« 婚姻色のアオサギ | トップページ | 散るさくら »

2019年4月 7日 (日)

移り行く歳月

 4月1日、新元号が「令和」と発表されて、今月いっぱいは、”平成最後の”が枕詞になりました。
 ともあれ私にとって一番長いのは「昭和」、次いで「平成」、そして「令和」と生き長らえることになりました。
 平和で心豊かな時代になりますように。

4/1:正午のTVニュース画面から。Img_2338
Img_2339

 

4/2:市街地の歩道隅にスズメウリとカラスウリが花をつけ、庭のスズランスイセンが開花し、ヒトリシズカは満開になり、
   また野良猫に掘返されてすっかり弱っていた園芸種の雪割草株が、やっと花一つ開きました。Img_5361
Img_5362 
Img_5386

Img_5388

Img_5389

 

 ・陽だまりに、今期はじめてのナミホシヒラタアブがやってきました。Img_5370-2

 

4/4:”平成最後”のサクラの開花が進んでいた公園の裏を流れる川には、まだ居残っている”平成最後”の少数のコガモがくつろいでいて、池には北国へ帰る移動途中のヒドリガモの姿がありました。(”元号”などは人間のすることに限定ですね。)Img_5418
Img_5417

Img_5458
Img_5459

 

4/6:近隣のサクラ名所の県立公園は満開になった花々を鑑賞する観光客でにぎわっていました。Img_5432-1
Img_5432-2
Img_5432-3

 

 ・また近くの小学校の校庭のサクラや、Img_5453

 

 ・散歩コースの公園の桜も満開に。”名所”の混雑には無縁の特等席「独り占め」ですね。Img_5462_1

 来週は寒の戻りで寒くなるという天気予報なので、いずこのサクラも長持ちするかも。

 

●公園の林床にはタチツボスミレやヒメスミレが花を開いていました。Img_5403

R0019164-1
R0019164-2

|

« 婚姻色のアオサギ | トップページ | 散るさくら »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 婚姻色のアオサギ | トップページ | 散るさくら »