昆虫

2018年9月22日 (土)

ゴマダラチョウ

 先の過去ログの続きです

 若枝に虫こぶの「クヌギエダイガフシ」が多数できていた池端植栽のクヌギ小木を覗き込んだ際に、ゴマダラチョウがいるのに気がつきました。

●ゴマダラチョウ:
 何をしているのかとそっと近寄ってみると、虫こぶができた枝に、樹液かどうか不明ですが小さな白い塊のような分泌物が付着していて、その傍にナミテントウが2匹くっついていて、その白い塊に黄色い口吻を伸ばして差し込んでいたのでした。
 樹液?の吸汁に来ていたのでしょうか。

 ・ゴマダラチョウ:
 上から見下ろしてみたら、虫こぶの上に止まっていた。
 何をしているのか。1r0017789

 
 ・葉が邪魔で、アングルを変えて見下ろしてみた。
 下方に黄色い口吻を伸ばしていた。
 近くにナミテントウもいた。
2r0017789

3r0017789

 
 ・様子が分からないので今度は下方から見上げてみたら。
 白い分泌物が付着していて傍ナミテントウ2匹、その左奥に(ピンぼけで判然としませんが)ハエの仲間がいて、分泌物の中にゴマダラチョウが伸ばした黄色い口吻が差し込まれていた。4r0017789

 
 ・もっと近寄ったらゴマダラチョウは飛び立った。
 2匹のテントウムシは動かない。R50017789

 時はあたかも「西日本豪雨(平成30年 7月豪雨)」による大災害に見舞われていた真っ最中。
 その暴風雨の僅かなすきまの1日、当地で目にした小さな自然の世界。

|

2018年9月21日 (金)

クヌギエダイガフシ(虫こぶ)

 過去ログです。

 7月初旬、草原に植栽されているクヌギ小木(環境が悪くて大きくならない)に新しくできた黄緑色の虫こぶ(虫癭)「クヌギエダイガフシ」が多数できているのを見かけました。

 新しい虫こぶを目にしたのは初めてだったので記録に。

●クヌギエダイガフシ:
 虫こぶは“クヌギエダイガタマバチ”の寄生によって、クヌギの若い枝組織が異常な成長をすることで形成されたものです。
 タマバチが産卵管を植物体に差し込み、内部に産卵し、初めのうちは目立ちませんが、孵化した幼虫が蛹へと生長していく間に大きく膨れあがり、色づいていきます。
 外観は直径2cmほどの、ほぼ球形で、軟毛が密生したイガ状の突起が群生していて、果実のようにも見えます。
 単独で出来ている場合と群生して繋がって見える場合があります。
 (画像はクリックで拡大します。)Photo

 
 ・8月下旬に見た時、外観は褐色に変化していました。Photo_2

 なお、その後は観察していません。

 
※「クヌギエダイガフシ」は『単性世代の虫こぶ』で夏(7~8月)に形成されます。
 虫こぶ中のクヌギエダイガタマバチ幼虫は9月頃にサナギになり、10月に羽化し、穴を開けて外に出ます。
 この時出てくる成虫(クヌギエダイガタマバチ)はすべて雌で、雄は出てこないそうです。
 この成虫は秋から春先にかけてクヌギの”雄花の冬芽”に産卵します。
  そして、これによりクヌギの“冬芽”の雄花が展開する時に形成される虫こぶは、夏期に若いエダに形成される虫こぶとは外観も名前も異なり、「クヌギハナコツヤタマフシ」と呼ばれ、『両性世代の虫こぶ』になるのです。(こちらはまだ観察したことはありません。)   
 この虫こぶ(クヌギハナコツヤタマフシ)からは、雄と雌が出てきます。
 そして交尾するとクヌギの若枝に産卵するという2世代交代を繰り返しているという、何ともふしぎな生きものの世界です。

|

2018年9月17日 (月)

7月中旬の公園林縁で/コナラ樹液に集まる昆虫

 過去ログです。

 異様な暑さの続いていた7月中旬、体温を超えた猛暑日の公園で。
 じっと立っているだけでも、汗が噴き出してくる、むせかえるような湿熱に包まれた公園林地。
 当然ながら人気は無く、セミの鳴き声なども皆無でした。

