2018年9月28日 (金)

暑かった夏とその後(その1)ツルボなど

 ”東京には青空が広がっている、今日は全国的に広く晴れるが沖縄には台風24号接近”という早朝の目覚ましラジオに起こされて、雨戸を開けると外はヒヤッとする程の冷たい濃霧で外気温度は14℃。
 それでも予報どおり、徐々に霧が晴れてきて9時前くらいから日差しと青空が増えて来ました。
 室内でも肌寒いので長袖シャツに,薄手のジャンパーという有様で、あらためてあの暑かった夏が終焉を迎えたことを実感したことでした。
 ここ数日ぐずついた肌寒い数日だったので、今日は溜まっていた洗濯物の洗濯日和に。
 日中は夏日になりました。Img_2886

 
   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
■暑かった夏の想い出。
 (画像はクリックで拡大します。)

 ・8月下旬に除草が終わって、”枯れ草風景”が広がっていた池周辺の草地も、1img_2161828

 
 ・9月中旬には再び青草の茂る風景に”復元”しました。2img_2719

 
 その緑の中に、除草機が頭をかすめて通り過ぎた後に急速に伸び上がったヒガンバナの一叢が赤い花を開いて際立ち、
●ヒガンバナの一叢:3img_2718

 
 また近隣の草地では今まで見かけたことがなかったツルボの一塊も伸び上がっていました。 (山地で一度観察したことがありました。)
●ツルボ(ユリ科/ヒアシンス科):4img_2842

5img_2843

6img_2843trm

※本種は人の手が入る日当たりの良い草地や畦道、土手などに生えることが多く、地下に、径2~3cmほどの偏球形で、外皮が黒褐色の球根(鱗茎)を持つ多年草です。
 初秋に、葉の間から細長い花茎を20~30cmほど垂直に伸ばし、その先端に総状花序をつけて、小さな淡紅色の花を密に開きます。細い花被片の6弁花です。
 花径の途中に葉はなく、花序は細長い円筒形で、基部に総苞はありません。 花は下から開花して行きます。
 葉は根出状に出て長さ10~25cm、幅は4~6mm、線形で厚く軟らかい葉質で、表面は浅く凹んでいます。
 葉は1年に2回出ます。まず春に5~10枚の春葉が出から夏に枯れます。2回目は初秋で、2~3枚の葉が出ます。この葉の向かい合った間から花穂が出て、開花します。
 花期は8~9月、分布は日本各地。

 いずれも、盛夏には大型の夏草叢に埋没していたものが、除草されて日当たりが得られたことで一挙に顔をのぞかせたのでしょう。

 
 ・盛夏には姿を見ることが少なかった昆虫類ですが、遊歩道のところどころに
●セスジスズメ幼虫や、7img_2723

 
●トノサマバッタなどが少しずつ這い出していたり、8img_2721

9img_2722_2

 
●草地にはヤマトシジミが見られたりしました。10img_2770

 
 ・8月中に収穫の終わっていた稲田には、その後の高温と“適当に”降った雨のおかげ(?)で、9月中旬には2番穂が大きく伸び出して豊作もように。11img_2882

Img_28872


 猛暑に耐えて、当地の今年度お米の作況指数も“やや良”(の予測)という。

 
 その様な田圃に、別に2番穂に興味があるわけではないらしい
●コサギや、13img_2832

 
●アオサギがポツネンと佇んでいる姿もありました。14img_2853

 
●またケーブルには、山地から里に下りてきたモズが一羽とまって高鳴きをしている姿も見かけました。15img_2837

 ようやく秋の跫音がはっきり聞こえるようになりました。

|

2018年9月19日 (水)

