植物

2018年2月19日 (月)

冬の木の実/ヒヨドリ

 例年のことながら、冬も終わりに近づくと、鳥達も好みの木の実は食べ尽くし、最後に残るのは少々毒性があったり、不味かったり、種が大きく果肉はすくないものばかり。
 それでも、贅沢は言っていられないから、少しずつ繰り返しながら、食べ尽くしていきます。

●木の実:
 上段は12月中旬の、街中や公園植樹の果実(左からセンダン、ナンテン、ピラカンサとクロガネモチ)で、まだほとんど手つかずでしたが、
 下段は1月下旬で、ほぼ完全になくなっていました。
 (画像はクリックで拡大します。)Blg121

 
 ・なお、クロガネモチに関しては、1月下旬の記録的な大雪がほぼ消えた時には、地面に大量の果実が落ちていましたので、鳥に食べ尽くされたということではなさそうです。Photo

 
●庭のマンリョウ:
 赤く熟した実は、1月中旬までは野良猫が巡回して守ってくれ、その後は記録的な大雪で倒されて2月初旬まですっぽり雪に覆われていました。
 その後の雪解けで部分的にのぞいたのを掘り起こしておいたところ、その日のうちに、一粒だけ食べ残して完食されていました。Blg23

 
 ・雪の消えた地面には、ヒヨドリの落とし物のマンリョウ(上)やセンダン(下)の大きな種も落ちていました。Blg24

 
●センリョウ果実:
 花瓶に挿してあった、いただき物のセンリョウが萎れてきたので地面に差しておいたら、直後に目ざといヒヨドリがやって来てあっという間に食べていきました。Img_1283

 
●ヒヨドリ:
 野菜畑の支柱に止まり、あたりを見回しながらもじっと動かないでいたヒヨドリ:Blgimg_963024

 いよいよ冬越しも大詰めです。
 乏しい餌を求めて街中や農地周辺を”ピーヨ・ピーヨ・ピーッ”と甲高く悲鳴に近い声をあげながら飛んでいます。
 確かに今季は寒波が居座り続けたため畑の冬野菜は不作のようで、新鮮で甘みの増した冬野菜をまる囓りするあてもないヒヨドリも、また野菜高値に困っている人間もお互い様、もう少しの辛抱でしょう。

 
 ☆※☆※☆※☆※☆※☆※☆※☆※☆※☆※☆※☆※

     18日:小平奈緒選手スピードスケート女子500m
             オリンピック新記録36秒94で金メダル!!!

|

2018年2月17日 (土)

アキニレの種/カワラヒワ

 アキニレの果実について過去ログ*の繰り返しで、特に目新しいものではありません。

●アキニレ:
 ・この冬は、複数ある公園植樹のアキニレに沢山の実が付き、2月中旬になっても多量に残っています。33r_2

 例年なら、2月も中旬を過ぎようとする今頃には、木枯らしなど冬の強風によって多くは風散布・飛散してしまうだけでなく、その間にも冬の食糧としてアトリやカワラヒワなどの、皮むきに適した嘴を持つ小鳥が集まってきて、翼果の中の小さな種を食べているので、残りは少なくなっているのですが・・・

 
 ・枝に多量について残っている扁平な果実は、風に乗って飛散していく翼のある翼果です。
 上記③の枝についている逆光の中の翼果には1個のごま粒のような種が透けて見えます。Img_9865_4

 
 ・地面に落ちているものを拾い上げて、3個ほど皮(翼被)を爪先で剥いて種を取り出し、木のベンチに置き、いくつかの翼果と並べて写真を撮ろうとすると、僅かな風でも、翼果だけが直ぐに動いたり飛ばされたりして、結局 種3個、果実は1個の写真になりました。 
 (翼があることでそれほど風に敏感ということが分かります。)