 樹液を求めて常連の昆虫が集まってくる”樹液酒場”になるコナラの樹表面はカラカラに乾ききっていて、目視した限り、樹液が浸みだしているような割れ目は見当たりません。
 その様な状態下にも、樹液を求めて数種の昆虫が集まっていました。
 当然ながら個体数は僅かで、また普通は一番幅をきかせて”樹液場”を占拠するスズメバチの仲間の姿はまったくありませんでした。

●コナラに集まるチョウや甲虫など。Img_1787

 
●樹皮に貼り付くようにしていたアカボシゴマダラ、ゴマダラチョウ、シロテンハナムグリ、ヨツボシオオキスイ。
 チョウはいずれも黄色い口吻を伸ばして樹液を吸って(探して?)いる様子でした。Img_1815_1

 
●キタテハ、ヨツボシオオキスイ。Photo

 
●コムラサキ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ、シロテンハナムグリ。
 コムラサキも吸汁しているようでした。
Photo_2

 
●ヒメジャノメ:
 こちらは樹液や花に来ることは無く、林間をヒラヒラ飛び回りながら、公園にたむろしている野良猫の糞や、腐った果実などに集まります。Img_2071

 なおその後、やはり暑かった8月が終わる頃まで何回か公園に行きましたが、いずれの姿も見かけることはほとんどありませんでした。

|

2018年9月16日 (日)

7月中旬の池端で

 過去ログです。
 「平成30年7月豪雨」の後、日本列島は太平洋高気圧に覆われ晴れて厳しい暑さとなり、中旬の14日から26日は全国100地点以上のアメダスで猛暑日が続き、記録的な高温になりました。
 特に東日本で月平均気温は平年差+2.8℃と、1946年の統計開始以来、7月で1位に。

 その様な天候の下、日中は外出もままならなかった7月中旬の当地でしたが、閉じこもり解消のため、時折、歩きに出かけた蒸し暑い池の端で。 
 降雨の割には池の水位はさほど上がりませんでしたが、水際の草地は一段水没したままに。

 その近辺で見かけた生きものの姿でした。

●ホオジロ:
 草原環境変化のため餌になる昆虫類が少なくなり、野鳥の姿もほとんどなくなった草原広場でしたが、池の堤防沿いケーブルに止まって、呼んでも答える相手もないままに、囀り続けていた一羽のホオジロ。Img_1738

 
●イチモンジセセリ:
 風雨を避けるように池端の案内板に止まっていた個体。
 個体数も随分少ない今シーズンです。Img_1741

 
●ヒメアカタテハ:
 水際の採石敷き面に止まって、傷んだ翅を広げていたヒメアカタテハ。Img_1749_2

 
●タナゴの仲間:
 命尽きて、透明度の低い水面に浮かんでいた1匹。Img_1751

 
●ヘラブナ(多分):
 本来は草地の場所。数匹が、あたりの水没したオオイヌタデの根元をバシャバシャ水を撥ね上げながら探っていました。 
 釣り人が投げた餌でも打ち寄せられているのでしょうか。Img_1754

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■余談:
 今朝(16日)のTV・ワールドニュースを見ながら。

●台風22号は日本列島には大きな影響を及ぼさずに通過していきましたが、フィリピンの東海上で、猛烈に発達して一時的には905hPaまで気圧が下がって今年最強の台風となり、およそ3日間、猛烈な勢力を維持しながらフィリピンに接近。
 そして心配されたとおり、昨日15日にフィリピンに大災害をもたらしながらフィリピンのルソン島を通過。
 被災映像を目にすると、災害列島日本の実情とオーバーラップして胸が痛みます。

 その後も強い勢力を保ちながら本日16日には暴風域を伴ったまま香港の南を通過して、夜には中国南部に上陸する予想で、現地では警戒レベルを最大限に引き上げて防災対応をすすめているとのこと。(16日午後6時現在情報)
 被害が最小限になることを祈るのみ。

●ハリケーン「フローレンス」:
 同時的にアメリカを襲っているハリケーンでも記録的被害が懸念されているなど、猛威をふるう暴風雨ですが、

■ハリケーン:
 太平洋(赤道より北で、東経180度より東)、大西洋。
■サイクロン:
 インド洋、南太平洋。
■台風(タイフーン):
 東アジア周辺の太平洋(赤道より北で、東経180度より西)。
 
 気象専門学者によれば、そのいずれもが“凶暴さ”を増しているのは地球温暖化の影響であることに間違いないという。

|

2018年9月15日 (土)