ヒバリ

 今日あたりはようやく朝晩は涼しさをはっきり感じられるようになり、晴れ上がった日中は残暑が厳しいものの、秋の訪れも感じることができました。

 
 8月初旬の過去ログです。

 気象観測上も異例ずくめの暑くて荒れた天候となった7月が終わり、暑さ本番の8月スタート。
 当地は予報のとおり猛暑日が続きましたが、中でも、特に初日(8/1日)から5日まで連続して体温越えの酷暑に見舞われました。
 その様な最中、閉じこもり解消のため、救急車のお世話にならないよう万全の準備をして午後から外出。
 ・池周辺では、朝から行われていた大型雑草の草刈り作業が一段落して、後片付けをされているところでした。
 (画像はクリックで拡大します。)82

 
 ・その現場から少し距離のある草地にヒバリが1羽、大きく口を開けたままで、声を立てるわけでは無く、喘ぐように草原を歩き回る姿がありました。82img_1934_2

82img_1934_3

82img_1934_1

 
 ・その2日後、青みの残っていた草原は連日の高温と乾燥によりすっかり枯れ野原の様相になっていましたが、やはり喘ぎながら歩き回っていたのは1羽のヒバリでした。2_1

2_2_2

2_3

 餌になる昆虫類の姿もめっきり減り、安住の場所でもなくなった草原を歩きまわる気の毒な姿でした。
 生きものはみんな堪え忍んだ8月。

|

2018年9月16日 (日)

7月中旬の池端で

 過去ログです。
 「平成30年7月豪雨」の後、日本列島は太平洋高気圧に覆われ晴れて厳しい暑さとなり、中旬の14日から26日は全国100地点以上のアメダスで猛暑日が続き、記録的な高温になりました。
 特に東日本で月平均気温は平年差+2.8℃と、1946年の統計開始以来、7月で1位に。

 その様な天候の下、日中は外出もままならなかった7月中旬の当地でしたが、閉じこもり解消のため、時折、歩きに出かけた蒸し暑い池の端で。 
 降雨の割には池の水位はさほど上がりませんでしたが、水際の草地は一段水没したままに。

 その近辺で見かけた生きものの姿でした。

●ホオジロ:
 草原環境変化のため餌になる昆虫類が少なくなり、野鳥の姿もほとんどなくなった草原広場でしたが、池の堤防沿いケーブルに止まって、呼んでも答える相手もないままに、囀り続けていた一羽のホオジロ。Img_1738

 
●イチモンジセセリ:
 風雨を避けるように池端の案内板に止まっていた個体。
 個体数も随分少ない今シーズンです。Img_1741

 
●ヒメアカタテハ:
 水際の採石敷き面に止まって、傷んだ翅を広げていたヒメアカタテハ。Img_1749_2

 
●タナゴの仲間:
 命尽きて、透明度の低い水面に浮かんでいた1匹。Img_1751

 
●ヘラブナ(多分):
 本来は草地の場所。数匹が、あたりの水没したオオイヌタデの根元をバシャバシャ水を撥ね上げながら探っていました。 
 釣り人が投げた餌でも打ち寄せられているのでしょうか。Img_1754

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■余談:
 今朝(16日)のTV・ワールドニュースを見ながら。

●台風22号は日本列島には大きな影響を及ぼさずに通過していきましたが、フィリピンの東海上で、猛烈に発達して一時的には905hPaまで気圧が下がって今年最強の台風となり、およそ3日間、猛烈な勢力を維持しながらフィリピンに接近。
 そして心配されたとおり、昨日15日にフィリピンに大災害をもたらしながらフィリピンのルソン島を通過。
 被災映像を目にすると、災害列島日本の実情とオーバーラップして胸が痛みます。

 その後も強い勢力を保ちながら本日16日には暴風域を伴ったまま香港の南を通過して、夜には中国南部に上陸する予想で、現地では警戒レベルを最大限に引き上げて防災対応をすすめているとのこと。(16日午後6時現在情報)
 被害が最小限になることを祈るのみ。

