« 静かに進行する秋/ヒメアカタテハ、ナツアカネ、クサギ結実など | トップページ | 草叢の昆虫類ビロウドサシガメ、バッタなど、その他 »

2018年10月14日 (日)

コウホネ

●コウホネ(スイレン科コウホネ属):
 先の台風24号通過の翌日(10/2)、近隣の川で見かけたコウホネです。
 農地を流れる水深の浅い水路にある群生で、大きな葉は傷んでいるものが多く、また花は数輪見つけられた程度で、花も終わり頃のようでした。
 なお、自生株なのか、植栽されているものかは不明でが、毎年、花の季節に行けば観察できるので、記事は繰り返しです。Img_30150

Img_3015_1

Img_3015_2

 ※コウホネは水位変動の少ない湖沼、池、川などに群生する抽水性の多年草。
 根茎は泥中を横走する。葉は濃緑色で艶があり、大きさ(長さ)30cmをこえるものもある長楕円形で、基部は矢尻形。
 花は濃黄色で大きさ3~6cm。大きな5枚の花びらに見えるのは萼片で、その内側に多数ある巻いたリボン状のものが花弁。
 中心部に雌蕊、その周りを多数の雄蕊が取り囲んでいる。
 花期は6~9(10)月、分布は日本各地。
 なお近年、地域によっては自生株が減少しているそうで、大阪府レッドリスト「絶滅危惧Ⅱ類」など絶滅危惧種に指定されている場合もあるようです。

|

« 静かに進行する秋/ヒメアカタテハ、ナツアカネ、クサギ結実など | トップページ | 草叢の昆虫類ビロウドサシガメ、バッタなど、その他 »

植物」カテゴリの記事