« クヌギエダイガフシ(虫こぶ) | トップページ | キンモクセイの香りが漂いはじめる »

2018年9月22日 (土)

ゴマダラチョウ

 先の過去ログの続きです

 若枝に虫こぶの「クヌギエダイガフシ」が多数できていた池端植栽のクヌギ小木を覗き込んだ際に、ゴマダラチョウがいるのに気がつきました。

●ゴマダラチョウ:
 何をしているのかとそっと近寄ってみると、虫こぶができた枝に、樹液かどうか不明ですが小さな白い塊のような分泌物が付着していて、その傍にナミテントウが2匹くっついていて、その白い塊に黄色い口吻を伸ばして差し込んでいたのでした。
 樹液?の吸汁に来ていたのでしょうか。

 ・ゴマダラチョウ:
 上から見下ろしてみたら、虫こぶの上に止まっていた。
 何をしているのか。1r0017789

 
 ・葉が邪魔で、アングルを変えて見下ろしてみた。
 下方に黄色い口吻を伸ばしていた。
 近くにナミテントウもいた。
2r0017789

3r0017789

 
 ・様子が分からないので今度は下方から見上げてみたら。
 白い分泌物が付着していて傍ナミテントウ2匹、その左奥に(ピンぼけで判然としませんが)ハエの仲間がいて、分泌物の中にゴマダラチョウが伸ばした黄色い口吻が差し込まれていた。4r0017789

 
 ・もっと近寄ったらゴマダラチョウは飛び立った。
 2匹のテントウムシは動かない。R50017789

 時はあたかも「西日本豪雨(平成30年 7月豪雨)」による大災害に見舞われていた真っ最中。
 その暴風雨の僅かなすきまの1日、当地で目にした小さな自然の世界。

|

« クヌギエダイガフシ(虫こぶ) | トップページ | キンモクセイの香りが漂いはじめる »

昆虫」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事