« 今冬、池に飛来したミコアイサ5回目、最後の記録 | トップページ | キタテハ初見 »

2019年3月17日 (日)

モンシロチョウ、ヒドリガモなど

 昨日は晴れていたのに、午後いきなりシャワーのような雨。
 ごく短時間でうそのように止みましたが、屋外で見舞われた人はずぶぬれになったでしょう。
 ここ数日、一日のなかでも大きく天候が変動するので外出はどうしても控えめに。

 スギ花粉の飛散はもうずっと「非常に多い」状態。

 

 
● 池には水鳥などに姿はなく、
 (画像はクリックで拡大表示されます。)Img_5273

 
●川に、ごく少数の冬鳥コガモ♂♀(上)ヒドリガモ♂♀(下)が飛来していました。
 移動中の立ち寄りだったのでしょうか。Photo

 
●未舗装で、枯れ草がまばらに残っている農道には、少数のカワラヒワが飛来して、草の種などを探してついばんでいるようでした。Img_5255

 
●堤防筋や草原などに生える「菜の花の仲間」は、何故か殆どがセイヨウカラシナで占められるようになっていて、まだ開花は少ないですが、モンキチョウ、モンシロチョウがひらひら舞飛んでいます。Img_5256

Photo_2

 
●庭植えの園芸品種ユキワリソウが満開になりました。
 好天の日中には大きく花開きますが、曇天や雨降の日、そして(好天でも)夜間には完全に閉じています。R0019126_2

 そして花弁の開閉運動がなくなったら散り時です。

 

|

« 今冬、池に飛来したミコアイサ5回目、最後の記録 | トップページ | キタテハ初見 »

昆虫」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今冬、池に飛来したミコアイサ5回目、最後の記録 | トップページ | キタテハ初見 »