2017年3月 8日 (水)

春浅いフィールドで(ツクシ、イソシギなど)

 しばらくぶりのウオーキングに。
 2日続きで、気温は低め、晴れたり曇ったり小雨がパラついたりと落ち着きのない天候。
 それでも風さえなければ、晴れ間がのぞいている間は陽春の気分に。
 フィールドに出るとまったく無風というわけではないので、遠くで稼働しているトラクターの田起こし(耕起)作業から土のにおいが流れてきます。

ヒドリガモとオオバン
 少し波立つ池面には水鳥の姿はなく、人気のなかった原っぱに、萠だした若草を求めて歩き回る冬鳥のヒドリガモと、今シーズン異常に数を増した留鳥のオオバンが混じり合いながら群れていました。
 ヒドリガモは北に帰るのに備えて体力を付けなくてはなりません。
 オオバンと若草を競合して大丈夫でしょうか。Photo

 
 ・一足早く2月下旬から伸びだした菜の花(セイヨウアブラナ)の株は、伸び出すはじから悉く両者に食べられて、かたい軸だけになって枯れそうです。
 少し遅れて生えてきたセイヨウカラシナの方はまったく口にする様子がなく、好みがはっきり分かれているようです。R0012635

 
揚げヒバリ
 上空ではあちらこちらから揚げ雲雀の声。
 太陽に向かって駆け上がるので、レンズを向けると逆光に。
 大きな口を開けた姿を何とか1枚。Img_2641c

 
●オオジュリン(留鳥/漂鳥):
 ヨシ原にはオオジュリンが1羽。(逆光の中で不確かですが)Img_2650

 
ツクシヒメオドリコソウトウダイグサ
 日当たりの良い田畑の畦斜面にはツクシが顔をのぞかせ、 ヒメオドリコソウやトウダイグサの群生も始まっていました。Photo_2

R0012639

R0012632

 
●イソシギ:
 今シーズンも冬の間に川筋で数回見かけたイソシギでしたが、飛び去る姿ばかり。
 これまで、市街地で見かけたことはありませんでしたが、たまたま町裏を流れる排水路を伝いながら水生昆虫をついばむ姿が目にとまったので、追っかけ。Img_2651_1

Img_2651_2

Img_2651_3

Img_2651_4

 本種は留鳥/漂鳥ということですが、当地での観察実績ではほとんどが“冬鳥”のようです。

|

2017年2月28日 (火)

揚げ雲雀、ヌートリア

 冬が終わりに。
・冬晴れですっかり春の陽気につつまれた2月最終日。
 池沿いのカワヅザクラもほぼ満開になっていました。Photo

 
●揚げ雲雀:
 草原の上空のあちらこちらから、揚げ雲雀の声が降ってきますが、見上げる青空はまばゆくて、声はすれども姿は見えず。
 しばらく佇んでいると、近くの草原に鳴きやんだ1羽が降りてきて、盛んに地面をついばみながら歩き回る姿がありました。Photo_3

 
・まだ水温むという風情・風景ではありませんが、今年はオオバンばかりが目に付くようになった川面。Photo_2

 
●ヌートリア:
 橋の上から見下ろしていた川面に突如現れたのは、上流に泳ぎ去るヌートリアの後ろ姿でした。
 当地では毎年目にする“要注意外来生物”で、季節はずれの温かい冬日には活動していて、流域に住みついているようです。Photo_4

|

2017年2月23日 (木)

ジョウギタキなど

 近隣のフィールドで見かける野鳥の種類や数がだんだん少なくなってきたような気がします。
 一言でいえば環境開発が進んで、自然環境が変わってきているからでしょうか。

 
●ジョウビタキ♀:
 冬鳥のジョウビタキも今シーズン市街地で目にした2回だけになりました。Blg2017219

 
●メジロ:
 今シーズンは公園でもあまり出遭いません。
 たまたま1羽だけ、住宅地内の家庭菜園やお庭を“巡視/巡回”しながら移動して行くところのワンショットです。
 たいていは小さな群れでいるのですが。Img_2206