夏の水辺のトンボ5種

 時期遅れの過去ログですが。

 当地(関東)の梅雨明けは6月29日と記録的な早さで、その後直ぐに「平成30年7月豪雨」(6月28日~7月8日頃にかけて、台風7号および梅雨前線等の影響により、西日本を中心に北海道や中部地方など全国的に広い範囲で記録された集中豪雨)、さらにその後続いた異常気象とされる猛暑に見舞われた今夏でした。

 なぜかは分かりませんが、この夏は、トンボの種類も数も少ないものに終わりました。
 お盆の頃には最盛期を迎えるはずのウスバキトンボ(精霊トンボ)は、ほとんど姿を見ることがありませんでした。

 以下は、7月初旬、用水路や池などの水辺で見かけた少数ながら、おなじみのトンボです。

●ハグロトンボ:
 ・用水路にいた♂:Img_2265

 
 ・わが家に飛来した♀。翅が損傷していた個体:Img_22258

 
●コシアキトンボ:
 用水路沿いの草地で。Img_1483

 
●ウチワヤンマ:
 池で。ごく少数しか観察できませんでした。Img_157278_2

 
●コフキトンボ:
 池で。こちらもごく少数でした。Img_1631_3

 
●シオカラトンボ:
 ・♂池端の草地で。相対的には多いですが、例年に較べると明らかに少数でした。
  過去には田圃の水路でも比較的多く目にしていましたが、それもほとんどありません。Img_1589

 
 ・♀個体:
  8月下旬の夕刻、庭に飛来してネットに静止していた個体。R0018321

|

2018年9月12日 (水)

尺取り虫

 酷暑と荒れ模様の続いた夏を何とか乗り切った地植えの園芸種ニイタカホトトギスの一株が、現状では花芽もつきそうにはありません。
 その株の葉は暫く前から何者かに囓られていたのですが、今朝方ふと気がつくと、葉に二本の不自然な“薄緑色のつま楊枝”がくっついているのに気がつきました。R0018388_2

R0018387_2

 後脚(2対の“いぼ脚”)で体を支え、頭部まで全身を真っすぐに伸ばして静止し、小枝に擬態している2匹の尺取り虫でした。
 “長さや太さ”はツマ楊枝ほどですが、種名などは分かりません。

 
 ・小枝に擬態した尺取り虫:R0018389_2

 
 ・体を支える後脚(腹脚1対と尾脚1対):R0018390_2

 
 ・頭と胸脚3対:R00184123_2

※尺取り虫(シャクガ科のガの幼虫):
 シャクガ科の幼虫は、前脚(胸部に3対)と、後脚(腹部の2対の”いぼ脚”、すなわち後部腹節の「腹脚」1対と末端腹節の「尾脚」1対だけ)しかなく、また前脚と後脚はかなり離れています。
 このため移動する際にはまず前脚を(掴まっていたところから離して体を真っすぐに伸ばしながら前方の基物に掴まり、次いで後脚を離し、体を逆U字型に曲げながら前脚の位置までひきつけます。
 この動作の繰り返しで前進(移動)しますが、その動きがあたかも“長さを測っている”ように見えるため「尺取虫」と呼ばれています。

|

2018年8月26日 (日)

今日も暑い日

 変わりばえしない話ですが、今日(8/26)14時30分、再びわが家の軒下温度計が新記録43℃になりました。R0018346

 (断るまでもありませんが、気象台の測定条件とは無縁で、常にかなり高めの表示です。) 
 気象台のデータでは熊谷の気温39℃、当地のピンポイント温度は38℃となっていました。
 やはり暑かったのです。

 
 所用帰りの夜道で、栃木方面の上空に膜電が発生していました。
 26日20時10分、栃木県雨雲の動き実況です。
 わが家から(直線距離で)40kmほどのところに大雨が降っているようで、膜電発生もこのあたりだったでしょうか。Photo

 
●暑い日中、セグロアシナガバチが玄関先を飛び回っています。
 数匹が外壁に集まって止まっていました。
 .新たに巣作りを始めるのかも知れません

余談:
 キアシナガバチとセグロアシナガバチの外観は一見よく似ています。
 あらためてその識別ポイント。
 キアシナガバチの前伸腹節(胸部と融合した腹部第1節)には2本の縦斑がありますが(写真上)、セグロアシナガバチには当該の縦斑がないのが(下)相違点。Photo_2

|

2018年8月25日 (土)