●ハリケーン「フローレンス」:
 同時的にアメリカを襲っているハリケーンでも記録的被害が懸念されているなど、猛威をふるう暴風雨ですが、

■ハリケーン:
 太平洋(赤道より北で、東経180度より東)、大西洋。
■サイクロン:
 インド洋、南太平洋。
■台風(タイフーン):
 東アジア周辺の太平洋(赤道より北で、東経180度より西)。
 
 気象専門学者によれば、そのいずれもが“凶暴さ”を増しているのは地球温暖化の影響であることに間違いないという。

|

2018年9月13日 (木)

チュウサギ稲田に集合

 朝から曇天の怪しい空模様だった先日(9/10)の午後3時前のこと。
 通りかかった近くの田圃で、1ヘクタール程ある一枚の稲田だけでコンバインが稼働していました。(下の画面一番奥の田圃です。)
 そしてその稲田のまわりに50~60羽のチュウサギが集合して、コンバインの動きにあわせて右往左往しながらまとわりついているのを見かけました。
 随分久しぶりのことだったので、しばし観察。

 ・手前一列の集団が居るところから奥が刈取り作業中の稲田で、手前の稲叢は別の田圃です。
 (以下の画像はクリックで拡大します。)1img_2575

2img_2578

3img_2570

4img_2572

5img_2573

6img_2574

 コンバインが収穫した籾米を途中で1度、農道で待機していた運搬車へ移送しに行きました。  
 そしてそれが終わり運搬車が走り出した途端に、驚いたチュウサギ群が一斉に舞い上がりました。
 しばらく上空を旋回していましたが、再び舞い戻ることは無く、やがて遠方に飛び去ってしまいました。

 
 ・見上げた空には暗雲が立ちこめ、肌寒い風も吹き出し、聞こえてくる雷鳴に恐れをなして、閑人も早々に退散したことでした。7img_2585

8img_2584

 
 ・余談ながらその後30分ほどで突然の激しい雷雨。9154015

 40分間ほどで通り過ぎていきましたが、多分その日のうちに稲刈り作業は終わらなかったことでしょう。

 
 ・2日後通りかかった時には、田圃にぬかるみが残っていましたが、稲刈りは終わっていました。
 農家も大変です。10img_2593

|

2018年9月 5日 (水)

チュウサギ、チュウダイサギ、アオサギ

 台風21号が猛威をふるって通り過ぎていきました。
 過去の経験が大分生かされてきてはいるようですが、まだまだ減災の努力が必要のようです。

 ・過日のこと。
 短時間ながら雷雨が続いたせいで、早くに稲刈りの終わっていた車道沿いの田圃の一枚にはところどころに水溜まりが出来ていました。

 その田圃の一番奥の方に、4羽のチュウサギが飛来して餌をついばんでいるのを目にして珍しく”レンズを向けました。Photo

 以前なら、必ず、稲刈りが始まった田圃周辺には、コンバインにまとわりつくようにして、稲叢から飛び出してくるバッタやカエルを補食するチュウサギの姿を目にしたことでしたが、一昨年あたりからバッタやカエル、またザリガニなどの姿がめっきり減ったようで、そのような光景が見られなくなっています。

●チュウサギ:Img_2509

 ・ 今回捕食していたのは、確認できた限りすべてドジョウ。
 何が原因でこのような変化が生じているのか・・・

 ・小物の場合は一気呑みです。Photo_2

2

3

 
 ・嘴に絡むほどの大物ドジョウでは呑み込むのに大分手間取っていました。4

 
●アオサギとチュウダイサギ:
 同日、雨で少し水位の上がっていた池にはアオサギが1羽、暇そうに佇んでいて、近くにはチュウダイサギが水辺をゆっくり歩きながら餌採りの様子。
 しばらく見ていた限り、捕れなかったようでした。

