« エゴノキ開花/結実 | トップページ | ムラサキカタバミ »

2018年6月 7日 (木)

ネズミモチ、ナツツバキ、ヤマボウシ、サクラの実

 梅雨入り前までに開花した公園のありふれた花木など。

 順に
●ネズミモチ:
 近隣では生け垣などにも仕立てられているありふれた樹種。

●ナツツバキ(ツバキ科ナツツバキ属):
 涼しげな印象を与える植栽のナツツバキ。
 強剪定が行われた後で、花数はごく少数でした。
 花期は6月~7月初旬、分布は本州(宮城県以西)、四国、九州。

●ヤマボウシ:
 白い花弁に見えるのは総苞片。 雌雄同株なので、一本でも実をつけます。
 秋に赤く熟した実は甘く、そのまま生で食べることが出来ますが、野鳥のものでしょう。

●サクラの実:
 桜並木(ソメイヨシノ)の1本のサクラだけに実がなっていました。
 紫黒色に熟すまで待ちきれない野鳥の餌になっている様子。 Photo

|

« エゴノキ開花/結実 | トップページ | ムラサキカタバミ »

植物」カテゴリの記事