« オオバン | トップページ | ハグロハバチの幼虫(1) »

2007年11月27日 (火)

ウリ

 寒さが急激にやってきて、どうも気候の変化が極端になっているように感じます。
 周囲の雑草群がすっかり取り除かれ、あるいは枯れて姿を消えてしまった後に一人残って金網フェンスに絡みついていたスズメウリが完熟し、灰白色の実を沢山ぶら下げてとても目立っていました。
 指で潰してみると中は結構水っぽくて、黒い種が行儀良く並んで沢山入っていました。Img_2434

Img_2435

Img_2437

 
 また別のところにはカラスウリが、これも霜にあってますます赤みを増した感じで残っていました。
 晩秋から初冬の風情です。Blgimg_2698   

|

« オオバン | トップページ | ハグロハバチの幼虫(1) »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウリ:

« オオバン | トップページ | ハグロハバチの幼虫(1) »