« キリ(桐)の果実とフリルのある種 | トップページ | カンムリカイツブリ(冬鳥) »

2018年12月 5日 (水)

ハクセキレイ

 秋と冬が行きつ戻りつして、最高気温の日間変動は10℃前後もの乱高下を繰り返す昨今。  
 畑のホウレンソウなどもところによって”巨大化”していたり、生育が遅れていたり。
 秋に一応草取りを済ませたはずの庭の空き地には、気がつけば不明の同じ種類の雑草が蔓延って居たりして、生来の怠け者には何だか改めて草取りもやる気が起こりません。

●ハクセキレイ:
 町裏を流れる流水量の少ない排水路にハクセキレイが暇そうに降り立っていました。
 直ぐに逃げる様子もありません。
 ハクセキレイは、クモやミミズなども食べますが、基本的に雑食性の鳥。
 稲刈りが終りになる頃までは、時折、田圃の上を飛んでいる蛾やトンボなどを追いかけ、ホバリングして器用に捕食する光景を目にしていましたが、現在はその様な環境がないため、見かけるのはもっぱら水辺に降りて何やら探している姿です。Img_3487

 
 ・カメラ目線:Img_3488

|

« キリ(桐)の果実とフリルのある種 | トップページ | カンムリカイツブリ(冬鳥) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キリ(桐)の果実とフリルのある種 | トップページ | カンムリカイツブリ(冬鳥) »