« ミシシッピアカミミガメ、早くも冬眠から覚める | トップページ | ミシシッピアカミミガメ&ツグミ »

2019年2月21日 (木)

田圃の冬耕起など

 1月下旬頃から、冬晴れの日には近郊のところどころの田圃でトラクターによる冬耕起/冬鋤が行われています。
 土と稲ワラ(切り株)を混ぜる事により微生物が稲ワラを分解して次の稲作の肥料になる等の効果があるそうです。
 ただ、降雨量が少ないため、作業時には土煙が舞い上がって近くの道は通る気になりません。
 それはともかく、折角、冬鋤をしても、その後に適切な降雨が無いので、稲わらは乾いたままで微生物による腐植分解はなかなか進んでいないように見えます。
 その様な、耕起作業中の、また耕起が終わっている田圃にも、掘り起こされた土中にいた昆虫類や小動物類などの“餌”目当てに、ムクドリやスズメ、またカラス、ハトなどが集まっています。
 (画像はクリックで拡大します。)

●ムクドリ:Img_5048

 
●スズメ:Img_5052_1

Img_5052_2

 
●カラス:Img_5053

 
●カワラヒワ:
 近づいたら直ぐに近くの街灯電電に逃げました。
 10羽くらい並んで止まったその一部。Img_5047

 
●また今シーズンは少ないツグミですが、田圃で初めて見かけた1羽です。Img_5046

 
 当地の昨日は曇天でしたが南寄りの強い風が吹いて最高気温は19℃まで上がり、本日は少し下がりましたが14℃と連日すっかり春の陽気に。

 ・日溜まりの草むらにはテントウ虫が1匹這い出していました。S

 
 ・また散歩コースに数十本あるカワヅザクラの内の1本だけですが、数輪の花がほころび初めていました。Img_5056

 
 ・公園のスギ花粉も適当な降雨があってその後晴れて風が吹けば、直ぐに飛び出す飛散体勢は完了しています。Photo

|

« ミシシッピアカミミガメ、早くも冬眠から覚める | トップページ | ミシシッピアカミミガメ&ツグミ »

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

植物」カテゴリの記事

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミシシッピアカミミガメ、早くも冬眠から覚める | トップページ | ミシシッピアカミミガメ&ツグミ »