« 身近なチョウも見納めの時期に | トップページ | キリ(桐)の果実とフリルのある種 »

2018年11月27日 (火)

クスノキ、ピラカンサ、クロガネモチの果実

●”木守柿“:
 ゆっくりながらも深まりゆく秋。
 収穫も終わり、木守柿だけが残るようになった柿の木からヒヨドリのやかましい鳴き声も聞かれなくなったなった住宅街。
 青空に一直線の“白帯”を引きながら飛び去る一機のジェット機。Img_3368

 
●公園植樹の木の実:
 ・クスノキ:
 多数植栽されたクスノキ大木の樹冠から、群れ騒ぐヒヨドリの声だけが降ってきます。
 青かった果実(液果)も今は果紫色に熟していて、人の目に曝されない上部の果実は既に大部分食べられているようです。
 遊歩道の頭上に張りだした枝にはまだ少し残っています。
 人の気配がある間は近寄らないからでしょう。Img_3373

Img_3372

 
 ・ピラカンサ:
 毎年たわわに橙赤色の実をつけますが、未だにヒヨドリ、ムクドリに食べられる様子はありません。
 遊歩道近くとあって,近寄れないことも一因かも。Img_3369

 
 ・クロガネモチ:
 状況はピラカンサと同じです。警戒心など忘れてしまうほどひもじくなる厳冬期になると、ピラカンサ、クロガネモチいずれの実も少しずつ無くなっていきます。Img_3370

Img_3371

 
●ヒヨドリ:
 遊歩道から一番離れた奥の桜の樹で休息?していたヒヨドリ2羽。Img_33351110

Img_3336

|

« 身近なチョウも見納めの時期に | トップページ | キリ(桐)の果実とフリルのある種 »

植物」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 身近なチョウも見納めの時期に | トップページ | キリ(桐)の果実とフリルのある種 »