セグロアシナガバチ多数発生

 処暑を過ぎても残暑が一向におさまる気配がない本日、わが家の軒下温度計が、先に記録した41℃を抜いて42℃の新記録に。
 (当地ピンポイントの天気記録では37℃でしたが・・・) 冷房つけっぱなしの室内から、屋外に出る度、一日何度も、直ぐに汗びっしょり。R0018303

 
●セグロアシナガバチ:
 そんな日中、セグロアシナガバチ退治騒動。
 隣家から、(隣家の)網戸に大量のハチが群がっているので殺虫剤で退治しながら発生源はと付近を見回したところ、ちょうど(隣家の)リビングから直接見える、わが家の外壁に巣があり、その周辺にもまだいっぱい飛び回っている、という緊急情報が。
直ぐに外に出て、あそこですよと指さされたところは当方で気が付きにくいところでした。

 2Fの窓を開けて殺虫剤をスプレーしましたがうまく出来ず、大半が遠ざかった(だけで直ぐに落ちたりはしません)隙に棒で巣をたたき落として取り除きました。
 落とした巣を確認するとさほど大きなものではなく、巣の長径7cm、巣穴(育房)数100個ほどのものでしたが、巣穴はほぼ全数蓋が取れて成虫になって飛びだした後で、その大半が隣家などに分散して行ったのでしょう。
 まだフタが残っていた2箇所のフタを外してみると、出遅れたものが残っていました。顔が白いので♂バチのようです。
 (→なお余談ながら、翌朝ゴミ箱の中の巣(育房)をのぞいて見たら、出遅れた2匹の姿はありませんでした。)
Photo

 ただ、巣を落としただけではダメで、巣の残骸が少しでも残っていると、再びそこに巣作りをする習性があるので、完全に除去するか、その部位にガムテープを貼っておくと良いという。
 場所的にそのどちらも直ぐには出来ないので模様眺めに。

 夕刻出てみると、そのとおりで、5~6匹の蜂が執拗に飛び回っていました。 
 再び2Fの窓から殺虫剤をスプレーしましたが、速効性はなく、少し遠ざかっていっただけ。  
 前歴がある“事件”でした。

 余談ながら、本種はキアシナガバチよりもおとなしいハチで攻撃性はあまりありません。 
 それより、蛾の幼虫を狩って食べる、肉団子にして巣に持ち帰るなど、害虫駆除に役立つ益虫なので、むやみに”殺虫”する必要はないのですが、隣家に迷惑が及んでいることからやむを得ない処置でした。

 
■オナガ:
 夕刻、玄関先に出た折、怪しげな空模様の下、いつものようにギューイという濁声を張り上げてオナガが群れ飛んでいました。
 TVアンテナに集まったり、電柱に止まったり・・・Img_2089

Img_2087

Img_2084

 たいてい毎日、早朝と夕刻に住宅街を飛び回ります。

 
■夜は、満月前夜の月が流れの早い雲に覆われたり、また近くに相変わらず火星が輝いていたりしながら、今夜も熱帯夜で過ぎていきます。Img_2091

Img_2097

|

2018年8月22日 (水)

キアシナガバチ/肉団子を作る

 本日は猛暑日復活。
 数日前には秋の気配も時折感じられるようになっていたのに・・・

 庭のフヨウも日中は広い葉が萎れていますが、毎朝元気に一日花を開き、翌朝には萎縮した花殻を ポタポタ落しています。

●キアシナガバチ、フタトガリコヤガ幼虫を狩り、肉団子にして運ぶ:
 先日夕刻、落下したフヨウの花殻を掃き集めている折りに、1匹のハチが飛来してしばらく周囲を飛び回った後に、目の前の葉陰でなにやらしている様子が目に止まりました。
 近寄ってみると、もう既にフヨウの害虫である”フタトガリコヤガ幼虫の上半身は肉団子に”調理”して運び去った後に、再度、残りの下半分を肉団子にして運ぶ作業に戻って来たのでした。
 (以下の画像はクリックで拡大しますが、少々気持ち悪いところがありますのでご留意を。)Photo

 
 ・残っていた幼虫の下半身を二つに噛み裂きながら内臓を抜き出しています。Photo_2

 
 ・取り出し終わった内臓の塊と、残りの筋肉質の部分を切り分けてから、Photo_3

 
 ・筋肉質の塊を口と脚で丸めて肉団子にし、それを抱えて飛びあがると、途中1度ツリバナの葉上に止まりました(右列最下段)が、またすぐに(何処かにある)巣の方へ運び去っていきました。1

