類。

 図書館で借りた図鑑『日本のスミレ』を見ても、素人のため分からないものもありました。
 (以下の画像はクリックで拡大します。)

●アリアケスミレ:
 3/26撮影,草原広場で:327

 
●ノジスミレ:
 3/28撮影:328

 
●ヒメスミレ:
 3/26~4/5撮影、公園林床で:32645

 
●スミレ:
 4/5撮影:
 一番元気よく繁殖していたのは、”お犬様”のお立ち寄りどころ、街中のコンクリート電柱の根元吹きだまり地面:45

 
●タチツボスミレ:
 4/5撮影、公園林床で:45_2

 
●不明のスミレ:
 (野生化したアメリカスミレサイシンかも?)
 4/10撮影、開けた林縁裸地で:410

|

2018年4月17日 (火)

ヒヨドリジョウゴ発芽

 昨年11月末に、公園で拾ったヒヨドリジョウゴの種を播いて放置したまますっかり忘れていた植木鉢。

 先日、抜いてもまた直ぐに増えてくる雑草にウンザリしながら草取りをしていて、庭木の陰にあった植木鉢に、何やら新芽がいっぱい生えているのに気がつきました。
 すぐには何だったのか思い出しません。
 2、3日してから、ヒヨドリジョウゴの種を播いたことを思い出しました。
 (脳味噌の劣化が恐ろしいことです。)

●ヒヨドリジョウゴ種まき:
 2017.12.1:
 採取していたヒヨドリジョウゴの熟果を、洗面器の水の中で潰しながら種を取り出しました。Img_8349ct_21

R0015156_1

R0015156_2
 
 それを赤玉土を入れた植木鉢に播いて、庭木の下に放置。
 その後はすっかり忘れてしまって成り行きになり、水遣りなど一切していません。

 
●2018.4.5:
 土表面がすっかり乾いて白っぽくなっていた鉢に新芽がたくさん生えているのに気がつきました。
 鉢鉢の端の方の新芽は乾燥で萎縮していました。
 他所から紛れ込んだ雑草にしては数が多く、揃いすぎているので、何か播いたのかも知れないな、と間抜けなことですが、とりあえずじょうろで水遣り。R001652412_1

R001652412_2

 写真を撮ってからwebで「芽生え」の画像を見ていたところ、ヒヨドリジョウゴに思い当たった次第です。

 余談ながら、今回はっきりしたことは、ヒヨドリジョウゴの種は丈夫で高い発芽率らしいこと。
 これだけの繁殖力があれば、仮にヒヨドリに食べられて”鳥散布”されるなら、一帯はヒヨドリジョウゴだらけになるはずですが、どう見てもその様な光景は近隣では目にしません。 
 ヒヨドリジョウゴは有毒植物です。
 ヒヨドリが好んで大量に食べるということなどはないはずで、(少しなら食べることがあるにしても)なぜなら、小鳥の冬の食糧である果実類がすっかり食べ尽くされた冬にでも、遅くまで赤い実が残っているのですから。

 それはともかく、いっぱい生えて来たヒヨドリジョウゴはどうしたものか・・・。

|

2018年4月13日 (金)

第71回示現会展

 会期が残り少なくなった先日、かねてから予定していた一般社団法人「示現会」の第71回示現会展に行ってきました。
 一般入選を加え1000点を上回る作品が陳列されるという充実した展覧会で、じっくり観賞するには昼食をはさんで数時間かかり、文字通り足が棒になりましたが,快い疲れでした。

   なお、会場で案内責任者の方から写真撮影OK、また個人的なブログに写真掲載も可、との確認を頂きましたのでメモ記録としました。

■会期:2018年4月4日(水)~4月16日(月)
■会場:国立新美術館 (東京都港区六本木7-22-2) 
 なお本展終了後、4月25日以降に巡回展が企画されています。
 スケジュールは下記のHP参照。
 http://www.shigenkai.jp/exhibition/