 
●カワセミ♂:
 川筋で見かける頻度が少なくなりました。
 もともと清流域ではないので、生息数は少ないところですが。Img_2110

 
●トビ:
 初めて間近で目にした鳶の若鳥。
 畑周囲に植樹された防風林のケヤキにとまっていた個体です。
 レンズを向けるとすぐに飛び立って行きました。
 カラスに執拗に追い回されていたようです。Img_2269_2

| | コメント (0)

2017年2月22日 (水)

ミサゴ

 池方面の上空からどんどん近づいてきた大きな鳥が、頭上を飛び去るのに合わせてシャッター押した数枚に写っていたのは、池で掴まえた獲物を運ぶミサゴ*でした。
 (*当地では冬鳥のようです。)
 昨年秋以来のことでした。
 両足で少し大きい魚(ヘラブナ?)の頭部を進行方向に向けて運ぶ姿です。
 (撮影2017.1.30 画像はクリックで拡大します)Img_2270_1130

Img_2270_2

 

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

シメ (冬鳥)

 図書館から回り道しての帰り道、落葉樹の枝に群れていたスズメが一斉に飛び立った後に、 スズメより大きめでずんぐりした鳥が1羽残っていました。
 ,ポケットにあった非力なコンデジで1枚。
 パソコンで拡大して見ると、毎冬1回は記録があるシメでした。Img_0018

※シメ(アトリ科):
 全長19cm。太いくちばしに短い尾が特徴的。
 多くは冬鳥として渡来。少数が春夏に北海道の林で繁殖、秋冬は本州以南の林の周辺に移動。
 食性は雑食で、主食は植物の種子。太いクチバシで堅い木の種子でも割って食べる。
 繁殖期には甲虫類などもついばむ。

| | コメント (0)

2017年2月 5日 (日)

アオジ

●アオジ(留鳥/漂鳥):
 川沿いに残っているまばらな立ち枯れヨシの間を、数羽の群れで少しずつ移動して行きました。
 枯れ草の茂みなどを伝いながら移動して行くのでなかなか観察しにくいです。
 全長16cm(スズメくらい)で当地では冬期にしか見かけることがありません。Img_2381_1

Img_2381_2

Img_2381_3

| | コメント (0)

2017年1月25日 (水)

カシラダカ(冬鳥)

●カシラダカ(ホオジロ科):
 田圃脇で、今は干上がっている農業排水路底から伸びた雑草が立ち枯れて残っています。
 その雑草の種をついばんでいた少数の野鳥がパラパラと飛び立って、すぐ近くの桜の枝にとまりました。
 スズメでもなさそうで、そのまましばらく留まっていたのでカメラを向けました。
 一見ホオジロに似ていましたが、頭部の毛が立っていたことなどから、冬鳥のカシラダカと分かりました。

 ・逆光気味の画像です。
Photo

Photo_21

 
 ・別個体:Photo_3

※カシラダカ:
 大きさ(体長)は15cmほどでスズメくらい。遠目には一見ホオジロに似ていますが、ホオジロより尾は短く、また頭頂部の短い冠羽が(時々)立って見えるのが名前の由来。
 腹部は白く、胸には褐色のまだら模様があり、また尾の付け根(腰)にある赤茶色のウロコ模様が、識別に役立ちます。
 小さな群れで、主に地面で採食して生活し、人などが近付いて驚くとパラパラと付近の木々に止まります。

| | コメント (0)

2017年1月23日 (月)

寒雀

 寒中の一時。晴れても寒い田圃道。
 道沿いに植樹された桜は、膨らんだ寒雀で、スズメのなる木に。Img_1843

Img_1848trm

| | コメント (0)

2017年1月 9日 (月)

オオバン急増

 今朝、目覚ましラジオから“琵琶湖でオオバンが急増中”、というニュースが聞こえて来ました。 
 ネットで関連情報を確認してみると、素人には詳細は分かりませんが、やはり一昨年あたりから”異変“*;**が起きていたようです。

 オオバンは、当地では数十年来、晩秋から春先まで少数ながら散歩コースの水辺で定常的に目にすることのできる水鳥でした。
 そのため2015年のシーズンまでは特別の関心を払うことはありませんでした。
 ところが今シーズン、2016年冬以降、突然オオバンの数が異様なほど急増して目に付くようになりました。  
 特に、少し貯留水量がふえて水面が広くなっている池には、黒い点をばらまいたように見えるオオバンが、冬鳥のヒドリガモやコガモ、留鳥のカルガモの数を圧倒して群れています。  
 普段行かない近隣の川の流域にも、多数群れているのを確認して、何か変だな、とは思っていたのですが・・・

