« 種の減少・フェルアールミック | トップページ | セグロカモメの魚捕り »

2019年1月14日 (月)

シジュウカラ、ヒヨドリ、オニグルミ冬芽と葉痕

●冬晴れの直射日光をまともに浴びる日は、暖かいのを通り越して薄着でも汗ばむほどで、気分も何となく陽気になるのですが・・・
 (画像はクリックで拡大します。)Img_4100

 
 ・川岸に自生したオニグルミの冬芽と葉痕維管束痕:Img_4159

 
 ・公園には人影も少なく、小鳥の姿も僅か。
 それでも2、3羽のシジュウカラが桜の樹の間を忙しく動き回っていました。Img_3539

Img_3545

Img_3546

 
●日が変わると天気一転、下り坂の曇天で冷たい風が枯れ野原を吹き抜ける冬寒のフィールドは、まさに “山里は 冬ぞ寂しさ まさりける 人目も草も かれぬと思へば (源宗于)の陰鬱な気分・・・Img_4203

Img_4205

 
 ・公園脇を流れる川の、日陰になる擁壁に開いた雨水排水口の水溜まりに、なぜか数羽のヒヨドリが集まって水を飲んでいる姿にも、どこか侘びしさを感じてしまいました。Img_4294

Photo

|

« 種の減少・フェルアールミック | トップページ | セグロカモメの魚捕り »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 種の減少・フェルアールミック | トップページ | セグロカモメの魚捕り »