 画像(最小目盛りは1mm)を拡大して見ると、爪先で剥いた種の表面には翼被が剥がれずに残っていました。Img_9886

 
 ・翼果と種を持ち帰ってから、2時間ほど水に漬けた後で種の表面に貼り付いていた翼被を爪先でこすり落とした(つもりの)ものを,再度写真に撮ってみました。
 しかし種の表面には依然として翼被が固着したままでした。Img_9891

 
 ・再度、種を水に1時間ほど漬けおいた後にピンセットで摘んで、もう一つのピンセットで表面をごしごしこすり落としていたら、1つの種の種皮が破れて剥がれ、中の白い(胚乳?でしょうか)種の一部も壊れました。
 残りの種も、壊れかけたり、または表面には取れていない固着物質が相当残っていたりで、残念ながらクリヤーな種の様子は撮れませんでした。
 (画像はクリックで拡大します。)Img_99031_2

 
●カワラヒワ:
 近くでは、冬の間はカワラヒワが少数の群れでしか姿を見せませんが、アキニレの実を食べにやって来ています。Img_9703

※アキニレ(ニレ科 ニレ属):
 雌雄同株の落葉高木。
 9月頃に花が咲き、開花後数週間で果実が成熟する。(10~11月頃)
 果実は風に乗って飛ぶ翼果で、長さ1cmほどの扁平な広楕円形。
 翼果の中央に長さ4mmほどの種子がある。
 1個の翼果に種子が1個あり*、葉が落ちても冬になるまで枝から離れないが、木枯らしなどの強風により風散布され、春近くには殆ど散布される。
 *(参照:薬用植物図鑑: http://www.ongaeshi.org/book.html )
 (なお「アキニレの果実と種」で検索すると、「1つの果実の中に、小さな種子が2つ入っている」との記事**もヒットします。(**URL省略)。)

 分布は本州中部以西。なお街路樹や公園樹としても良く植栽されている。

 ・(楡には「ハルニレ」と「アキニレ」の2種があり、ハルニレは春に花が咲き春のうちに果実が成熟します。)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■アキニレに関する過去ログ*:
 ・アトリ: 
  http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-a537.html

 ・アキニレ:
  http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-8454.html

 ・アキニレ:葉と種、冬芽と葉痕・維管束痕:
   http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-0c67.html

 

 
 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◎ 2018平昌オリンピック(第23回オリンピック冬期競技大会):
 フィギュア羽生結弦選手は66年ぶりという五輪連覇、また宇野昌磨選手が銀という快挙。
 すばらしいことでしたね。 

|

2018年2月14日 (水)

ユキワリソウ蕾

 毎年”春を探しに”行く隣県(栃木県)のみかも山公園では、例年通りさほど遅れることもなく2月はじめにはセツブンソウザゼンソウユキワリソウなどが咲き始めたということでしたが、それを知ってもこの冬ばかりはウンザリするほどの寒さで出かける気にならず閉じこもり状態。
 しかし、生きものは元気なもの、2週間近く雪に埋もれていた庭植えの園芸種ユキワリソウが、同じように2月はじめには蕾をつけていたのでした。

 昨年より少し遅れているようで、その後の成長も遅々として進みませんが、今日はじめて日中の最高気温が10℃を超え(11℃まで)上がったおかげで、蕾がはっきりしてきました。23

 関東は来週火曜日(20日)あたりに、またかなり雪が降るかもしれないとのことで、順調に暖かくなるとはいかないようです。
 おかげで、”天敵”のスギ花粉飛散が遅れるかも、というのですが・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★ 山形県肘折温泉の積雪量は、13日21:00~22:00のピーク時に445cmということでした。
  (tenki jp 肘折のアメダス履歴(60分観測地データから)
 軟弱生活の者には想像に難い状況です。
 

|

2018年2月13日 (火)

ケヤキの実(痩果)

●ケヤキの実(痩果):
 先日、雪が消えた公園まで自転車散歩に出かけました。
(余談ながら、相変わらず氷点下の最低気温が続いていて、未だに僅かながら先月の大雪の残骸が街中の日陰などにも残っています。)

