« ウワミズザクラ満開 | トップページ | 10連休中/ムナグロなど。 »

2019年5月 1日 (水)

2019年(令和元年)5月1日(水)

「平成から令和に」

 途切れることのない日本の歴史時間の流れに、また1つの新しい区切りが付きましたね。

 TV画面から:
●2019年(平成31年)4月30日(火)
 退位礼正殿の儀:1img_2364 
2img_2363

 

●2019年(令和元年)5月1日(水)
 ・剣璽等承継の儀:3img_2374

5img_2370

 

 ・即位後朝見の儀:7img_2388

8img_2403

 

・余談:
 ふと脳裏に浮かんだ有名な一句:

    去年今年貫く棒の如きもの (高浜虚子「六百五十句」)

  (※昭和25年12月20日、虚子76歳の作。”棒“という、どこにでもある具体的なものを比喩的に使って”時間の本質“を端的に喝破した、との評も。) 

 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●カラスノエンドウとスズメノエンドウ:
 4月下旬、不安定な天候のせいで農作業もはかどらない田んぼ畔際に、カラスノエンドウとスズメノエンドウが今を盛りと競い合うように豆果をつけていました。Img_5656

 ・カラスノエンドウ:Img_5659

 

 ・スズメノエンドウ:Img_5657

 この時期急いで結実し、熟した種を散布しておかないと、何時、人間により排除されて世代交代・繁殖の機会を失うかわからないからです。  
 案の定撮影後3日後にはきれいさっぱり刈り取られ、根元はバーナーで焼かれてすっかり裸地になっていました。
 その後2日続いた晴天の日には、田植えが始まっていました。

 残念ながら、春先に大型の雑草が皆無のあぜ道に生えたのは失敗だったようです。

 

●ノヂシャ:
 礫地にも点在していました。R0019203

 

●アリアケスミレ:
 草原で、一番きれいな花時です。2r_3

 

|

« ウワミズザクラ満開 | トップページ | 10連休中/ムナグロなど。 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウワミズザクラ満開 | トップページ | 10連休中/ムナグロなど。 »