 ・アオサギ:Img_2536

 
 ・チュウダイサギ:Img_2543

 
 ・チュウサギとチュウダイサギの比較:
  チュウサギ(左列)では口角(目の下のくちばしが合わさった線)が目の下で止まっているのに対し、チュウダイサギ(右列)の口角は目の後ろまで伸びているのが決め手です。
 (なお、名前の通りチュウサギの方がチュウダイサギより小さめで、嘴も首も短めですが、別々にいる時には判定が難しいです。)Photo_3

|

2018年8月30日 (木)

オシドリ、コガモ、チョウゲンボウ(留鳥/冬鳥仲間)

 「渡り鳥」は季節によって現れたり、いなくなったりする鳥で、大別して冬鳥と夏鳥があります。
 飛来する時期は、その年の季節の進み具合によって変動します。
 代表的な冬鳥としてはカモ、ハクチョウ、ガンなどがいて、夏はシベリアなど北方で繁殖し、秋になると日本に飛来して越冬し春先に北国に帰っていきます。

 残暑厳しい今夏ですが、9月が過ぎると渡り鳥の便りが聞かれはじめることになります。 

 先日、台風20号が通過した後の曇天下、運動不足解消のため外出した通りすがりの池周辺では、休工中だった除草作業が再開されていて、一面枯れ野原のような風景になっていました。
 (再び直ぐに伸び出して緑色風景になってしまいますが・・・・)
 (画像はクリックで拡大します。)Fitimg_2257

 そして池の周辺を歩いている時に、偶然、冬鳥の仲間を目にする機会がありました。
 今シーズンは移動が早めなのか、たまたまそうだっただけなのかわかりませんが、少し早めの冬鳥仲間の観察記録に。

 なお、いずれの場合も見かけたのは当日限りで、渡り・移動の途中に、文字通り小休止のために一時池に降りただけの、一過性の観察でした。

 (いずれもかなり遠距離撮影のため、目一杯のデジタルズームによる酷い画質です。)

●オシドリ(♀?):
 8月下旬、初めて、池に集まっていた留鳥のカルガモの間に浮いていた一羽のオシドリ(多分♀)を確認。Img_2193l

4r

※オシドリ(カモ科): 
 留鳥、または冬鳥で、冬季には本州以南(主に西日本)へ南下し越冬する。
 東北地方以北では夏鳥で、一般的には漂鳥とされる。
 ・♂はカモ類中でも繁殖期の冬羽が特別に鮮やかなことで知られている。嘴は紅色で、先端が白色。  
 ・♀は、嘴が赤黒色で、上面は暗褐色、眼の周囲から後頭にかけて伸びている白い筋模様が特徴的である。
 なお、♂のエクリプス時(非繁殖期)はメスの体色に似ていて遠目には判別困難であるが、嘴の紅色が分かれば判定出来る。

 
●コガモ(カモ科):
 冬鳥です。同じように、カルガモに混じって浮いていた複数のコガモ。
 この時期♂はエクリプスのため、外観は雌と類似して(遠目には)識別できません。
 冬鳥仲間では一番早くやって来て、最後に北国に帰っていくコガモですが、8月末に姿を確認したのは過去最早の渡来新記録です。Img_2201_l

6r

 
●チョウゲンボウ((ハヤブサ科):
 池端の草地運動広場で見かけたものです。低空でホバリング、狙いを定めて急降下した瞬間から観察。片足で獲物を掴んでいました。
 捕獲した獲物はカエルのようにも見えましたが、実際は不明です。Photo

Photo_2

Photo_3

チョウゲンボウ(ハヤブサ科):
 冬鳥として日本各地に飛来する小型のハヤブサ類です。
 夏季に本州北部から中部で繁殖するため、埼玉県では留鳥とされていますが、当地(埼玉県内)では地域・環境にも寄るのでしょうか、見かける機会は少なく、過去の観察記録も1例をのぞいて全て12月でした。
 全長 30~35 cmで(雌の方が大きい)ハト大ですが、ずっとスマートで、翼を広げると 70~80 cmほど。
 羽の地色は赤褐色で多数の黒斑があります。
 農耕地から原っぱ、丘陵地帯、山林までの広い範囲に生息し単独か、つがいで生活しています。
 素早く羽ばたき体を斜めにしてホバリングしながら、地上の齧歯類、またスズメなどの小鳥や、昆虫、ミミズ、カエルなど見定めると急降下して捕食します。

|

2018年6月17日 (日)