 ・きれいに清掃されたケヤキの林縁歩道に、時折葉のついた小枝先が落ちていて、1つ拾い上げてみると、初めて実物を目にしたケヤキの実が1個だけ付いていました。
 (画像①)1img_9342_11

 多分、先の大雪のあとで、まだ木に引っかかるなどして残っていたものが落下したのでしょう。

 それで、改めて辺りに目をこらすと、大半は実が脱落して小枝だけになったものでしたが、まだ実が付いている小枝も比較的容易に拾うことが出来ました。
 (画像②、③、④) (画像はクリックで拡大します。)24img_9372123

 
 ・実の形状は言葉で表現しにくいので、その場でアングルを変えて写真に撮りました。
 (画像①及び③標品の実) Photo

 
 ・帰りのケヤキ並木沿いで、もう1標品(画像⑤)拾いました。5img_9386_1

 拾った小枝は持ち帰りそのまま室内に保存。
 数日後、暇つぶしに改めて果実の写真を撮り直そうかと小枝に触ると、実は直ぐにポロポロと外れて転がりました。(全部で11個)

 ・拾い集めて撮り直した画像から、果実の様子が一応分かりました。
 (画像はクリックで拡大します。)Img_9554232

 大きさ(長さ)は約5mm、実の先端に2個の花柱が残っていて、また基部に雌花の花被があり、その中心部が枝に着いていたところ、など。

 
 帰り際に改めて、裸のケヤキを望遠で見上げてみると、針金のような細い小枝に冬芽が付いているのがわかります。
 (画像はクリックで拡大します。)Photo

 この春(4月)こそ、サクラ見物のついでに、”忘れていなければ” 双眼鏡を持って花の観察を、と思いますが・・・・・

  -------------------------------------

※ケヤキ(ニレ科ケヤキ属):
 ・高さ30mを越えることもある落葉の高木。特に関東平野では街路樹や公園木として広く植栽されています。
 「県(埼玉)の木」に指定されていて「県の天然記念物」に指定されたケヤキが県内各地にあります。
 ・雌雄同株で雌雄異花です。
 花は、新枝の先の小振りな葉の展開と同時(4月)に葉脇に付きます。 
 雄花は、花粉を風に乗せて飛ばす”風媒花”です。
 高木の枝先に咲く小さな花を見上げての目視観察は、状況にもよりますが、難しさもあるのでしょう。
 今まで、桜の見物には行くのに、同時期に咲いてはずのケヤキの花の観察記録がないのは、単にさしたる関心がないことと、高木を見上げて確認することをしないからでしょう。

■改めて図鑑などの情報元から備忘のため簡単なまとめを以下に。
 ・雄花は新枝の下部に数個ずつ集まって付き、4~6裂する花被と4~6個の雄蕊がある。
 ・雌花は新枝の上部の葉腋に通常は1個つき(まれに複数束生する場合もある)、雄花同様4~6裂する花被があり、雌蕊は1個、花柱は深く2裂する。
 雄花、雌花ともに、いわゆる花弁らしきものはありません。
 ・花後、葉腋に緑色の未熟な果実が形成され、秋に熟します。
 枝先にある、4~5枚の小さな葉がついた小枝で、葉の付け根裏側あたりに隠れるようについている不定形で長さ5mmほどの小さな粒が果実。
 中にある種が硬い膜質の果皮でぴったり覆われている痩果です。
 秋に小枝が枯れると実は暗褐色に熟し、枝から離れて落下するものと、枝に付いたまま枝ごと風に運ばれて散布されるものがあるが、枝に付いたままのものの方が、より遠方に風散布されるという。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・余談:
 箒を逆さまに立てたような樹形、いわゆる箒立ちと形容される樹形になる落葉高木のケヤキ。
 公園にもたくさんのケヤキが植樹されて大木になり、部分的には小規模ながらケヤキ並木にもなっています。
 酷暑の時季にはほっとする緑陰になっていたのですが、そのケヤキも思い切り強剪定が施されて、当分の間は哀れな姿をさらすようになりました。
 近郊には、遠方からでも目立つケヤキの巨木とともに防風・屋敷林に囲まれたシンボリックな旧農家が点在していましたが、昨今、その実情は分かりませんが、ケヤキの巨木が切り倒されてしまう光景も、何度か目にしてきました。
 時の流れと共に気候変動も生活環境・風景も変わります。

