« ハグロハバチの幼虫(1) | トップページ | 寒さにめげず »

2007年11月29日 (木)

ハグロハバチの幼虫(2)

 霜が降りて冷え込んだ朝のことです。
 ギシギシの葉っぱにも霜が降りていました。
 その上になんと、あの幼虫がコロンと丸まったまま凍みついているではありませんか。
 霜に当たって凍死したのでしょうか?Pb210209

 
 でもビックリ、気温が上がって霜が溶けると、どっこい生きています!Img_2484

 
 あらためてご対面しお顔のクローズアップです。
 なるほどいかにもタフという面構えですね。
 11月から12月に出てくるのはそれなりのワケがあるんですね。Img_2500

 ちなみに成虫のハグロハバチはその名の通り羽も体もすべて黒い蜂です。
 ハバチ類幼虫の飼育は難しいそうですが、ハグロハバチに限っては素人でも飼育できて、羽化するまでの観察を楽しむという昆虫好きの人達も結構いるようです。
 自前の成虫写真を撮るにはイモムシを飼育してみれば良いのでしょうが、どうもねえ・・・

|

« ハグロハバチの幼虫(1) | トップページ | 寒さにめげず »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハグロハバチの幼虫(2):

« ハグロハバチの幼虫(1) | トップページ | 寒さにめげず »