カワラヒワ

 近年、散歩コース近隣では、環境整備や開発など人為的な要因も影響していると思いますが、水辺や広場などの生態系も徐々に変化してきました。
 そして、それとともに目にする野鳥や昆虫類なども随分少なくなりました。 
 日常的な生活環境は確かにきれいになりましたが・・・

●カワラヒワ:
 初夏の公園などにも普通に群れていたカワラヒもすっかり少なくなりました。
 たまたま公園の林で目撃した1羽のカワラヒワです。Img_1276

|

2018年6月 1日 (金)

オナガ

●オナガ(カラス科):
 通りかかった民家のお庭でちょうど花(雄花)が咲いていたイヌマキの枝に2羽のオナガがとまっているのを見かけて1枚。Img_1246

※全長37cm。名前のとおり長い尾羽に頭は黒に近い濃紺、体は青灰色で、見た目はエレガントですが、鳴き声はいただけないカラスの仲間です。
 人の生活の近くに棲んでいて、時折“青灰色の羽をヒラヒラさせながら水平に飛んで行くのを目にします。
 ご近所でもケーブルに止まったり、お屋敷の庭木に止まったりして”ギューイ”などと悪声をあげています。
 分布は中部地方以北の本州。

|

2018年5月16日 (水)

ムナグロ(旅鳥)、オオヨシキリ(夏鳥)など

 ゴールデンウイークの間にすっかり田植えも終わって一段落した水田地帯。
 (5月9日撮影)Img_118359

 
●ムナグロ(旅鳥):
 曇天で冷たい風の吹いていた田圃に姿を見せたのは旅鳥のムナグロ。
 たった2羽だけで、まだ冬羽の個体 若鳥のようでした。2

 10年来の観察記録では、実に正確に、田植えが終わって静けさを取りもどした5月10日前後に通過しています。
 しかし帰り道にはならないようで、秋に通過を観察したことは一度もありません。

 
●一羽のコサギもカエルなどを探してゆっくり歩いていました。Img_1182ct

 
●オオヨシキリ(夏鳥):
 水田脇の空き地に残った枯れ茎にとまって赤い口の中が見えるほど仰々しい声を張り上げていたのはオオヨシキリ。Photo

 
●水路上を横切るケーブルに止まって羽繕いをしていた1羽のツバメ。Img_1204ct

 乱高下を繰り返す気温のもと、青葉の季節が進みます。

|

2018年4月30日 (月)

最後の冬鳥(ツグミ、マガモ、コガモ)

●4月25日:
 田植えの準備が進められていた池の傍の田圃:Img_0894425

 
 当日、 

●近くの草地でまだミミズなどを掘り返していたツグミ1羽。
 今シーズンは、これが見納めに。Img_0688414

 
●池の奥に数羽の水鳥の姿。
 デジタルズームで確認できた今シーズン最後の冬鳥は、

 ・1羽のマガモ♂。(♀は近くには見当たらず):Img_0898

 
 そして
 ・3~4羽のコガモ:Img_0909425

 
■本日(4/30)も夏日でした。
 街中にはツバメが飛び交っています。
 街路樹のハナミズキは葉がきれいに展開して花は散り敷いています。
 フジの花は終わりました。
 ツツジ(団地の植え込みのオオムラサキ)は既に満開を過ぎて花がらがポトポト落ちています。

 ・新駅JR両毛線「あしかがフラワーパーク」駅が開業して賑わいを増した「あしかがフラワーパーク」のフジも盛りは過ぎていました。
 (4/29)429

 
 4月は足早に去って行きましたね。

|

より以前の記事一覧