 
■ケヤキのある風景:
 (散歩コースから遠望)3r

|

2018年2月10日 (土)

クスノキ・実生の苗木、果実

 例年なら年内に大半の実を落としてしまう公園のクスノキ大木の1本が、未だに青いままの実を落とし続けていました。
 時折は、食べ物の乏しくなったこの時期、少数ながら果実を食べにやってくるヒヨドリの鳴き声が聞こえます。

 クスノキも過去何回か記事にしていて珍しくもありませんが、改めて足を止めて撮ってきました。

 ウロウロしたきっかけは、公園の日当たりの良い場所に点々と実生の苗木が生えていて、初見では何だか分からなかったため、園内に植樹されている常緑樹木の葉の形状などを比較して見ることでした。
 そして苗木はクスノキと分かったのでした。

 クスノキ成木の葉の葉身は卵形~楕円形で先が尖り、縁は全縁(ギザギザがない)で、波状にうねっています。
 一方、実生の苗木や「ひこばえ」(樹木の根元や切り株から群がり生える若芽)などにつく葉の葉身は倒卵状長楕円形で先は尖り、葉の縁は波うちません。

●クスノキ成木の葉(上段)と、実生の苗木の葉(下段):
 (画像はクリックで拡大します)Photo

 
●成木の葉(上)と、根元から芽生えた枝(ひこばえ)に付いた葉(下):Photo_2

 (なお成木とひこばえや実生苗木で葉の形状が異なるのはクスノキに限ったことではありません。)

 
●クスノキ・果実:
 ・未だに樹冠下に青い実をポトポト落としている1本の大木:Img_9159

 
 ・地面に大量に落ちている果実:Img_9158

 
 ・垂れ下がった枝にぶら下がっていた果実:Img_9163

 
 ・いくつか拾って帰り、1cm方眼紙に置いて撮影:
 カッターナイフで切るのも硬い黒い種が1つ。Img_9770

※クスノキ(クスノキ科ニッケイ属):
 常緑高木で雌雄同株、両性花。大木に育ち、春の新芽はきれいで、公園や街路樹などとしても植栽されている。 
 5~6月に本年枝の葉腋から円錐花序を出して小さな(5mmほど)黄白色の花をつける。*  
 花後に結実し、10~11月に黒く熟す。
 果実はツグミ(冬鳥)、キジバト、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロなど小鳥の好物で、種は遠くまで“鳥散布”される。
 原産・分布は本州(関東南部以西)、四国、九州。

 *クスノキの花:
http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/20155-8eb1.html

|

2018年2月 9日 (金)

シラカシのドングリ

 掲載時期に無縁の記事です。

●シラカシのドングリ:
 2016.秋まで、散歩コースの池・西側堤防と道路の境界に植樹されているシラカシがたくさんの実をつけていました。
 毎年のことでしたから、記録するほどの関心事でもありませんでしたが、たまたま、先日来パソコンに残っている画像ファイルを整理をしていたところ、その頃に撮った、まだ青いドングリをたくさんつけた画像があるのに気がつきました。
 記憶になかったのですが、通りがかりの“暇つぶし”に撮っていたようです。
 その翌年に、期せずして大がかりな剪定・整枝作業が行われ、その後しばらくドングリもほとんど見られなくなっていたのでした。

 過去のブログ記録*を見ると、シラカシのドングリについてはこちらの画像の方がマシだな、と思ったので、まったく新味はありませんが、改めて記録のための記録としました。

 ・シラカシのドングリ(撮影2016.10.5)R0012030_1

R0012030_2

R0012030_3

R0012030_3trm

R0012030_4

 (なお遠目にはアラカシに類似しています。)
* http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-3de1.html
*
http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2017/10/post-a193.html

