« ツグミ、カンムリカイツブリ | トップページ | コハコベ »

2019年1月10日 (木)

カラカラ天気の続く冬のフィールド

 昨日の市街地は上空から降ってくる轟音と共に地上にはゴミが舞い上がり、風に向かっては歩けない程の強風の荒れ模様。
 そして今日は最低気温-5℃と冷え込み、日射しがなかった日中の最高気温は4℃程度と冷蔵庫に入っているような天気に。
 両日、やむを得ない所用のため外出しましたが散々でした。

 過去4週間近く雨らしい雨もなく、ここ2週間は乾燥注意報が出されっぱなしで、フィールドもカラカラ。
 明日は冷え込みも弱まり-1℃、最高気温は12℃の予報で、この先も当分は晴れの天気が続く予報になりました。

 ・枯れて乾ききった田圃の向こうに筑波山遠望。Img_3701

 
 ・畑の脇のイチョウは丸裸ですが、Img_3661

 
 ・ならんで生えているキリの開裂した果実(さく果)の果皮は強風にも落下すること無く、大部分は残っています。
 (但し中に入っていたフリルのある種子の大部分は飛散したことでしょう)Img_3663

 
 ・農家の屋敷林のムクロジもたくさんの実をつけていて、まだ殆ど落下せずに揺れていました。 Img_3716

Img_3717trm

|

« ツグミ、カンムリカイツブリ | トップページ | コハコベ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ツグミ、カンムリカイツブリ | トップページ | コハコベ »