 
●会期中行われていた複数展覧会の案内:
 (以下の(画像はすべてクリックで拡大します。)Img_1370

 
●昼食時間帯で、参観者の姿が少なくなる頃を見計らった示現会展会場の雰囲気を切り取り。Photo

 
●「塔のある村」 佐藤祐治様作品:Img_1379

 精緻な筆遣いで描かれた大作の前で足が止まりました。
 どれほどの細部まで書き込まれているのかと大きなキャンバス(素人の私には正確なところは分かりませんが、キャンバスサイズp100号?)の直前で膝を折って覗き込みました。
 驚いたことに絵の下段中央左よりの建物風景の周り、あちらこちらに、何と複数の”猫”がいたのです。  
 その猫たちの部分です。Photo_2

Img_1386

 猫の原画サイズはおよそ1.5cm前後だったでしょうか。
 そんな私の姿を後方から迷惑そうに見いた方に”猫がいます”、と告げると、やはり驚いて前に出て覗き込んでおられましたね。

(余談ながら,原画をパソコン拡大画面で見ると、確かに見つけることが出来ましたが、ブログに貼り付けた縮小画像では無理のようです。)

|

2018年4月11日 (水)

ハシビロガモ、ヒドリガモ、婚姻色のコサギ

 晴れて強風が吹きすさぶ池の奥に、北帰行の途中の小休止で池に降りていたハシビロガモ数羽とヒドリガモ一つがいの姿がありました。
 多分今シーズン、当地ではこれが見納めかも知れません。
 (撮影4月9日)
●ハシビロガモ:49

 
●ヒドリガモ:1

 昔のような静かだった池の環境がすっかり失われた昨今では、飛来する水鳥の姿は激減しました。

 
●婚姻色のコサギ:
 同じ日、街裏を流れる用水路に1羽のコサギが降りて餌を探していました。
 池ほどの強風ではありませんが、時折吹く風に、夏羽根で長く伸びた後頭部の2本の長い冠羽と、背の、先がカールした飾り羽をなびかせながら、目先は婚姻色のピンクに、黄色い足指も赤味が増したオレンジ色になっていて、繁殖期の訪れを告げていました。
 (画像はクリックで拡大します。)Img_0657

Img_0658

Img_0659

Img_0660

|

2018年4月10日 (火)

オスグロハバチ(♂)

●オスグロハバチ♂(ハバチ科):
 ツクシがスギナに姿を変えてきた堤防草地を通り抜けた自転車の前カゴにくっついていたハバチ。
 しばらくカゴの上を歩き回ってから飛び立ちました。
 体型などの外観はセグロハバチに似ていますが、全身がほぼ黒一色。
 Web上の画像などと絵合わせをして、初めて観察する「オスグロハバチの♂個体」としましたが、確信はありません。R0016080_1

R0016080_2

R0016080_3

R0016080_4

※オスグロハバチ:
 体長8mmほど。♂は全身黒色だが、♀では胸部が赤褐色で、小楯板と胸部中央付近が黒色。
 出現時期は4~6月、分布は日本各地。

|

2018年4月 9日 (月)

クロハネシロヒゲナガ(♀)/ノヂシャ・スズメノエンドウ・カラスノエンドウ

●ノヂシャ:
 毎春、主にネズミムギなどの雑草が日毎に勢いを増してどんどん伸び出している堤防の草地。
 既に3月から花を開いているスズメノエンドウやカラスのエンドウ(ヤハズエンドウ)などに絡まれたり、他の雑草に埋もれかかったりしながら、何とか頭をのぞかせていた数株のノヂシャ
 これまでの記録では最も早い観察でしたが、この場所では群落を形成する前に、他の雑草に覆い被されて埋没してしまうことでしょう。R0016085

R0016094

※ノヂシャ(ノジシャ):
 (侵入生物データベース > 日本の外来生物 > 維管束植物 >ノジシャ)
 ヨーロッパ原産の1~越年草。
 繁殖期(花期)は4~6月、場所により4月中旬頃には優占種になることも。
 花径1.5mm。 淡青色の小さな花をびっしりつけ、長楕円形の苞葉が目立つ。
 花は漏斗状で先端は5裂する。雄蕊は3個。花の下部には大きなまるい子房がある。
 明治初期に侵入し、全国に移入分布。