※シラカシ(ブナ科コナラ属):
 樹高10~20mになる常緑広葉樹で雌雄同株。成長は早い。
 関東では昔から公園樹、庭園樹、街路樹などとして植樹されてきた。
 花期は5月、ドングリ結実は10月。 
 自生地(原産地)は福島、新潟県以西、四国、九州。

|

2018年2月 4日 (日)

立春/ツグミ・キュウリグサ蕾

 本日は立春。
 朝方、「地球規模の温暖化と、この冬日本列島で続く厳しい寒さとの関連」報道も目にしましたが、当地の午前中は晴れて日溜まりは暖かかに。
 さては昔人の感性のとおり、本日寒さのピークも底を打って”寒い春”も立ち上がり、だんだん暖かい春に向かって歩み始めたかと錯覚したのも束の間、午後には曇り始めて4時頃に、いやに暗いなと外を見ると、予報にはなかった雨が降っていました。
 立春でも冬将軍は当分居座るという予報です。
 春が来なくていきなり夏が来ると言う極端だけは願い下げにしたいものですが・・・

 それはともかく、ひさしぶりに午前中公園まで散歩に。
 
 去る1月22~23日にかけての積雪が、今日も連続している氷点下の最低気温のせいで、街中でもフィールドにも、まだかなり消え残っていたところに、一昨日(2/2)の降雪がありました。
 ただその降雪は、霙や湿雪の時間が相対的に長かったことのせいで、むしろ残雪の融解を促進したようで、昨日(2/3)にほとんどの残雪が融けてなくなりました。

 正直なもので、陽射しのもと、ほぼ雪が消えた黒土の田圃風景はさも暖かそうに目に映り、またこれまでほとんど姿を見せなかった冬鳥のツグミが、あちらこちらで餌をさがしている姿を目撃しました。

■1月31日の田圃風景と、Img_9334

 
 ・1羽だけ目にしたツグミ。Img_9335

 
●2月4日の田圃風景と、Img_9571

 
 ・所々で見かけた餌をさがす単独行動のツグミ、Img_9575

 
 ・スズメと一緒に餌をついばむツグミ。Img_9620

 
●キュウリグサ:
 また田圃脇で雪の下に埋もれて点在していた雑草キュウリグサのロゼットも陽を浴びていました。Img_9591

 
 ・そのうちの一株に、花茎はまったく伸ばさずに水色の小さな蕾がのぞいているのを見つけました。Img_9598

 やはり、元気な自然の雑草。早くも小さい春のさきがけの姿です。

|

2018年2月 2日 (金)

エゴノキ(木の実・種)

 エゴノキに関しては過去ログに繰り返し記事にしています。
 http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_95af.html
 ・http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_95af.html
 ・http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-bcd8.html

 

 特に初夏の里山などに出かけた折りには、昆虫”エゴツルクビオトシブミ”が林縁に自生するエゴノキに作る“揺籃”*の観察のため関心が向くのですが、それ以外には普段さして気に止めることもなく、また新味もないのですが、しばらくぶりで記事にしました。

●エゴノキの果実と種:
 エゴノキは散歩コースの公園にも多数植樹されていましたが、近年相当数が伐採されたり、強剪定されたりして、残っている樹木はみすぼらしい乱れた樹形のものになってしまいました。
 花数も少なく、その結果、かつては整然とぶら下がって見応えのあった果実も、まばらな姿になっていました。1img_9061

 
 そして今の時期、果実の殻はすべて開裂し、中の種の大部分は樹冠下に落下していました。2img_9061

3img_9061

4img_9061

5img_9061

*エゴルツクビオトシブミとエゴノキに作られた揺籃(2015/4)
http://kuromedaka-saitama.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/20154-dff8.html