 あらためて、未掲載のオオバン画像掲載。

●小さな川には少数しか群れていませんが、常時姿が見られるようになっています。
 ・2016.12.9:
 川岸に上がって、イネ科の雑草を食べる少数の群れ(一部)129img_1095_1

 
 ・2017.1.6:
 草地に居る時は至近距離で見られますが、気配を察するとすぐに川に降りて遠ざかっていきます。16img_1737

Img_1754

 
 ・2017.1.6:
 たまたま釣り人の姿がなかった池の対岸端に集合してから、周囲の様子を伺いながら、水面からゆっくり、ぞろぞろと草地に上がって行きます。
 一部食性が競合するヒドリガモも混じっていました。
 そして植物性の餌を盛んについばむ様子が遠望できました。
 50羽以上群れていたでしょう。
 (写真はその群れの1部です。クリックで拡大します。)1226img_1555

 
 ・2016.1.7:
 少し風が強いものの、晴れた池の水面に広く展開していた黒装束軍団。
 80羽近く居たでしょうか。
 写真はその一部分です。
 (画像はクリックで拡大します。)17img_1759_2

 
【参考】:
■オオバンは「我孫子市(千葉県)の鳥」に制定(昭和63年12月1日)されています。
 ・初めてオオバンを目にしたのはずいぶん昔のことで、地元在住の知人に紹介されて、愛鳥週間(バードウイーク)関連のイベントが行われていた手賀沼まで出かけた折のこと。
 湖畔に群れていて、真っ黒い体に赤い目(虹彩)、そして白い嘴と白い額板で、さらに“弁足”と呼ばれる、閉じたり開いたりするビラビラが付いた、体の割には異様に大きな趾(あしゆび)を広げて足元近くまで集まってくる姿に驚いたことでした。
 ・オオバンは、我孫子市の手賀沼では一年中みられる水鳥ということで、また日本国内では、おもに北海道と本州中部以北の湖や沼や池の一部で繁殖することが知られている留鳥ですが、手賀沼のオオバンは冬になると数が増えることからオオバンは渡り鳥?でもあると紹介されています。http://www.city.abiko.chiba.jp/bird-mus/info2/info6/oban.html

*■2016.3.16: 琵琶湖岸全域と周囲オオバンが急増
 オオバンは大津市南部の湖岸に大きな群れが見られた。
 全国の飛来数の約3分の2で、琵琶湖が一大越冬地になっているとみられる。http://www.asahi.com/articles/ASJ3G4K6XJ3GPTJB00P.html

**■2015.6.24:
 中国には住めない? 琵琶湖で水鳥「オオバン」爆増  国内で越冬の6割が集中、中国「移住組」で増加かhttp://www.sankei.com/west/news/150624/wst1506240060-n1.html

■少し古い情報ですが、オオバンは当地(埼玉県)レッドデータブック2008 動物編  鳥類では「絶滅危惧ⅠA類(CR)」に分類されています。https://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/red/animal-menu.html

| | コメント (0)

2017年1月 8日 (日)

ハクセキレイ、ツグミ

 ここ数日、朝は冷え込んで冬らしい日が続きました。
 草地には霜が降りて白くなり、日陰の水路の止水域には薄氷が張っていました。

●ハクセキレイ(若鳥):
 川面に倒れ込んだ枯れヨシの茎。
 その上を左右に忙しく移動を繰り返しながら、水面に浮いて来る水生昆虫をついばんでいたのはハクセキレイの若鳥でした。Img_1677_1

 
●ハクセキレイ(成鳥):
 また、日が高くなっても融け残っていた水路の薄氷の上を、やはり忙しく歩き回りながら、水際の水生昆虫をついばんでいたのもハクセキレイ(成長)でした。Img_1791_1

Img_1791_3

 
●ツグミ:
 稲わらや野菜屑などの鋤込み作業が行われている田圃では、トラクターが掘り返した土中のミミズや小昆虫などを求めて、ツグミとハクセキレイがバトルをする姿も時折目にします。Img_1722_2

 ・しばらく続いていた晴天も今夜半から明日は雨模様の予報です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