 葉上には内臓の塊が残されたままでした。
 調理していたのはキアシナガバチの働きバチでした。

 
・余談:
■フタトガリコヤガ若齢幼虫:
 ハチが飛び去った後、近くの葉上にフタトガリコヤガ若齢幼虫がじっと佇んでいるのに気がつきました。
 キアシナガバチは知っているのでしょうか。R0018155

 
■フタトガリコヤガ終齢幼虫:
 また別の日、終齢幼虫がいるのも見つけました。(下段左は頭部、右は腹端(尾部))Photo_4

 毎シーズン変わることのない繰り返しです。

 
■キアシナガバチ(スズメバチ科アシナガバチ亜科):
 大きさ(体長)20~26mmと大型のアシナガバチの仲間で、体は黒色に黄色の紋が発達している。脚にもはっきりした黄色部分がある。
 スズメバチほどの攻撃性はないが、アシナガバチの中では攻撃性は強い方。 
 ただ、成虫、幼虫共に植物を食害するガの幼虫を狩って食べるという点では益虫。
 ガを狩る時にガの幼虫は毒針で仕留めるのではなく、噛みついて殺す。 
 “調理”としては、幼虫を二つに噛み裂いて内臓を捨て、残った筋肉質の部分を食べ、後は肉団子にして巣に運び、幼虫の餌にする。
 大きい獲物の場合は分割してから肉団子にして運ぶ。
 出現時期は4~10月、分布は日本各地。

 
※以前に、キアシナガバチが、オオスカシバ幼虫を補足して肉団子に加工している様子を観察した記録がありました。

 
■フタトガリコヤガ:
 フタトガリコヤガの幼虫は、フヨウやムクゲ、オクラ、ワタなどアオイ科植物の葉を食害する害虫。
 わが家でも毎年決まってフヨウに繰り返し発生する困りもの。
 若齢幼虫は全体にまばらに毛の生えた黄緑色の毛虫で、終齢幼虫は体長4センチほどになり、黄緑色地に黒と黄色の模様が、また腹端(お尻)の赤い模様が目立つようになる。
 いずれも、これ見よがしに常に葉の上にいて葉裏に隠れることはない。
 腹脚は第5、第6節の2対しかなくて、近寄ったくらいで逃げることなどまずないが、移動する時は尺取り虫のように歩く。
 捕殺するのは容易ではあるが、面倒デス。

|

2018年8月21日 (火)

カネタタキ♀

●カネタタキ(カネタタキ科):
 暑かった7月下旬くらいから、夜になって時折 庭木のどこからか“チン、チン、チン”という鳴き声(♂)が聞こえていましたが、鳴いている姿を見ることは出来ません。
 昔からそうなのですが・・・
 昨今、ようやく朝晩は涼しくなってきたので、滞っていた庭の草取りをしていた時に、掘り起こして引き抜いた雑草の間からぴょんと飛びだしてきたのがカネタタキ♀でした。
 大きさ(体長)10mmでした。
 すばやく裸地面を移動していくのを、はめていた軍手を外して両手で挟むように合わせ、潰さないように捕まえました。
 小さめのゴミ用の透明ポリ袋の中で入れ置いて、草取り終了後、シャーレに入れて撮影。 
 黒い帯のように見える翅がなく、産卵管のある♀でした。
 撮影後、庭の植木の茂みに戻しました。1r0018284

2r0018279

3r0018277

4r0018262

5r0018260

6r0018284
※大きさ(体長)7~11mm: 体型は扁平で、腹部が細かい鱗片に覆われた、褐色の小さなコオロギに近い仲間。
 オスには短く丸帯状の翅があり、メスは無翅。
 人家周辺に多く、樹上性で庭木や生け垣の樹上に棲息している。
 (オスは)、昼夜分かたずチン・チン・チンと鳴いている。
 鳴く場所は葉陰や葉裏、また重なった葉と葉の間など、目に付きにくいところがほとんどで、姿を見ることは少ない。 
 なお昔1度だけ、懐中電灯で照らした葉の表面に出てきて、くるくると忙しそうに歩き回りながら鳴いているのを見たことがありました。

 鳴き声は温度によって変わり、暑い(30℃)時は「チンチンチン」と早いビートで、涼しい(20℃)時にはやや低音でゆっくりしたビートの「チン、チン、チン」になります。
 コオロギなども同じように温度でビートが変わります。
 出現時期は8~12月、分布は本州、四国、九州。

|

より以前の記事一覧