 
スズメノエンドウ、カラスノエンドウ
 ・伸び出したネズミムギの草叢に、R0016077

 
 ・花を付けたスズメノエンドウ、R0016075

 
 ・カラスノエンドウ。R0016079

 
●クロハネシロヒゲナガ(♀)初見:
 止まない風に揺られてなかなかピントが合わないノヂシャ。
 時折、風が弱まる瞬間を待っていた目先に、まったくの偶然、1匹のクロハネシロヒゲナガの♀が飛んできて、至近距離のネズミムギの葉先に静止。
 こちらも周囲の揺れるネズミムギの葉が視野の中に揺れ込んだりしてなかなかピントが定まりませんでしたが、何度もシャッターを切っているうちに、運良くブレのない画像が1枚撮れました。
 触角の形状から直ぐに♀と分かりました。触角の1部が欠損した個体でした。
 (画像はクリックで拡大します。)R0016069

 なお過去の記録では最も早い観察でした。
 撮影後に少し近辺を探してみましたが、他にはまだ見当たりませんでした。

※参照過去ログ:
http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-81a3.html

|

2018年4月 7日 (土)

フジ(ノダフジ)開花/コチドリ

 昨日(4/6)は当地も強風が吹き荒れる春の嵐に見舞われました。
 そして本日7日は曇天で17℃と予報より寒くなり、寒気第二波が日本付近に南下したため明日から9日(月)にかけて更に「厳しい寒の戻り」が予想されるという。

 その様な天候のもとでも、やはり3月中旬以降は総じて気温が高かったことで、ご近所のお庭のフジ(ノダフジ)が早くも開花して、優雅な香りを漂わせていました。

●フジ:Photo

 
 今春はサクラのみならずフジも、街路樹のハナミズキも開花が例年よりかなり早いようです。

 ・ハナミズキ:Blg

 
 ・農家の畑にリンゴの花:R0015806

 
●コチドリ(夏鳥):
 ほぼ例年のとおり、コチドリが姿を見せました。
 3羽が池の水門のゲート付近で餌を探していたようです。
 近くに留鳥のハクセキレイがいたのですが、近よって来ると大きな鳴き声を発してモビング(mobbing)し,追い払っていました。
 (画像はクリックで拡大します。)

 今シーズン初見です。Img_05853

 
●ツグミ(冬鳥):
 もう北へ帰る時期ですが、まだ田圃をウロウロしていたツグミです。Img_0609

 
 ・池の上空をツバメが一羽、横切って行きました。(写真撮れません。)
 .こちらも初見。
 例年、田植えの準備が始まる4月下旬くらいにならなければ、食住の”生活環境”が整わないので、それまで田圃域では多くの姿は見られません。

|

2018年4月 5日 (木)

ナノハナ、イタドリ

 堤防草地で。

●ナノハナ:
 草地に菜の花の黄色が増えて来ました。Img_0464_1

Img_0464_2

Photo_2

 在来種の菜の花は少数で、セイヨウアブラナが咲いて、これに少し遅れてセイヨウカラシナが咲き出しますが、ここではセイヨウカラシナが多数を占めるようになっています。
 こちらは草丈が人の背を越えるほどに伸長、繁茂して初夏には迷惑雑草と化します。

 
●ナガメ:
 3月下旬、まだ菜の花が伸び出していなかった時に、1匹だけシロツメクサの葉上で日向ぼっこしていたナガメです。Img_0259

 名前の通り菜の花につくカメムシで、菜の花に群がっているのを多数見かけるようになります。

 
●イタドリ(タデ科):
 イタドリ若芽:
 緑色の堤防道端にひときわ目立つアズキ色をしたイタドリの若芽が伸び出していました。Img_0520

Img_0520_2

 茎は中空で草丈は2m近くになる雌雄異株の多年草で、どんどん生長してこちらも迷惑雑草になります。
 9月頃には小さな白い花を多数つけるようになります。
 花には雄花と雌花がありますが、堤防草地ではその前に除草されるので目にすることは殆どありません。

|

2018年4月 4日 (水)