※山地に自生する落葉高木です。
 公園などにも植樹されています。
 5月には花径2.5cmほどの白い花を下向きの房状に,吊り下げて咲かせます。
 花後にたくさんの果実がぶら下がり、秋(10~11月)には果皮が乾いて開裂し、硬い種子をのぞかせて垂れ下がっています。
 ヤマガラなどの小鳥が殻を割って中味を食べます。
 なお果皮にはサポニンが含まれていて、未熟な実をつぶして水に浸すと泡立ちます。

|

2018年2月 1日 (木)

ムクロジ(木の実・種)

■自然の名工「無患子」の作品

             『 耐熱あめ色ガラス製の急須モデル』
1img_9333
          (画像はクリックで拡大します)

 
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ムクロジの実・種:
 近隣の公園に植樹されているムクロジがすっかり葉を落とした後、大量の、あめ色に熟した丸い果実を吊り下げていました。2img_8985_1

3img_8985_2

 
 樹冠下の地面にはポトポトとたくさんの果実が落下していましたので、10個ばかり拾ってきました。
 実は半透明で光りに当てると黒くて丸いタネが透けて見えます。
 造形的になかなか趣のある形です。4

5img_9024

6img_9038

 昔の人は果皮に含まれるサポニンを利用して洗濯に利用したり、また黒いタネは磨いて数珠にしたり、お正月の羽根つき遊びの羽の玉にも使われていました。

※ムクロジ(ムクロジ科):
 山野に自生し、また公園や寺社の境内などにも植樹されている雌雄同株の落葉高木。
 葉は(先端には葉がつかない)大きな羽状複葉。
 花は枝先につく花穂に雄花と雌花が混じって咲く。共に緑白色で花径4~5mmと小さなもの。
 果実は直径2~3cm。1個の雌花に実のもと(心皮)が3つあり、そのうち1個が育って実になるが,残り2個は急須のふたのような形で残ります。
 タネは黒くて硬く直径1~1,3cmほど。
 山地などではネズミなどの動物によって運ばれ散布されます。
 花期は6月、果期は9~3月,分布は本州(中部以西)、四国、九州。

|

2018年1月28日 (日)

スイカズラ(忍冬)/コガモ♂

 晴れの天気予報がはずれて曇天。
 最高気温4℃、最低気温-3℃と寒さが続く一日に。Img_9276

 
■予定された恒例の新春市民マラソンはやはり中止に。 
 去る22日、大雪の積もった、出発スタート/ゴールなど、メイン会場設営予定の小学校グランドの雪は融け切らず凍り付いたまま、また雪かきの代わりに大きな雪玉にして周囲に集められていた雪塊も融けることなく残ったまま、さらにはコースの一部にも凍結箇所があるという異例な状況のせいだったようです。Photo

 
●スイカズラ:
 川沿いの農道端に自生(鳥散布でしょうか)したスイカズラが、連日の厳しい冷え込みにさらされて、葉を丸めながら耐える姿になっていました。Photo_2

※スイカズラ(スイカズラ科スイカズラ属)(別名:ニンドウ(忍冬)/キンギンカ(金銀花)):
 山野に自生する半常緑つる性の木本。
 初夏、葉腋に甘い香りの白い花を二個ずつつける。
 花は時間経過と共に黄色になり、遅れて開いた白と、先に開いて黄色くなった花が同時に並んで見える時にキン(黄金)ギン(白銀)カ(花)、また冬にも葉を落とさず、乾燥と寒さに耐えるため葉を丸めながらがんばっている姿からニンドウ(忍冬)の別名も。

 
●コガモ♂:
 草の若芽などを食べる水鳥の姿は極端に少なくなっている堤防沿いの川面にコガモの♂が1羽。
 通常なら直ちに飛んで逃げる近距離なのに、警戒している様子はありますが、なぜか川面を行ったりきたり。
 近くに”連れ”の姿が見当たらず、うろたえていたのか・・・。 Img_9272

|

より以前の記事一覧