ホタルカズラ開花、コイの遡上始まる

 本日の当地は高温(26℃)の春霞で、遠景は何も見えず、6月下旬並と暑い1日に。
 公園や街中のサクラ(ソメイヨシノ)は完全に散り、八重桜が一気に満開に。
 ハナミズキも既に開花しています。
 ところが明日からは、これまで続いていた季節外れの“暖かさ”が一転して平年並みに戻り、更にその直後から3月の気温に逆戻りという予報。
 
 何ともこの春は落ち着きがありません。

 
●ホタルカズラ開花:
 どんどん生えて来る雑草を抜いていたら、こちらも突然のようにホタルカズラが青い花を開いていました。Photo

 
●ハナニラ(園芸種):
 まさに雑草なみの勢いで、毎年、間引いても間引いても蔓延るハナニラ2種:Photo_2

 
●ユキワリソウ(園芸種):
 1昨年、野良猫に根こそぎ掘り起こされて枯れてしまった後に、新しく植えた一株のユキワリソウが初めて一つだけ花を開いていました。
 シックな花色でした。Newc

 
●コイの遡上始まる:
 また先日は川で鯉の遡上、産卵が始まったのも目撃しました。
 この後は少しずつ数を増していきます。
 (撮影2018.3.28)Photo_3

 ホタルカズラ開花も、コイの遡上も、昨年の記録よりかなり早い観察です。

|

2018年4月 2日 (月)

木の葉で折り紙もどき

 庭先に長期放置したままのプランターに(鳥散布により)自生したシロダモの苗木があります。
 放任して3年近く経過しますが、大きさは40cmほどのままで、それほど成長もせず、しかし枯れもせずに埃を被っています。Img_9114

 
 つれづれなるままに、下の方のきれいな葉を1枚とって暇つぶし。

■細書きの油性マーカーで切り込み線を書き、ハサミで切り込みを入れてから、折り紙の要領で山折り/谷折りして出来上がった怪しげな”作品”です。Photo_4

 
■似たような別の木で葉っぱでくりかえして見ました。Blgs

Blgset

 直ぐに飽きます。センスがないことも良く分かりました。

 
■保存できませんから、1つラミネートして文庫本の栞にしました。Photo_5

|

2018年4月 1日 (日)

散りゆく桜

 4月スタート。
 人間界ではエイプリルフール、というより“新年度のスタート”という方がニュースになる昨今。
 自然界では全国的にサクラの開花から散り始めが平年よりかなり早いと言う報道も。
 
 古来、日本人はその“古さが増す”ごとに、桜の花に特別の情感を抱くものらしいですね。

 桜、花にまつわる詩歌:

● 「散る桜 残る桜も 散る桜」:良寛 (辞世の句とされる2句の一つ。)
 (なお、もう一句は「うらを見せ おもてを見せて 散るもみぢ」。
 こちらは、芭蕉の友人であった谷木因に「裏ちりつ表を散りつ紅葉かな」という句があり、良寛の「うらを見せ……」の句はこの木因の句を踏まえて詠まれたものである、とのこと。)

● 「さまざまな事思ひ出す桜哉」:芭蕉

■「年々歳々花相似たり、歳々年々人同じからず」
  漢籍(唐代の詩人、劉希夷(651~680?)の「代悲白頭翁」と題する詩の第4節。

 古人復洛城東無
 今人還対落花風
 年年歳歳花相似
 歳歳年年人不同
 言寄全盛紅顔子
 応憐半死白頭翁

 
●公園の満開の桜も足早に散りゆく桜に。
 ・芝生広場も散り敷いた花びらで薄いピンクに:Photo

 
 ・時折強めに吹く風に運ばれて川面には花筏:
 (画像はクリックで拡大します。)Img_0506

 
 ・花びらの流れる水路にハクセキレイ:6r

 
 ・川にはオオバン:Photo_2

|

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »